【スタンダード】ハイドラ・アセンダンシー:複数の勝ち手段を仕込んだ《シミックの隆盛》デッキ

投稿日:

 

デッキリスト

ハイドラ・アセンダンシー(生命素ハイドラの隆盛) by カミヤ

Creatures (22)
Llanowar Elves
Hydroid Krasis
Incubation Druid
Evolution Sage
Sphinx of Foresight
Bioessence Hydra

Spells (16)
Neoform
Simic Ascendancy
Finale of Devastation
Kiora, Behemoth Beckoner
Vivien, Champion of the Wilds
Nissa, Who Shakes the World
Lands (22)
Island
Forest
Evolving Wilds
Field of Ruin
Breeding Pool

Sideboard (15)
Frilled Mystic
Traxos, Scourge of Kroog
Nullhide Ferox
Azor, the Lawbringer
Carnage Tyrant
Huatli, the Sun's Heart

◆日本語リスト

【クリーチャー】
4 ラノワールのエルフ
3 培養ドルイド
4 ハイドロイド混成体
3 進化の賢者
4 予見のスフィンクス
4 生命素ハイドラ

【スペル】
2 破滅の終焉
4 新生化
3 シミックの隆盛
2 野獣の擁護者、ビビアン
3 ビヒモスを招く者、キオーラ
2 世界を揺るがす者、ニッサ

【土地】
6 島
9 森
2 進化する未開地
1 廃墟の地
4 繁殖池

【サイドボード】
4 エリマキ神秘家
1 クルーグの災い魔、トラクソス
3 無効皮のフェロックス
1 法をもたらす者、アゾール
2 殺戮の暴君
4 太陽の義士、ファートリ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

Simic Ascendancy / シミックの隆盛 (緑)(青)

エンチャント

(1)(緑)(青):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
あなたがコントロールしているクリーチャー1体の上に+1/+1カウンターが1個以上置かれるたび、その個数に等しい数の成長(growth)カウンターをシミックの隆盛の上に置く。
あなたのアップキープの開始時に、シミックの隆盛の上に成長カウンターが20個以上置かれている場合、あなたはこのゲームに勝利する。

Bioessence Hydra / 生命素ハイドラ (3)(緑)(青)

クリーチャー — ハイドラ(Hydra) ミュータント(Mutant)

トランプル
生命素ハイドラは、あなたがコントロールしているプレインズウォーカーの上に置かれている忠誠(loyalty)カウンター1個につき、+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
あなたがコントロールしているプレインズウォーカーの上に忠誠カウンターが1個以上置かれるたび、その個数に等しい数の+1/+1カウンターを生命素ハイドラをの上に置く。

4/4

 

『ラヴニカの献身』で登場した青緑のエンチャント、《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》。クリーチャーを恒久的に強化する能力と特殊勝利条件を持つ、スタンダードでは珍しいカードだ。そんな《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》を中心としたデッキがこの「ハイドラ・アセンダンシー」。早速中身を見ていこう!

 

シミックカラーでまとめられたこのデッキのキーとなるカードは、まずは《野獣の擁護者、ビビアン/Vivien, Champion of the Wilds(WAR)》《ビヒモスを招く者、キオーラ/Kiora, Behemoth Beckoner(WAR)》《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》といった『灯争大戦』で登場した強力なプレインズウォーカー達。

《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(M19)》によるシンプルなマナ加速はもちろん、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(M19)》⇒《新生化/Neoform(WAR)》⇒《培養ドルイド/Incubation Druid(RNA)》というシミックカラーにおけるマナジャンプの定番テクニックを駆使してプレインズウォーカーを着地させ、主役である《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》を設置する…というのがこのデッキが最初に目指すポイントだ。

 

下準備が完了したら、第二のキーカードである《生命素ハイドラ/Bioessence Hydra(WAR)》の出番。素で出した場合は5マナ4/4トランプルという平凡なサイズに過ぎないが、1体でもプレインズウォーカーが立っている状態で出すことができれば8/8以上のサイズが期待できる。戦場に出た後は、プレインズウォーカーの忠誠度能力(プラス)を使う⇒《生命素ハイドラ/Bioessence Hydra(WAR)》のサイズが上がる⇒《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》の上に成長カウンターが乗る…というシナジーを形成する。比較的楽にフィニッシャー級のサイズに育つため、ゲームを決めに行けるクリーチャーだ。

また、プレインズウォーカーが着地したり、+1/+1カウンターがクリーチャーに乗りはじめれば《進化の賢者/Evolution Sage(WAR)》を早めに着地させたい。上陸のようなイメージで増殖が行えるため、マナを使わずにクリーチャー強化、プレインズウォーカーの忠誠度回復、《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》の成長カウンター増加…とできることが非常に多い。

 

 

 

その他の勝ち手段としては、マナ加速手段からの《破滅の終焉/Finale of Devastation(WAR)》。豊富なマナ加速手段、そして《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》を存在により大量のマナを扱えるため、《破滅の終焉/Finale of Devastation(WAR)》をX=10以上で唱えることができる。回避能力を持つクリーチャーが多く採用されていることもあり、一撃でゲームを決めることも。

その他、大量マナの受け皿としては《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis(RNA)》。アドバンテージの塊のようなカードで、序盤に失ったライフを取り戻したり、大量ドロー、そして《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》のカウンター乗せと、複数の役割を1枚でこなしてくれる。

 

 

上記をまとめると、このデッキの勝ち手段は以下。

【ハイドラ・アセンダンシーの勝ち筋】

1.《シミックの隆盛/Simic Ascendancy(RNA)》に20個以上の成長カウンターを乗せて勝利。

2.サイズが膨れ上がった《生命素ハイドラ/Bioessence Hydra(WAR)》や《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis(RNA)》で殴り勝つ。

3.ビッグ・マナを用いて、X=10以上の《破滅の終焉/Finale of Devastation(WAR)》を撃つ。

 

この3つの勝ち手段を並行して目指せるため、相手に大きなプレッシャーをかけやすいのがこのデッキの最大の強みと言える。反面、(スロットの関係か)ほとんどのカードをコンボパーツに回している以上、相手の盤面に触ることは苦手。自分の研究に没頭する、なんともシミックらしいデッキではないだろうか。

 

 

参考

ハイドラ・アセンダンシー(生命素ハイドラの隆盛) by カミヤ
http://teamys.net/top/deckall.php/STANDARD/1/1556701/
※敬称略

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-MTG ARENA, スタンダード, デッキ紹介
-, , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.