リス対立【デッキセレクション for ミドルスクール】

投稿日:

 

デッキリスト

リス対立 by Satoshi Nakamura

Creatures (22)
Birds of Paradise
Llanowar Elves
Yavimaya Granger
Yavimaya Elder
Masticore
Skyshroud Poacher
Deranged Hermit

Spells (14)
Opposition
Rising Waters
Treachery
Miscalculation
Power Sink
Lands (24)
Island
Forest
City of Brass
Gaea's Cradle
Treetop Village
Rishadan Port

Sideboard (15)
River Boa
Masticore
Blastoderm
Powder Keg
Treachery
Annul
Harmonic Convergence

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

 

Opposition / 対立 (2)(青)(青)

エンチャント

あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャー1体をタップする:アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とし、それをタップする。

Deranged Hermit / 錯乱した隠遁者 (3)(緑)(緑)

クリーチャー — エルフ(Elf)

エコー(3)(緑)(緑)(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)
錯乱した隠遁者が戦場に出たとき、緑の1/1のリス(Squirrel)・クリーチャー・トークンを4体生成する。
リス・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

1/1

 

 

今回ピックアップするのは「リス対立」

「リス対立」は、リス・トークンを生み出すカードと《対立/Opposition(UDS)》を組み合わせたロックデッキのことを指す。活躍した時期は2つあり、ウルザ・ブロックでは《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit(ULG)》が、オデッセイ・ブロックでは《リスの巣/Squirrel Nest(ODY)》がそれぞれ使われていた。今回はウルザ・ブロック期のスタンダードで使用されたものを紹介する。

 

上述したが、このデッキの目的は《対立/Opposition(UDS)》によるロックをいち早く完成させることだ。相手の土地を含む全てのパーマネントの合計よりも多い数のクリーチャーをコントロールしていれば、相手のアップキープに全ての相手のパーマネントをタップして行動を縛ることができる。つまり、相手は自分のアップキープ時にインスタント・タイミングのアクションしか取れなくなってしまうというわけだ。後はロック要員を残し、余ったクリーチャーでコツコツと殴れば、勝利は約束されたようなものだ。

 

このロックを決めるには、速やかに十分な数のクリーチャーを準備しつつ、《対立/Opposition(UDS)》を着地させなければならない。そのために採用されているのが、《極楽鳥/Birds of Paradise(4ED)》と《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(4ED)》といった豊富なマナ・クリーチャーだ。これらは序盤のマナ加速として重めのカードを着地させるスピードを早めるだけでなく、ゲーム後半は《対立/Opposition(UDS)》のロック要員として使用することもできるため無駄がない。

 

そして、《対立/Opposition(UDS)》のために十分な頭数(リス・トークン)を用意してくれるのは《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit(ULG)》だ。キーカードでありながら採用枚数が抑えられているのは、《スカイシュラウドの密猟者/Skyshroud Poacher(NEM)》の能力によってライブラリーから直接戦場に出せるため。《スカイシュラウドの密猟者/Skyshroud Poacher(NEM)》で次々と《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit(ULG)》をリクルートしてしまえば、たとえ《対立/Opposition(UDS)》がなくとも盤面を埋め尽くしたリス・トークンで相手を圧殺できてしまう。

 

忘れてはいけないのが、《水位の上昇/Rising Waters(NEM)》の存在だ。キーカードが思うように引けずにテンポが遅れた際や、クリーチャーの頭数が揃わない状態でもロックを決めにいける重要なカード。《魔力消沈/Power Sink(USG)》を使って相手の土地を強制的にタップアウトさせつつ、こちらは豊富なマナクリーチャーで悠々とカードをプレイする…といった動きも可能だ。

 

 

 

さて、ミドルスクール環境における「リス対立」を考えてみよう。

まず、「リス対立」の天敵であった《暗黒の儀式/Dark Ritual(ICE)》が禁止カードに指定されているのに注目。当時は《水位の上昇/Rising Waters(NEM)》の隙間を縫って確保される3マナから盤面を崩されることもあったので、これは追い風だと言えるだろう。

 

また、フリースペルである《断絶/Snap(ULG)》は《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit(ULG)》のトークン生成能力を最大限に引き出せる。《錯乱した隠遁者/Deranged Hermit(ULG)》を《断絶/Snap(ULG)》で戻す際に《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(USG)》をアンタップすれば、5マナ確保(盤面によってはそれ以上)できるため再度リキャストできてしまう。クリーチャーの数が増えれば増えるだけ《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(USG)》が生み出せるマナも増えるので、こうして得られた大量のマナは《マスティコア/Masticore(UDS)》の能力の弾にすることも。《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(USG)》があれば動きに大きな幅が生まれるので、スロットを割いて《輪作/Crop Rotation(ULG)》を採用するのもお勧めだ。

 

更に、上記のリストでは《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(USG)》とのシナジーも考慮して《不実/Treachery(UDS)》が採用されているが、対ビートダウンへのガードを下げてロックデッキに特化してもいい。《魔力消沈/Power Sink(USG)》は能動的に使えるカードではないため、強制的に《水位の上昇/Rising Waters(NEM)》支配下に持っていく《からみつく鉄線/Tangle Wire(NEM)》なども相性が良さそうだ。

 

 

参考

リス対立 by Satoshi Nakamura
アジア太平洋選手権00:ベスト8

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, ミドルスクール
-, , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.