【スタンダード】マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス:騎士と天使が織りなす3色ビートダウンデッキ

投稿日:

 

デッキリスト

マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス by 白鳳

Creatures (24)
Seekers' Squire
Knight of Malice
Knight of Grace
Midnight Reaper
Aurelia, Exemplar of Justice
Seraph of the Scales
Shalai, Voice of Plenty
Lyra Dawnbringer

Spells (12)
Bedevil
Mortify
Vraska's Contempt
History of Benalia
Lands (24)
Plains
Swamp
Isolated Chapel
Clifftop Retreat
Sacred Foundry
Blood Crypt
Godless Shrine
Dragonskull Summit

Sideboard (15)
Cast Down
Unbreakable Formation
Duress
Lava Coil
Deafening Clarion

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

 

Knight of Grace / 善意の騎士 (1)(白)

クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

先制攻撃
黒からの呪禁(このクリーチャーは、対戦相手がコントロールしている黒の呪文や能力の対象にならない。)
いずれかのプレイヤーが黒のパーマネントをコントロールしているかぎり、善意の騎士は+1/+0の修整を受ける。

2/2

Aurelia, Exemplar of Justice / 正義の模範、オレリア (2)(赤)(白)

伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行
教導(このクリーチャーが攻撃するたび、パワーがこれよりも小さい攻撃クリーチャー1体を対象とする。それの上に+1/+1カウンターを1個置く。)
あなたのターンの戦闘の開始時に、あなたがコントロールしているクリーチャー最大1体を対象とする。ターン終了時まで、そのクリーチャーは+2/+0の修整を受け、それが赤であるならトランプルを得て、それが白であるなら警戒を得る。

2/5

 

 

「騎士」と「天使」はマジック黎明期から存在し、非常に人気の高いクリーチャー・タイプだ。時代を遡れば、かつて「12ナイト」のような騎士中心のデッキがトーナメント・シーンで活躍していたし、《セラの天使/Serra Angel》は黎明期における数多くのデッキのフィニッシャーとして採用されていた。その伝統を受け継ぎ、今でも騎士・クリーチャーは優秀なウィニー・クリーチャーの代表であり、天使・クリーチャーは度々フィニッシャー的要素の強いデザインでカード化されている。

 

そんな魅力的な「騎士」と「天使」をひとつのデッキに融合させたとしたら…?
…そう。当然、カッコいいに決まっている。紹介しよう、「マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス」だ!

 

 

この「マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス」は、マルドゥカラーでまとめられた3色ビートダウンデッキ。デッキリストを見ればわかるように、クリーチャーの大半は騎士・クリーチャーと天使・クリーチャーで埋め尽くされている。

 

序盤の戦線を支えるのはコストの軽い騎士達で、特に先制攻撃持ちの《悪意の騎士/Knight of Malice(DOM)》と《善意の騎士/Knight of Grace(DOM)》が戦闘を有利に運んでくれる。2ターン目にこれらの騎士、3ターン目に《ベナリア史/History of Benalia(DOM)…と畳みかけるのは、まさに鉄板の動きだ。アグレッシブな動きの他にも、《探求者の従者/Seekers' Squire(XLN)》や《真夜中の死神/Midnight Reaper(GRN)》でハンド・アドバンテージを獲得しにいくプランも用意されている。

 

4ターン目以降(中盤以降)は、サイズの大きい天使達の出番。序盤に並べた騎士たちの頭数が揃っている場合は《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice(GRN)》を、ピン除去に対する耐性を付けたければ《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty(DOM)》を、全体除去をケアするならば《秤の熾天使/Seraph of the Scales(RNA)》を…といったように、状況に応じた天使を叩きつけていく。

 

フィニッシャーは《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer(DOM)》。飛行、先制攻撃、絆魂と単体で見ても強力な能力がてんこ盛りのクリーチャーだが、他の天使のサイズを上げ、絆魂を付与する能力も見逃せない。他のデッキでは無視されがちな能力だが、天使・クリーチャーを多数採用しているこのデッキでは非常に大きな武器となる。1体でも他の天使が戦場に立っていれば、ライフレースがとんでもないことになり、勝利はもう目前だ。

 

また、これらのクリーチャー戦をバックアップするのが、3色に仕上げることで得た3種類の除去。《魔性/Bedevil(RNA)》《屈辱/Mortify(RNA)》《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt(XLN)》と、重めながらも汎用性の高い除去を多く採用することで、クリーチャーだけではなく、アーティファクト、エンチャント、PW…メインから触ることのできる幅を広げている。これらの汎用性の高い除去によって相手の防御網をこじ開け、騎士と天使によるアタックを叩き込むのだ。

 

「クリーチャーのどこを引いてもカッコいい」このデッキ。序盤から《善意の騎士/Knight of Grace(DOM)》⇒《ベナリア史/History of Benalia(DOM)》⇒《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice(GRN)》…な~んて動けたら、もう最高だろうね!

 

 

参考

マルドゥナイツ・アンド・エンジェルス by 白鳳
http://teamys.net/top/deckall.php/STANDARD/1/1550820/
※敬称略

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.