『基本セット2020』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンのコンバット・トリックまとめ

投稿日:

『基本セット2020』のフルスポイラーが公開:コンバット・トリックまとめ

 

プレリリースを7月5-7日に控え、7月12日発売の『基本セット2020』:フルスポイラーが公開された。
『基本セット2020』:カードイメージギャラリー

 

新セット発売前のコンバット・トリック特集は紙束MTGの定番記事のひとつ。今回もプレリリースを含むリミテッドの予習を兼ね、コモン・アンコモンの「コンバット・トリック」カードに着目し、各色ごとに特徴をまとめる。コンバット・トリックを把握することで、きっと戦闘を有利に進められるはずだ。各種イベントで勝利を収めるために、各自の環境把握・予習に少しでも役立てて貰えれば光栄だ。

 

●『基本セット2020』収録:コモン・アンコモンの除去カード編はこちら

『基本セット2020』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンの除去まとめ

『基本セット2020』のフルスポイラーが公開:除去カードまとめ   プレリリースを7月5-7日に控え、7月12日発売の『基本セット2020』:フルスポイラーが公開された。 ⇒『基本セット20 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『基本セット2020』:「白」のコンバット・トリック

 

白のコンバット・トリックはコモン3枚、アンコモン1枚の計4枚。

全体的に軽量なカードが多くラインナップ。中でも癖がなく使いやすいのは+2/+2修正とともに絆魂を付与する《勇壮の時/Moment of Heroism(M20)》。また、クリーチャーを横に並べる《急報/Raise the Alarm(M20)》の存在を考慮すると、基本的に白を含む2マナがあれば2打点分上がる可能性があると考えてよいだろう。4マナある場合は全体強化である《鼓舞する突撃/Inspired Charge(M20)》を警戒。1:複数交換の可能性もあるので、アタック/ブロックは慎重に。

 

 

『基本セット2020』:「青」のコンバット・トリック

 

青のコンバット・トリックはコモン2枚、アンコモン3枚の計5枚。

テクニカルな動きを得意とする青にしてはコモンの枚数が少ない。1マナから動けるアクションがあるので、クリーチャーバウンスである《送還/Unsummon(M20)》と、瞬速持ちのクリーチャーである《幽体の船乗り/Spectral Sailor(M20)》は頭の片隅に入れておこう。

コモンである《混迷/Befuddle(M20)》は手札を減らさずパワーを4下げるカード。非常に防御寄りのカードではあるものの、レアリティがコモンのため見かける機会はありそう。

1マナ...クリーチャーバウンス
2マナ...パワー2のクリーチャー召喚
3マナ...-4/-0修正

 

 

『基本セット2020』:「黒」のコンバット・トリック

 

黒のコンバット・トリックはコモン2枚、アンコモン2枚の計4枚。

アンコモンではあるが、最高峰の除去カードである《見栄え損ない/Disfigure(M20)》があるため油断ができない。《焼印刃/Bladebrand(M20)》はクリーチャーに接死を付与するカードだが、キャントリップ持ちのため手札を減らさずに相手の大型クリーチャーを討ち取れる。《殺害/Murder(M20)》は説明不要の貴重な確定除去。ダブルシンボルという弱点はあるが、色さえ合えば真っ先に採用される除去のはずだ。

1マナ...-2/-2修正
2マナ...接死付与(サイド後、白/緑生物のみ確定除去)
3マナ...確定除去

 

 

『基本セット2020』:「赤」のコンバット・トリック

 

赤のコンバット・トリックはコモン3枚、アンコモン3枚と比較的多め。

最高峰の火力である《ショック/Shock(M20)》があるため赤1マナから焼ける対象は多い。また、3マナには強力な全体除去である《炎の一掃/Flame Sweep(M20)》があり、タフネス2以下のクリーチャーの並べすぎには注意。意外にもインスタントタイミングではタフネス3以上のクリーチャーを焼きづらく、4マナの《チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage(M20)》でしか対処できない点には留意しておくこと。

赤が得意とする軽量パンプ系のスペルは、1マナで撃てる《立腹/Infuriate(M20)》、そして強化と二段攻撃の付与を1枚でこなす《放たれた怒り/Uncaged Fury(M20)》の2枚。どちらも癖がなく使いやすい。

1マナ...「2点火力」 or 「+3/+2修正」
2マナ...(白か青生物限定の5点火力)
3マナ...「全体2点」 or 「+1/+1 &二段攻撃」
4マナ...4点火力

 

 

『基本セット2020』:「緑」のコンバット・トリック

 

緑のコンバット・トリックはコモン3枚、アンコモン2枚の計5枚。

青と黒限定の色対策カードである《夏の帳/Veil of Summer(M20)》と、飛行クリーチャー限定の確定除去である《垂直落下/Plummet(M20)》の2枚を除くと、使いやすくメインから投入できる主力となるのは残りの3枚。この3枚で考えれば、緑のコンバット・トリックはいずれもクリーチャーを強化するもの。基本的には1マナあればクリーチャーの数だけ+1/+1、2マナ以上あれば+3/+3(2枚目以降は更に強化)...と覚えておけばOKだ。

 

 

『基本セット2020』:「多色」のコンバット・トリック

該当なし

 

『基本セット2020』:「無色」のコンバット・トリック

該当なし

 

「除去カード編」はこちら

『基本セット2020』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンの除去まとめ

『基本セット2020』のフルスポイラーが公開:除去カードまとめ   プレリリースを7月5-7日に控え、7月12日発売の『基本セット2020』:フルスポイラーが公開された。 ⇒『基本セット20 ...

続きを見る

 

参考

●公式:『基本セット2020』カードイメージギャラリー
https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/core-set-2020

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.