【Landiary-20】マジックモチーフのスマホアプリ『Valor's Reach』が海外で配信開始!

投稿日:

『Valor's Reach』プレイ動画

 

 

先日発表された、マジックを題材としたスマホアプリ『Valor's Reach』

国内でのリリースはまだですが、海外ではAndroid版が先行リリースされているようで、さっそくプレイ動画がyoutubeに上がっていました。中でもこちらの動画が全体的なゲームの流れを掴みやすかったためご紹介。

 

ざっと動画で確認した印象としては、マジックのゲームそのままをスマホアプリ向けにアレンジしているのではなく、あくまでもマジックをモチーフにした新しいデジタルカードゲームに仕上がっています。ゲーム開発は「MARVEL Strikeforce」を手がけるSeismic Games社と共同制作のようです。昨今の「MTGアリーナ」といい、マジックはデジタルゲームに注力していますね。

 

動画でもわかるように、最近のトレンドである横型ではなく画面を縦にして遊ぶようです。土地は無く、各ターンの開始に「Mana Bond」として1マナずつ増えていくスタイル。選んだPWによって使用できるカードが決まっており、チャンドラであれば赤と無色のカードのみデッキに入れられるシステムです。「トランプル」など、マジックお馴染みの能力もあります。インスタント・タイミングの概念はなく、正直なところ全体的にハースストーンに似ているかなぁ、というのが第一印象です。

 

ゲームのテンポが良さそうなので、国内でのリリースが楽しみです!

ただ、マジックに関するゲームが増えてさまざまなプラットフォームで遊べるようになるのは歓迎ですが、MO、MTGアリーナ、Valor's Reach…資産が分散してしまうのはちょっと困りますね。個人的にはMTGアリーナのスマホ版のリリースを諦めないでほしいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

今日のお買い物

 

今日のお買い物は《類似の金床/Semblance Anvil(SOM)》です。今回は珍しく旧枠でないカードを。

 

《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks(5DN)》を失ったアイアンワークス、通称:「スロットマシーン」のキーカードですね。代わりが効かないカードなので、再録されるまではじわじわと上がっていくのかなと思っています。相方の《研磨基地/Grinding Station(5DN)》はアンコモンなので、こちらの方が優先度は高いかなと思いプレイド品を購入。正直「スロットマシーン」をすぐに組む気はないのですが、後になって悔やむよりはとりあえず揃えておこうというスタイルです。

コンボの相方となる《研磨基地/Grinding Station(5DN)》はアンコモンなので、まだ猶予はあるはず…。とはいえどこか大きな大会で「スロットマシーン」が結果を残してしまうと手遅れなので、どこかのタイミングでそちらも揃えなくては。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-管理人の日記, 読み物
-, ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.