【スタンダード】WB白日の下に:《白日の下に》+《大瀑布》のコンボを生かしたビートダウン

投稿日:2017年5月22日 更新日:

 

デッキリスト

WB白日の下に by しげお@あくらい

Creatures (21)
Thraben Inspector
Anointer Priest
Aerial Responder
Yahenni, Undying Partisan
Bontu the Glorified
Wall of Resurgence
Oketra the True
Odric, Lunarch Marshal
Samut, Voice of Dissent
Glorybringer

Spells (18)
Long Road Home
Anguished Unmaking
Supernatural Stamina
Declaration in Stone
Bring to Light
Sram's Expertise
Soul Separator
Lands (21)
Plains
Swamp
Cascading Cataracts
Painted Bluffs
Concealed Courtyard
Shambling Vent
Westvale Abbey
Geier Reach Sanitarium

Sideboard (10)
Wall of Resurgence
Cartouche of Solidarity
Quarantine Field
Cast Out
Inspiring Statuary
Hazoret's Monument

解説

   

 

Bring to Light / 白日の下に (3)(緑)(青)
ソーサリー
収斂 ― あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが白日の下にを唱えるために支払われたマナの色の総数以下であるクリーチャー・カード1枚かインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚探し、そのカードを追放し、その後、あなたのライブラリーを切り直す。あなたはそのカードを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。

 

《白日の下に/Bring to Light(BFZ)》は自身を唱えるために支払われたマナの色の数以下のカードをサーチし、直接戦場に出すことのできるカードだ。このカードの効果を最大限に生かすため、《白日の下に/Bring to Light(BFZ)》を使う場合は色を足し、多色デッキとなるのが普通だが…。今回紹介する「WB白日の下に」は、わずか2色でその効果を最大限まで引き出すことに成功している。

 

Cascading Cataracts / 大瀑布
土地
破壊不能
(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(5),(T):あなたのマナ・プールに、望む色の組み合わせのマナ5点を加える。

 

白と黒のたった2色にも関わらず、《白日の下に/Bring to Light(BFZ)》の恩恵を受けられる秘密は、《大瀑布/Cascading Cataracts(AKH)》の存在だ。実質的に6マナを任意の色の組み合わせの5マナに変換することができるため、この5マナで《白日の下に/Bring to Light(BFZ)》を撃てば5マナ以下のカードを直接戦場に出すことが可能。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この組み合わせによってデッキから戦場に送り込むのは、《信義の神オケチラ/Oketra the True(AKH)》《造反の代弁者、サムト/Samut, Voice of Dissent(AKH)》《栄光をもたらすもの/Glorybringer(AKH)》などのクリーチャー。これらは単体でも強力だが、常盤木能力を多く持っていることに着目して《月皇の司令官、オドリック/Odric, Lunarch Marshal(SOI)》が採用されている。強力クリーチャーと一緒に並べることで、いくつもの能力を併せ持ったスーパー生物が誕生し、速やかにゲームを終わらせることができるだろう。

 

戦場に出したクリーチャーを守る手段は《遥かなる旅路/Long Road Home(EMN)》《超常的耐久力/Supernatural Stamina(AKH)》の2枚。そして相手の脅威への対抗手段は《苦渋の破棄/Anguished Unmaking(SOI)》《石の宣告/Declaration in Stone(SOI)》の2枚が採用されており、追放除去を優先している。

 

基本的に遅めの動きのため、序盤~中盤は《スラムの巧技/Sram's Expertise(AER)》+《選定の司祭/Anointer Priest(AKH)》のコンボや、《復興の壁/Wall of Resurgence(OGW)》で相手の攻撃をしのぎ、時間を稼ぐ。特に《スラムの巧技/Sram's Expertise(AER)》は《不敬の皇子、オーメンダール/Ormendahl, Profane Prince(SOI)》を復活させるための起点、《不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisan(AER)》を守る手段、そして《信義の神オケチラ/Oketra the True(AKH)》のアタック条件達成…と、使用用途は様々だ。

 

2色にまとめながらも、《白日の下に/Bring to Light(BFZ)》でシルバーバレット戦術を取り、小技も多く備えるこのデッキ。ビルダーのアイディアが詰まった面白いデッキだ。

 

    参考

TeamY's
白単(大嘘)白日の下にデッキ by しげお@あくらい
http://teamys.net/top/deckall.php/STANDARD/1/1345245/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.