【MTG初心者向け】チャレンジャーデッキ2019:秘儀の手数(青赤)を強化しよう

投稿日:

 

最も完成形に近い「チャレンジャーデッキ2019」は?

 

2019年4月12日に発売が迫った構築済みデッキシリーズ:「チャレンジャーデッキ2019」。プレミアイベントで結果を残したリストを元にデザイン・調整されており、開けてすぐ遊べ、且つコンセプト通りにしっかりと動かせるのが特徴。MTGアリーナで増えた「マジック新規勢」にとっては「トーナメント・レベルへの足掛かり」となることはもちろん、スタンダードユーザーにとっての「パーツ取り」としても優秀な商品だ。

 

しかし、「チャレンジャーデッキ2019」が通常の構築済みデッキよりもデッキパワーが高く調整されているとはいえ、大会で結果を残したデッキの「完全なるコピー品ではない」以上、アーキタイプの完成形とはいえない。

 

「マジック新規勢」にとっては、可能な限り低予算でデッキを完成させたいはず。そこで、4種類のデッキそれぞれを「完成形」にするためにはどれだけのコストが必要になるかをまとめてみた。注記しておくと、「①メインボードのみの完成」を目指し、「②完成したデッキパワーの強弱」については議論しない。また、ややデッキの形が変わっているものもあるが、「③直近の大会で好成績を残した」リストを参考にしている。もちろん、特定のカードを採用していないリストも存在するが、細かいバリエーションまで含めてしまうときりがないため、そこはご容赦願いたい。

 

各デッキについて、収録カードリスト⇒完成目標カードリストの順に掲載。もしもどのチャレンジャーデッキを買うか迷っているプレイヤーがいたら、是非参考にしてほしい。

※なお、カード価格は2019年3月21日の「Wisdom Guild」様のトリム平均価格を参照し掲載

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

秘儀の手数/Arcane Tempo(青赤)

 

秘儀の手数/Arcane Tempo(青赤)

Creatures (13)
Goblin Electromancer
Crackling Drake
Murmuring Mystic
Arclight Phoenix
Niv-Mizzet, Parun

Spells (25)
Chart a Course
Lava Coil
Beacon Bolt
Opt
Radical Idea
Shock
Dive Down
Blink of an Eye
The Mirari Conjecture
Lands (22)
Sulfur Falls
Izzet Guildgate
Island
Mountain

Sideboard (15)
The Mirari Conjecture
Beacon Bolt
Negate
Entrancing Melody
Fiery Cannonade
Shivan Fire
Disdainful Stroke

 

完成目標:青赤ドレイク by Sanada Hiromi

Creatures (12)
Pteramander
Enigma Drake
Crackling Drake

Spells (27)
Lava Coil
Spell Pierce
Dive Down
Opt
Shock
Discovery // Dispersal
Beacon Bolt
Chart a Course
Lands (21)
Mountain
Island
Steam Vents
Sulfur Falls
Izzet Guildgate

Sideboard (15)
Ral, Izzet Viceroy
Disdainful Stroke
Niv-Mizzet, Parun
Fiery Cannonade
Shivan Fire
Legion Warboss
Entrancing Melody
Treasure Map

 

 

メインボード:不足カードまとめ

 

【レア:5枚】
1 《硫黄の滝/Sulfur Falls(DOM)》:1,068円*1
4 《蒸気孔/Steam Vents(GRN)》:1,482円*4

【アンコモン:12枚】
4 《プテラマンダー/Pteramander(RNA)》》:374円*4
4 《奇怪なドレイク/Enigma Drake(M19)》:69円*4
4 《発見+発散/Discovery+Dispersal(GRN)》:175円*4

【コモン:4枚】
3 《呪文貫き/Spell Pierce(XLN)》:70円*3
1 《潜水/Dive Down(XLN)》:91円*1

 


 

スタンダードにおける青赤デッキは、大きく分けて「イゼットフェニックス型」「イゼットドレイク型」の2種類。チャレンジャーデッキはその中間の構成となっているため、どちらかに寄せた方が得策だ。今回は後者、「イゼットドレイク型」を選択している。

 

追加コストは合計:9,769円で、意外にも完成度が非常に高いことがわかる。金額の安さでいえば赤単に次ぐ2位であり、拡張性も高いのでお勧め度は高い。追加コストの大半はレア土地で、特に4枚の《蒸気孔/Steam Vents(GRN)》が高価。問題は、《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix(GRN)》を目当てとしたパーツ取り目的でこのデッキが購入される可能性が高く、真っ先に市場から姿を消すか、若干のプレ値で取引される危険性がある点。

 

価格には含めていないが、このリストでは《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun(GRN)》《シヴの火/Shivan Fire(DOM)》などのチャレンジャーデッキのメインから抜いたカードがサイドボードに多く使えているのも見逃せない。

 

 

 

参考

青赤ドレイク by Sanada Hiromi
晴れる屋スタンダード神トライアル (2019/3/15):Finalist
https://deck.hareruyamtg.com/ja/deck/228066/show/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-初心者向け, 読み物
-, , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.