【スタンダード】赤単アグロ:アン一門の壊し屋、栄光の幕切れを採用した高速アグロ

投稿日:

 

デッキリスト

赤単アグロ by Osumi Keigo

Creatures (23)
Ahn-Crop Crasher
Brazen Scourge
Falkenrath Gorger
Glorybringer
Harsh Mentor
Kari Zev, Skyship Raider
Soul-Scar Mage

Spells (13)
Flame Lash
Glorious End
Invigorated Rampage
Shock
Collective Defiance
Incendiary Flow
Insult // Injury
Chandra, Torch of Defiance
Lands (24)
Hanweir Battlements
19 Mountain
Sunscorched Desert

Sideboard (15)
Glorybringer
Magma Spray
By Force
Collective Defiance
Incendiary Flow
Insult // Injury
Kari Zev's Expertise
Chandra, Torch of Defiance

スポンサーリンク

スポンサーリンク

解説

 

環境初期…つまり環境の速度を定義できないときに、「その時点のカードプールで組め得る速度の速いデッキ」を持ち込むのは、ある種の正解だ。「アモンケット」発売初日、最速の「赤単アグロ」を組み上げて駆け抜け、好成績を残したリストがあったのでここで紹介したい。

 

全体的に非常に前のめりな構成だ。「損魂魔道士」「ファルケンラスの過食者」といった1マナのクリーチャーから始まり、高打点を叩き出せる「航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ」、相手の起動能力をけん制しつつダメージ源に変える「過酷な指導者」で序盤から攻め立てる。3マナ域も「アン一門の壊し屋」「真鍮の災い魔」と速攻持ちのカードが採用されており、早いターンで相手のライフを削る動きに寄せてある。スペルに目を向けてみると、「嘲笑+負傷」「暴力の激励」といったクリーチャーによる打点を跳ね上げるカードが採用されており、火力も「ショック」「焼夷流」「炎の鞭打ち」など、プレイヤーを対象に取れるスペルばかり。こちらのアタックが通りづらくなっても、火力をプレイヤーに撃って残りのライフを削り取る非常にアグレッシブな構成だ。

 

1枚だけ投入されている「栄光の幕切れ」はアモンケットで登場した赤系アグロの最終兵器。相手の「燻蒸」などの全除去に対して撃つことで、1ターンの猶予を得ることができる。前のめりなアグロデッキは、どちらにせよ全除去を通してしまえば負け。…それならば、与えられた1ターンに全てを賭けた方がまだ勝利の可能性が見えてくるだろう。渾身の全除去がまさかの空振りに終わった返しのターン、ここはむしろチャンスかもしれない。デッキの動きに合った良いカードだ。

 

参考

晴れる屋 平日スタンダード14時の部:3-0
http://www.hareruyamtg.com/jp/k/kD27548S/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.