【モダン】BG増殖感染:序盤に貯めた毒カウンターを「増殖」によって増やして勝利

投稿日:

 

デッキリスト

BG増殖感染 by aman

Creatures (17)
Glistener Elf
Pollenbright Druid
Plague Stinger
Evolution Sage
Phyrexian Crusader

Spells (21)
Hunger of the Howlpack
Fatal Push
Assassin's Trophy
Duress
Enter the Unknown
Hardened Scales
Inquisition of Kozilek
Courage in Crisis
Lands (22)
Swamp
Forest
Overgrown Tomb
Windswept Heath
Inkmoth Nexus
Verdant Catacombs
Llanowar Reborn

Sideboard (15)
Viridian Corrupter
Nature's Claim
Sheltering Word
Fatal Push
Golgari Charm
Abrupt Decay
Duress
Nihil Spellbomb

◆日本語リスト

【クリーチャー】
3 ぎらつかせのエルフ
4 花粉光のドルイド
4 疫病のとげ刺し
2 進化の賢者
4 ファイレクシアの十字軍

【スペル】
2 吠え群れの飢え
1 致命的な一押し
2 暗殺者の戦利品
2 強迫
3 未踏地への進入
4 硬化した鱗
3 コジレックの審問
4 瀬戸際の勇気

【土地】
4 沼
3 森
3 草むした墓
2 吹きさらしの荒野
4 墨蛾の生息地
4 新緑の地下墓地
2 ラノワールの再生地

【サイドボード】
1 ヴィリジアンの堕落者
1 自然の要求
3 防護の言葉
1 致命的な一押し
2 ゴルガリの魔除け
2 突然の衰微
2 強迫
3 虚無の呪文爆弾

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

Glistener Elf / ぎらつかせのエルフ (緑)

クリーチャー — エルフ(Elf) 戦士(Warrior)

感染(このクリーチャーは、クリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与え、プレイヤーに毒(poison)カウンターの形でダメージを与える。)

1/1

Phyrexian Crusader / ファイレクシアの十字軍 (1)(黒)(黒)

クリーチャー — ゾンビ(Zombie) 騎士(Knight)

先制攻撃、プロテクション(赤)、プロテクション(白)
感染(このクリーチャーは、クリーチャーに-1/-1カウンターの形でダメージを与え、プレイヤーに毒(poison)カウンターの形でダメージを与える。)

2/2

 

対戦相手に毒カウンターを10個以上貯めさせて特殊勝利を目指す「感染」デッキ。『灯争大戦』で得た新たなカードによって、モダン界に一風変わった感染デッキが登場した。その名も「BG増殖感染」だ!早速リストを見ていこう。

 

前提として、「感染」デッキの基本的なセオリーは《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf(NPH)》などの「感染」持ちのクリーチャーを素早く展開し、クリーチャー強化呪文を大量に使って大幅に打点を上げる、という動き。どちらかといえば「一撃必殺」に近く、少しでも序盤に躓こうものなら瞬く間に相手を轢き殺してしまう。速攻デッキでありながら、ある種のコンボ的な動きでもあり、「速さ」と引き換えに打ち消し呪文やクリーチャー除去に弱い、という弱点を持つ。

 

今回ピックアップする「BG増殖感染」は、上記のような通常の感染デッキとは異なるゆったりとした動き。《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf(NPH)》《疫病のとげ刺し/Plague Stinger(SOM)》《ファイレクシアの十字軍/Phyrexian Crusader(MBS)》という3種類の感染持ちクリーチャーを採用しているが、ひとたび相手に毒カウンターを持たせたらあとは急いで殴る必要がないのだ。

 

 

 

その秘密は、デッキ名にもなっている「増殖」ギミック。『灯争大戦』で得た《花粉光のドルイド/Pollenbright Druid(WAR)》《進化の賢者/Evolution Sage(WAR)》《瀬戸際の勇気/Courage in Crisis(WAR)》といった「増殖」持ちのカードを使えば、殴ることなく相手の毒カウンターを増やしていける。

 

ただ毒カウンターを貯めるだけに留まらず、増殖の旨味を最大限に引き出すために、自軍の感染持ちのクリーチャーの上に+1/+1カウンターを乗せるギミックも採用。《吠え群れの飢え/Hunger of the Howlpack(DKA)》や《硬化した鱗/Hardened Scales(KTK)》が採用されているのはそのためだ。また、前述した《花粉光のドルイド/Pollenbright Druid(WAR)》や《瀬戸際の勇気/Courage in Crisis(WAR)》は「+1/+1カウンターを乗せる動き」と「増殖してカウンターを増やす動き」をどちらも担当できるナイスカード。

 

また、忘れてはならないのが「感染」の特性。感染持ちのクリーチャーはたとえブロックされても相手クリーチャーに-1/-1カウンターを乗せる形で爪痕を残していくため、こちらのカウンターを増やすことで相手のクリーチャーのサイズを下げる、もしくは除去することが可能になる。

 

したがって、一度カウンターさえ乗ってしまえば、「増殖」によって以下の3つのアクションを並行して行えるようになるのだ。

①毒カウンターを増やして勝利に近づく

②+1/+1カウンターを増やして自軍クリーチャーのサイズを上げ、感染アタックを通しやすくする

③-1/-1カウンターを増やして相手クリーチャーのサイズを下げ、感染アタックを通しやすくする

 

 

 

更に、相手の脅威は手札にある内に対処していく。《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek(ROE)》や《強迫/Duress(USG)》を使うことで、こちらの盤面を崩壊させるような危険なカードをはたき落とす。また、ときには前方の安全確認に使ったりと、ハンデスが生む安心感は計り知れない。

 

持ち前の「速さ」を捨ててゆったりとした動きにシフトすることで、感染デッキにありがちな「相手のブロッカーを突破できず毒カウンターを増やせない」「打ち消しやクリーチャー除去に弱い」という弱点を克服した新たなる感染デッキ。また、リストを見てみるとモダンのデッキにしては比較的リーズナブルに組める点も見逃せない。じわじわと相手を追い詰めるデッキが好きなプレイヤーにオススメだ!

 

 

参考

BG増殖感染 by aman
http://teamys.net/top/deckall.php/MODERN/1/1559023/
※敬称略

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.