【スタンダード】ターボフォグ2017:アモンケットでターボフォグがスタンダードに蘇る

投稿日:

 

デッキリスト

ターボフォグ2017 by gaku

Creatures (2)
Torrential Gearhulk

Spells (34)
Gideon of the Trials
Authority of the Consuls
Fevered Visions
Stasis Snare
Cast Out
Censor
Void Shatter
Hieroglyphic Illumination
Fumigate
Encircling Fissure
Repel the Abominable
Haze of Pollen
Lands (24)
Port Town
Scattered Groves
Sheltered Thicket
Irrigated Farmland
Inspiring Vantage
Plains

Sideboard (15)
Drowner of Hope
Panharmonicon
Cloudblazer
Eldrazi Displacer
Filigree Familiar

スポンサーリンク

スポンサーリンク

解説

 

 

「ターボフォグ」というデッキをご存じだろうか。「濃霧(Fog)」で戦闘ダメージを0にするなどして時間を稼ぎつつ、「吠えたける鉱山」などでライブラリーを高速で掘り進めてライブラリーアウトを狙うデッキだ。伝統的なデッキのひとつなので、名前は聞いたことがあるかもしれない。

 

ターボフォグが成立する条件は、豊富な時間稼ぎ手段と、ドロー加速またはライブラリーを削る手段がカードプールに共存している必要がある。「アモンケット」発売前ではあるが、新スタンダード環境のカードプールにいち早く目を付け、あのターボフォグがスタンダードで復活できることに気づいたビルダーが存在する。あの懐かしのデッキが、ビルダー:gaku氏によって「ターボフォグ2017」として蘇る。今日はそのリストをご紹介したい。

 

新スタンダードのカードプールには、「忌の一掃」「取り囲む地割れ」、そしてアモンケットで登場する「花粉のもや」…合計3種類の「濃霧(Fog)」が存在する。この「ターボフォグ2017」は、これらのカードを惜しみなく投入し、時間を稼いでいくコンセプトだ。もちろん「奔流の機械巨人」はこれらのカードを使い回す役割を担う。そして、もう一つの重要なパーツである「吠えたける鉱山」の代用は「熱病の幻視」。新たな「濃霧(Fog)」の補充、ライブラリーアウト、手札をダンプできない相手にバーンダメージと、1枚でなんと3つの役割をこなす。

 

その他のスロットは相手を妨害するカードで埋められている。「停滞の罠」「排斥」「燻蒸」といったカードでクリーチャーを対策し、「虚空の粉砕」「検閲」で相手の脅威を弾いて時間を稼ぐ。そして、忘れてはいけないのが「試練に臨むギデオン」。相手のクリーチャーが少なければ+1能力でダメージを軽減して止めることができ、ドローの都合上こちらのライブラリーが尽きそうな場合は奥義で凌ぐこともできる。もちろん、有利な盤面では積極的に殴りに行くのもよい。このデッキでは攻守に渡って活躍できる優秀なカードだ。

 

ちなみに、提供されたリストのサイドボードを見ると…。
「パンハモニコン」4枚という狂気が見える。なんとも恐ろしい…。

 

参考

デッキリスト提供:gaku氏(感謝!)
※紙束MTGでは新たなデッキ・アイディアを常に募集しております

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.