【スタンダード】ジェスカイPWコントロール【MO Standard PTQ 24位】

投稿日:

 

デッキリスト

ジェスカイPWコントロール by ATELIER

Creatures (8)
Linvala, the Preserver
Spell Queller
Thraben Inspector

Spells (25)
Chandra, Torch of Defiance
Gideon, Ally of Zendikar
Nahiri, the Harbinger
Harnessed Lightning
Immolating Glare
Negate
Shock
Stasis Snare
Lands (27)
Aether Hub
Inspiring Vantage
Island
Needle Spires
Plains
Port Town
Spirebluff Canal
Wandering Fumarole

Sideboard (15)
Linvala, the Preserver
Negate
Dispel
Dragonmaster Outcast
Fragmentize
Quarantine Field
Release the Gremlins

解説

 

MO PTQのデッキリストを眺めていると、機体やサヒーリコンボが溢れる中、27位に目を引くコントロールデッキが。それがこの「ジェスカイPWコントロール」だ。

 

「反逆の先導者、チャンドラ」「ゼンディカーの同盟者、ギデオン」「先駆ける者、ナヒリ」の3種類のプレインズウォーカー達を、合計9枚もぶち込んだデッキである。クリーチャーは僅か8枚、残りのスペルは2枚の「否認」と、「鑽火の輝き」「蓄霊稲妻」といったクリーチャー除去が14枚だ。序盤から相手のクリーチャーを捌き続け、相手のリソースが尽きた頃に制圧力の高いプレインズウォーカー達を叩きつければ、あとはどうにかなるだろうという「コントロールデッキらしい」コンセプト。ギデオンとチャンドラの優秀さは言わずもがな、「先駆ける者、ナヒリ」も+2能力から入れば非常に固いプレインズウォーカーであるし、-2能力は警戒持ちの「キランの真意号」が落とせない点が痛いものの、コントロールデッキの天敵である「屑鉄場のたかり屋」に対処できるのは優秀だ。また、ジェスカイカラーであり遅めのデッキなので「さまよう噴気孔」「鋭い突端」といったミシュラランドを多めに取ることができるのも嬉しい。

 

個人的には、カードの選択を見るにサヒーリコンボを強く意識した構成に見える。環境が固まってくれば次第に対策され、こうしたコントロールが少しずつ登場してくる。アモンケット発売までにメタがもう一度動くのか、それとも機体やサヒーリコンボの天下が続くのか。残り1か月のゲームの動きに期待したい。

 

参考

http://magic.wizards.com/ja/node/1131546

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.