【スタンダード】哲子ドライブ:《逃亡者、梅澤哲子》中心の「ブロックさせない」ビートダウン

投稿日:

 

デッキリスト

哲子ドライブ by Kenta Harane

Creatures (27)
Bomat Courier
Artificer's Assistant
Tetsuko Umezawa, Fugitive
Kari Zev, Skyship Raider
Tilonalli's Summoner
Combat Celebrant
Captain Lannery Storm
Pia Nalaar
Hazoret the Fervent

Spells (11)
Mox Amber
Shock
Ovalchase Dragster
Key to the City
Lands (22)
Spirebluff Canal
Sulfur Falls
Island
Mountain

Sideboard (15)
Metallic Rebuke
Spell Pierce
Magma Spray
Abrade
Kari Zev's Expertise
Fiery Cannonade
Silent Gravestone

解説

Tetsuko Umezawa, Fugitive / 逃亡者、梅澤哲子 (1)(青)

伝説のクリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)
あなたがコントロールしていてパワーかタフネスが1以下であるクリーチャーはブロックされない。

1/3

 

『ドミナリア』収録のレジェンド・クリーチャーである《逃亡者、梅澤哲子/Tetsuko Umezawa, Fugitive(DOM)》。パワーかタフネス1以下のクリーチャー全てがブロックされなくなるという面白い効果を持つカードだが、これと《楕円競走車/Ovalchase Dragster(KLD)》を組み合わせることで、高速で相手のライフを削り取るビートダウンデッキが完成した。その名も「哲子ドライブ」

そのキャッチーなネーミングから、界隈で話題のこのデッキ。早速紹介しよう。

 

 

主役はもちろん《逃亡者、梅澤哲子/Tetsuko Umezawa, Fugitive(DOM)》。このカードの能力を生かすために、ほとんどのクリーチャー・カードがパワーorタフネス1以下で揃えられている。他の赤系のデッキでも活躍している《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》は、最序盤から小さなダメージを蓄積するとともに、後半には消費した手札の補充要員として。《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider(AER)》はお供の《ラガバン/Ragavan》トークンと共に哲子・アシストを受けられるため、カード1枚で総合的に叩き出せる打点としては高いはずだ。

 

 

Tilonalli's Summoner / ティロナーリの召喚士 (1)(赤)

クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)
昇殿(あなたがパーマネントを10個以上コントロールしているなら、このゲームの間、あなたは都市の承認を得る。)
ティロナーリの召喚士が攻撃するたび、あなたは(X)(赤)を支払ってもよい。そうしたなら、赤の1/1のエレメンタル(Elemental)・クリーチャー・トークンをX体タップ状態で攻撃している状態で生成する。次の終了ステップの開始時に、あなたが都市の承認を持っていないかぎり、それらのトークンを追放する。

1/1

Combat Celebrant / 戦闘の祝賀者 (2)(赤)

クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)
戦闘の祝賀者がこのターンに督励されていなかったなら、これが攻撃するに際し、あなたはこれを督励してもよい。そうしたとき、あなたがコントロールする他のクリーチャーをすべてアンタップし、このフェイズの後に追加の戦闘フェイズを1つ加える。(督励されたクリーチャーは、あなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしない。)

4/1

 

他にも、2枚挿しの《ティロナーリの召喚士/Tilonalli's Summoner(RIX)》が光る。自身は回避能力を持たない1/1に過ぎないが、マナさえあれば攻撃時に多数の1/1トークンを生成する。これらは哲子・アシストの恩恵を受けられるだけでなく、自身の昇殿達成を助けることにも繋がる。一見達成が難しい昇殿だが、序盤から軽量クリーチャーをばらまくこのデッキであれば、4~5ターン目の昇殿達成は十分狙える範囲だ。

また、フル投入された《戦闘の祝賀者/Combat Celebrant(AKH)》はこのデッキのキルターンを大きく縮めることに成功している。通常であればデメリットになりがちな「頭でっかちなサイズ」は、哲子の前ではメリットでしかなく、ブロックできないクリーチャーを督励により再突撃させられれば、勝利は目前だ。

 

1T:《ボーマットの急使》をプレイ、アタックして1点
2T:《逃亡者、梅澤哲子》をプレイ、《ボーマットの急使》でアタックして1点
3T:《戦闘の祝賀者》をプレイ、《逃亡者、梅澤哲子》と《ボーマットの急使》でアタックして2点
4T:《楕円競走車》をプレイ、哲子を乗せた《楕円競走車》、《戦闘の祝賀者》:督励、《ボーマットの急使》でアタックし11点。追加の戦闘フェイズで更に7点。

スタンダードにて許された4ターンキル…!!

 

 

Captain Lannery Storm / 風雲船長ラネリー (2)(赤)

伝説のクリーチャー — 人間(Human) 海賊(Pirate)
速攻
風雲船長ラネリーが攻撃するたび、「(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ無色の宝物(Treasure)アーティファクト・トークンを1つ生成する。
あなたが宝物を1つ生け贄に捧げるたび、ターン終了時まで、風雲船長ラネリーは+1/+0の修整を受ける。

2/2

Mox Amber / モックス・アンバー (0)

伝説のアーティファクト
(T):あなたがコントロールしている伝説のクリーチャーとプレインズウォーカーの中の好きな色1色のマナ1点を加える。

 

他にも、《風雲船長ラネリー/Captain Lannery Storm(XLN)》や《モックス・アンバー/Mox Amber(DOM)》などのマナ加速用のカードも多く採用。全体的に伝説のクリーチャーが多いのは、《モックス・アンバー/Mox Amber(DOM)》の能力を十分に発揮できるようにするためだ。伝説のクリーチャーを非常に多く採用している都合上、このデッキは2枚目を引くと手札で腐るという欠点を持つ。しかし、フィニッシャー兼手札処理役として《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent(AKH)》を採用し、しっかりとカバーしているのは素晴らしい。

 

 

「《歩行バリスタ/Walking Ballista(AER)》に弱い」などの弱点も持っていそうだが、こういった新環境直後の「新しい風」は歓迎すべき。是非この「哲子ドライブ」のスピードを体験してみてほしい。それでは良いドライブを!!

 

 

参考

テツコドライブ by Kenta Harane
【MTG】原根 健太のわくわく!MO生活
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv312122296

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.