【モダン】新型ブリッジヴァイン:《甦る死滅都市、ホガーク》と《狂気の祭壇》により速度・安定感共に大幅強化

投稿日:

 

デッキリスト

新型ブリッジヴァイン by しゃみおつぜみ(@mtgdel)

Creatures (28)
Carrion Feeder
Gravecrawler
Stitcher's Supplier
Insolent Neonate
Bloodghast
Vengevine
Hogaak, Arisen Necropolis

Spells (14)
Assassin's Trophy
Faithless Looting
Bridge from Below
Altar of Dementia
Lands (18)
Swamp
Bloodstained Mire
Blackcleave Cliffs
Verdant Catacombs
Overgrown Tomb
Blood Crypt
Stomping Ground

Sideboard (15)
Nature's Claim
Thoughtseize
Ancient Grudge
Leyline of the Void

◆日本語リスト

【クリーチャー】
4 屍肉喰らい
4 墓所這い
4 縫い師への供給者
4 傲慢な新生子
4 恐血鬼
4 復讐蔦
4 甦る死滅都市、ホガーク

【スペル】
2 暗殺者の戦利品
4 信仰無き物あさり
4 黄泉からの橋
4 狂気の祭壇

【土地】
1 沼
4 血染めのぬかるみ
4 黒割れの崖
3 新緑の地下墓地
1 草むした墓
4 血の墓所
1 踏み鳴らされる地

【サイドボード】
4 自然の要求
4 思考囲い
3 古えの遺恨
4 虚空の力線

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

Vengevine / 復讐蔦 (2)(緑)(緑)

クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

速攻
あなたが呪文を唱えるたび、それがこのターンにあなたが唱えた2つ目のクリーチャー呪文である場合、あなたはあなたの墓地にある復讐蔦を戦場に戻してもよい。

4/3

Bridge from Below / 黄泉からの橋 (黒)(黒)(黒)

エンチャント

トークンでないクリーチャーが1体戦場からあなたの墓地に置かれるたび、黄泉からの橋があなたの墓地にある場合、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
クリーチャーが戦場から対戦相手1人の墓地に置かれたとき、黄泉からの橋があなたの墓地にある場合、黄泉からの橋を追放する。

 

「ブリッジヴァイン」は、《復讐蔦/Vengevine(UMA)》を中心としたリアニメイト系の流れを汲むコンボ・ビートダウンデッキ。《縫い師への供給者/Stitcher's Supplier(M19)》や《信仰無き物あさり/Faithless Looting(EMA)》を用いて手札やライブラリーから《復讐蔦/Vengevine(UMA)》や《黄泉からの橋/Bridge from Below(UMA)》を墓地に落とし、それらの能力を誘発させることでクロックを超高速で用意し、相手を殴るデッキだ。

この「ブリッジヴァイン」はモダンでは既にメジャーなアーキタイプで、墓地というリソースをフルに使いながら相手のライフを削り切るための最短ルートを常に選択する、パズルさながらのコンボ要素の強いデッキ。墓地を経由してクロックを並べる都合上爆発力もあり、除去からの立て直しも早いのが特徴だが、墓地リソースを活用するデッキの宿命でもある「墓地対策に滅法弱い」という明確な弱点が存在する。

 

そんな「ブリッジヴァイン」が、先行リリースされた『モダンホライゾン』の新カードで大幅に強化され、今注目を浴びている。

 

 

 

「新型ブリッジヴァイン」が新たに手に入れたパーツは《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis(MH1)》《屍肉喰らい/Carrion Feeder(MH1)》《狂気の祭壇/Altar of Dementia(MH1)》の3枚だ。

まずは《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis(MH1)》から。通常通りマナを支払って戦場に出すことはできないが、探査+召集を経由して墓地から唱えることができ、このデッキであればかなり早いターンでの着地が期待できる。例えば《縫い師への供給者/Stitcher's Supplier(M19)》+《屍肉喰らい/Carrion Feeder(MH1)》経由などで2ターン目には着地可能。これまで「ブリッジ・ヴァイン」は大きいサイズのクリーチャーは採用できなかったが、8/8トランプルという優秀なスペックのこのカードにより大幅にキルターンが短縮できるようになった。

※6/10 22:00 《甦る死滅都市、ホガーク》についての記述を修正しました

 

 

そして、マナのかからない生け贄手段である《屍肉喰らい/Carrion Feeder(MH1)》と《狂気の祭壇/Altar of Dementia(MH1)》がこのデッキの安定度と速度を大幅に強化した。前述したように、《屍肉喰らい/Carrion Feeder(MH1)》のお陰で《縫い師への供給者/Stitcher's Supplier(M19)》などを序盤から能動的に生け贄に捧げることができるようになり、序盤の墓地を肥やすスピードがアップ。更に《黄泉からの橋/Bridge from Below(UMA)》の能力を能動的に発動できるようになったことで、《墓所這い/Gravecrawler(DKA)》がベストパートナーに。

 

《狂気の祭壇/Altar of Dementia(MH1)》は《屍肉喰らい/Carrion Feeder(MH1)》のようにマナをかけずにクリーチャーを生け贄に捧げられる手段としてはもちろん、自前でその他のコンボパーツを集められる(墓地に落とせる)のが非常に優秀。特に新カードの《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis(MH1)》との相性は最高(下記を参照)。

 

①《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis(MH1)》を墓地から戦場へ出す

②《狂気の祭壇/Altar of Dementia(MH1)》で《甦る死滅都市、ホガーク》を生け贄に捧げ、ライブラリーから8枚墓地に落とす

③《復讐蔦/Vengevine(UMA)》などの必要なパーツだけを墓地に残し、再度探査+召集で《甦る死滅都市、ホガーク》を戦場へ

④墓地の《復讐蔦》の能力が誘発、戦場へ

⑤更に《狂気の祭壇》で《甦る死滅都市、ホガーク》を生け贄に…(マナがある限り繰り返し)

 

ただでさえ速度に定評のあった「ブリッジヴァイン」だが、《虚空の力線/Leyline of the Void(M11)》以外の墓地対策が間に合わないほどの速さを得ている。墓地対策としては定番の《安らかなる眠り/Rest in Peace(RTR)》では間に合わないケースが多く、このデッキが活躍すれば更なる《虚空の力線/Leyline of the Void(M11)》の高騰を招くことになるかも…?

 

 

参考

新型ブリッジヴァイン by しゃみおつぜみ(Twitter/ @mtgdel)
※敬称略

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.