【MTG初心者向け】チャレンジャーデッキ2019:死に至る発見(黒緑)を強化しよう

投稿日:

 

最も完成形に近い「チャレンジャーデッキ2019」は?

 

2019年4月12日に発売が迫った構築済みデッキシリーズ:「チャレンジャーデッキ2019」。プレミアイベントで結果を残したリストを元にデザイン・調整されており、開けてすぐ遊べ、且つコンセプト通りにしっかりと動かせるのが特徴。MTGアリーナで増えた「マジック新規勢」にとっては「トーナメント・レベルへの足掛かり」となることはもちろん、スタンダードユーザーにとっての「パーツ取り」としても優秀な商品だ。

 

しかし、「チャレンジャーデッキ2019」が通常の構築済みデッキよりもデッキパワーが高く調整されているとはいえ、大会で結果を残したデッキの「完全なるコピー品ではない」以上、アーキタイプの完成形とはいえない。

 

「マジック新規勢」にとっては、可能な限り低予算でデッキを完成させたいはず。そこで、4種類のデッキそれぞれを「完成形」にするためにはどれだけのコストが必要になるかをまとめてみた。注記しておくと、「①メインボードのみの完成」を目指し、「②完成したデッキパワーの強弱」については議論しない。また、ややデッキの形が変わっているものもあるが、「③直近の大会で好成績を残した」リストを参考にしている。もちろん、特定のカードを採用していないリストも存在するが、細かいバリエーションまで含めてしまうときりがないため、そこはご容赦願いたい。

 

各デッキについて、収録カードリスト⇒完成目標カードリストの順に掲載。もしもどのチャレンジャーデッキを買うか迷っているプレイヤーがいたら、是非参考にしてほしい。

※なお、カード価格は2019年3月21日の「Wisdom Guild」様のトリム平均価格を参照し掲載

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

死に至る発見/Deadly Discovery(黒緑)

死に至る発見/Deadly Discovery(黒緑)

Creatures (27)
Merfolk Branchwalker
Llanowar Elves
Wildgrowth Walker
Seekers' Squire
Jadelight Ranger
Ravenous Chupacabra
Plaguecrafter
District Guide
Golgari Findbroker

Spells (10)
Vraska, Relic Seeker
Find // Finality
Cast Down
The Eldest Reborn
Lands (23)
Woodland Cemetery
Golgari Guildgate
Overgrown Tomb
Memorial to Folly
Forest
Swamp

Sideboard (15)
Duress
Arguel's Blood Fast
Golden Demise
Reclamation Sage
Kraul Harpooner
Murder

 

完成目標:BGビートダウン by Matsushita Takashi

Creatures (21)
Merfolk Branchwalker
Wildgrowth Walker
Jadelight Ranger
Thrashing Brontodon
Golgari Findbroker
Ravenous Chupacabra
Carnage Tyrant

Spells (15)
Duress
Cast Down
Assassin's Trophy
Vraska's Contempt
Vivien Reid
Find/Finality
Lands (24)
Forest
Swamp
Overgrown Tomb
Woodland Cemetery
Memorial to Folly
Detection Tower

Sideboard (15)
Duress
Kraul Harpooner
Fungal Infection
Dead Weight
Thrashing Brontodon
Crushing Canopy
Vraska's Contempt
The Eldest Reborn
Carnage Tyrant
Find // Finality

 

 

メインボード:不足カードまとめ

 

【神話レア:5枚】
2 《殺戮の暴君/Carnage Tyrant(XLN)》:2,463円*2
3 《ビビアン・リード/Vivien Reid(M19)》:3,198円*3

【レア:13枚】
2 《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger(RIX)》:840円*2
2 《探知の塔/Detection Tower(M19)》:109円*2
2 《森林の墓地/Woodland Cemetery(DOM)》:423円*2
3 《草むした墓/Overgrown Tomb(GRN)》:791円*3
1 《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy(GRN)》:1,622円*1
2 《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt(XLN)》:1,083円*2
1 《採取+最終/Find+Finality(GRN)》:159円*1

【アンコモン:3枚】
3 《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon(RIX)》:149円*3

 


 

今回はスタンダードにおける「黒緑ビートダウン」を参考に。

追加コストは合計:24,031円で、2枚の《殺戮の暴君/Carnage Tyrant(XLN)》および3枚の《ビビアン・リード/Vivien Reid(M19)》がネック。緑を代表するトップレア2種類が総コストを跳ね上げる結果となった。4種類のデッキの中では完成に最もコストのかかるデッキといえる。

 

掲載リストでは採用していないが、中には《ゴルガリの女王、ヴラスカ/Vraska, Golgari Queen(GRN)》や《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker(XLN)》を散らしたリストも散見されるので、《ビビアン・リード/Vivien Reid(M19)》を十分な枚数用意できない場合はそちらも一考。

 

 

 

参考

BGビートダウン by Matsushita Takashi
晴れる屋:平日スタンダード20時の部 - 2019/3/18 3-0
https://deck.hareruyamtg.com/ja/deck/228203/show/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-初心者向け, 読み物
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.