【Landiary-51】当サイト:『紙束MTG』はモバイルファーストインデックスに切り替わりました

投稿日:

モバイルファーストインデックスに切り替わりました

 

今日はマジックとは全く関係ない話で恐縮ですが…。

当サイトのどのページがどれだけ人気があるのか、どんな検索ワードで飛んでくるのかなどを解析するために、私は『Google Search Console』というサービスを利用しています(多くのサイト管理人の方はこのサービスを利用しているはずです)。その『Google Search Console』を眺めていたところ、上記の「貴サイトはモバイルファーストインデックスに切り替わりました」という通知が来ました。

 

なんのこっちゃ?と疑問に思いましたが、「今後、あなたのサイトは Google のインデックス登録とランキングにモバイル版のコンテンツが主として使用されますよ」ということらしいです。

 

【インデックス登録とは?】

簡単に言うと、Googleのロボット(クローラーと呼ばれます)がサイトのページを認識して、データベースに登録することを指します。インデックス登録されていないと、Googleにそのページが認識されていないことになるので、いくら検索しても検索結果に反映(表示)されません。若いサイトや更新頻度が低いサイトはこのロボットが自動巡回する頻度が低く、なかなかインデックス登録されづらいです。また、たとえ更新頻度が高くとも、ユーザーにとって有益ではない「質の低い」ページであればロボットが巡回してきたとしてもインデックス登録されない場合もあります。

 

お陰様で当サイトはロボットの巡回頻度が高く、サイトを更新すればすぐにインデックス登録して頂けるようになりました(いつも見て頂いている皆さんのお陰です!ありがとうございます)。そのインデックス登録が、今後は「モバイル版のページ」を主としてインデックスに使用するようになるということのようです。

 

当サイトはPCで閲覧した際に最も美しく表示されるように作成していますが、「レスポンシブ・ウェブデザイン」のため専用ページを作成することなくスマートフォンやタブレットでも表示できるように作成しています。その成果かどうかはわからないのですが、アクセスを解析するとスマートフォン+タブレットからのアクセスが約65%、デスクトップPCからのアクセスが約35%です。

 

スマホ or タブレット端末からのアクセスの方が圧倒的に多いので、そのデータを考慮して今回モバイルファーストインデックスに切り替わったのでしょう。日付を見ると去年の8月には既に切り替わっていて、その結果を『Google Search Console』で確認できるようになった、という通知のようですが。当サイトは立ち上げ当初から一貫してモバイルデバイスからのアクセスが多いので、あまり影響はないのかな…と思ってます。もし「PC向けサイト」と「モバイルデバイス向け」で全く別の構造で表示させているサイトがあったとしたら、色々と大変かも。

 

今後はGoogleの検索結果(ランキング)がモバイルファーストインデックス基準になるという話も出ているので、「いかに質の高い記事をモバイルフレンドリーにして提供できるか」が今後のSEO対策としての大きなカギになりそうです。もしもこれからマジックのファンサイトを立ち上げたいという方がいれば、立ち上げの段階から意識しておくことをお勧めします。

いつもサイトを訪問してくださっている皆さんにはまったく影響のある話ではないので、今後も当サイトを御贔屓にして頂けると嬉しいです!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-管理人の日記, 読み物
-, ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.