紙束MTGプレゼンツ:『ストリクスヘイヴン:魔法学院』1000枚買え枠!買わずに後悔よりも買って後悔!

投稿日:

 

紙束MTG的:『ストリクスヘイヴン:魔法学院』1000枚買え枠

 

先日リリースされたばかりの新セット:『ストリクスヘイヴン:魔法学院』ですが、今回も(信じてはいけない)紙束MTG的『ストリクスヘイヴン:魔法学院』の1000枚買え枠を発表したいと思います!

 

 

毎度ながら、相も変わらずこの記事の信頼度はお察しレベルですが、数年後を見据えて好き勝手言うのははタダなので、今回も無責任に注目カードをピックアップしていきます。いつものように本記事は話半分で読んでみてください!

 

個人的には比較的お手頃な価格で買えて、後でドンと跳ね上がる方が夢があるので、現時点で既に「高すぎる」カードは省いてセレクトしています。「買わずに後悔」よりも「買って後悔」!それでは行ってみましょう!

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥10,300 (2021/10/21 20:58:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回の「1000枚買え枠」はこれ!

1位:《弾ける力/Crackle with Power》

マナコストにXが3つも入った、小学生が考えたような(夢のある)重量級スペル。

5マナ⇒8マナ⇒11マナ…どこから撃っても重いのですが、よく見てみるとマナ効率は意外と良いことがわかります。

・5マナ:好きな対象1つに5点
・8マナ:好きな対象2つにそれぞれ10点
・11マナ:好きな対象3つにそれぞれ15点

こうして並べてみると、8マナのときは中々にお得感のあるスぺルに。スタン環境には《二重の一撃/Dual Strike(KHM)》や《アイレンクラッグの妙技/Irencrag Feat(ELD)》という相性のいいカードが多いため、最速4ターンで相手に20点の火力をぶつけることも可能。

 

 

 

2位:《ストリクスヘイヴンの競技場/Strixhaven Stadium》

特殊勝利系カードのひとつ。戦闘ダメージが入るたびに得点カウンターを乗せていき、10個以上貯めることができれば勝利!

こちらがダメージを受けてしまうと得点カウンターを取り除かなくてはなりませんが、攻め続けることができれば実質相手のライフを10点にしたようなもの。昨今の特殊勝利条件カードとしては、「勝利のためのハードル」が比較的低めに設定されているカードだと思います。

 

無色マナしか生み出せませんが、3マナのマナ加速手段として最低限の役割は果たせることと、カード自体が無色なため「色を選ばずクソデッキを組める」のが大きな魅力。何度もアンタップさせたり、増殖させたり…クソデッキビルダー御用達のカードになりそうです。

シュートを決めていけ!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

3位:《セッジムーアの魔女/Sedgemoor Witch》

能力としては完全に一級品なのですが、既にある程度お高くなってきてしまっているので順位を下げています。

3マナ3/2というスタッツに、威迫による回避能力と護法による除去耐性。おまけに魔技で邪魔者トークンを量産できる誘発能力付き…という非の打ち所がないトンデモ生物です。最速で除去されてもライフを3点奪っていくので最低限の仕事はできますし、生き残ることができれば威迫でダメージを稼ぐ。そして能力はあの《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》を彷彿とさせるもので、どこから切っても強いです。

デッキの中核を担うカードとして期待できるので、Foilや拡張アート版の枚数を揃えておきたいところ!

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥13,740 (2021/10/21 08:05:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

4位:《レオニンの光写し/Leonin Lightscribe》

魔技により自軍のクリーチャー全てを強化する能力を持った猫・クレリック。その性質上、軽量クリーチャーを横に並べる系のデッキでの活躍が期待できます。細かいところですが、能力による強化が自分にも及ぶのが嬉しいポイント。

クリーチャーを横に並べられて、かつスペルカウントを稼げるカードとの相性が良いですね。トークンを生成しフラッシュバックも付いた《金切るときの声/Battle Screech》と組み合わせると面白そう。こちらは『モダンホライゾン』で再録しているのでモダンリーガルになっています。

 

余談ですが、《金切るときの声/Battle Screech》といえば、2002年ごろのブロック構築で『パニッシャー・ホワイト』という白青のウィニーデッキが活躍していました。《レオニンの光写し/Leonin Lightscribe》の登場により、この令和の時代に復活できるかも?

 

 

 

5位:《プリズマリの命令/Prismari Command》

こちらも既に1k越えの価格なので、強いカードではありますが順位を5位に落としています。

青赤という強力なカラーで便利なモードをまとめた命令サイクルの1枚。《ウィザーブルームの命令/Witherbloom Command》と迷いましたが、カラーを考慮しこちらに軍配が上がりました。1つ1つのモード自体はそれぞれ約1マナ相当の能力なのですが、汎用性が高いため腐りにくく、2つのアクションを1枚で行えるというのが良いですね。

個人的にはインスタントタイミングで「宝物・トークン」生成によるマナ加速ができる点が非常に優秀だと思います。3⇒5のマナ域ジャンプで何を狙いましょうかね?

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥22,400 (2021/10/21 16:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

●日本語版:
 楽天 / Amanon / 駿河屋
●セットブースター:
 楽天 / Amazon / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / Amazon / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / Amazon / 駿河屋

●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●セットブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●セットブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

関連コンテンツ

-コレクター, 読み物
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2021 AllRights Reserved.