【レガシー】スゥルタイフェアリー【Competitive Legacy Constructed League:5-0】

投稿日:

 

デッキリスト

スゥルタイフェアリー by HJ_KAISER

Creatures (19)
Dryad Arbor
Deathrite Shaman
Edric, Spymaster of Trest
Leovold, Emissary of Trest
Mistbind Clique
Quickling
Reclamation Sage
Scryb Ranger
Sower of Temptation
Spellstutter Sprite
Vendilion Clique

Spells (21)
Green Sun's Zenith
Abrupt Decay
Brainstorm
Dimir Charm
Force of Will
Spell Pierce
Umezawa's Jitte
Bitterblossom
Lands (20)
Bayou
Forest
Island
Misty Rainforest
Mutavault
Polluted Delta
Tropical Island
Underground Sea
Verdant Catacombs

Sideboard (15)
Umezawa's Jitte
Engineered Explosives
Engineered Plague
Fatal Push
Flusterstorm
Invasive Surgery
Surgical Extraction

スポンサーリンク

スポンサーリンク

解説

 

「フェアリー」といえば主戦場はモダンというのが一般的であろう。
相手を妨害しつつも、止めにくい飛行クロックを並べて殴り勝つフェアリー。モダンで既に活躍しているデッキを、レガシーの豊富なカードで肉付けすれば、更に強力なデッキになるはずだ。そう言わんばかりにレガシーに殴り込み、結果を残したのがこの「スゥルタイフェアリー」だ。

 

デッキリストを見てみると、「青黒フェアリーに緑を足した」という印象が強い。「ヴェンディリオン三人衆」「呪文づまりのスプライト」「誘惑蒔き」といったお馴染みのフェアリー達はもちろん、緑を取り入れたことで強力なクリーチャー採用できるようになった。「トレストの使者、レオヴォルド」は青殺しの代表格であるし、「トレストの密偵長、エドリック」はブロックされにくいフェアリーと組み合わさることで膨大なハンド・アドバンテージを生み出す。「スクリブのレインジャー」は「呪文づまりのスプライト」の大切なフェアリーカウントとしての仕事だけでなく、ゲーム後半に「死儀礼のシャーマン」の能力を複数回起動してライフを詰めに行ったり、相手の「不毛の大地」に合わせることで自分の土地を手札に逃がすこともできる渋いカードといえる。

 

緑のクリーチャーを多く採用したことで「緑の太陽の頂点」によるシルバーバレット戦術も取れるようになり、一般的なモダンでイメージされる「フェアリー」とは動きが大きく異なる仕上がりだ。モダンのデッキをレガシー向けにチューンする。このアイディアは他のデッキを大きく化けさせるヒントになりそうだ。

 

参考

http://magic.wizards.com/en/articles/archive/mtgo-standings/competitive-legacy-constructed-league-2017-04-13

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, レガシー
-, , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.