12 Knights(12ナイト/黒ver)【デッキセレクション for ミドルスクール】

投稿日:

 

デッキリスト

12 Knights by Tom Chanpheng

Creatures (19)
Black Knight
Erg Raiders
Hypnotic Specter
Order of the Ebon Hand
Knight of Stromgald

Spells (20)
Choking Sands
Contagion
Dark Ritual
Drain Life
Hymn to Tourach
Terror
Bad Moon
Necropotence
Nevinyrral's Disk
Lands (21)
16 Swamp
Strip Mine
Mishra's Factory

Sideboard (15)
Black Vise
Contagion
Demonic Consultation
Dystopia
Gloom
Infernal Darkness
Necropotence
Zuran Orb

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

 

Black Knight / 黒騎士 (黒)(黒)

クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

先制攻撃(このクリーチャーは、先制攻撃を持たないクリーチャーより先に戦闘ダメージを与える。)
プロテクション(白)(このクリーチャーは白のものに対して、ブロックされず、対象にならず、ダメージを与えられず、エンチャントされない。)

2/2

Knight of Stromgald / ストロームガルドの騎士 (黒)(黒)

クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

プロテクション(白)
(黒):ストロームガルドの騎士はターン終了時まで先制攻撃を得る。
(黒)(黒):ストロームガルドの騎士はターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

2/1

 

前回紹介した「12 Knights(白ver)」と異なり、今回は「12 Knights(黒ver)」だ。プロツアー:ダラス96にて活躍したデッキの一つで、その名の通りこちらも3種12枚の騎士・クリーチャーを投入されたデッキなのだが、採用されている騎士・クリーチャーは全て「黒」である。

 

基本的な戦術としては、これらの騎士・クリーチャーと、《アーグの盗賊団/Erg Raiders(4ED)》のようなマナレシオに優れたクリーチャーを素早く横展開し、《不吉の月/Bad Moon(4ED)》で強化して殴る。サイズで突破できない場合は相手のブロッカーを《恐怖/Terror(4ED)》や《Contagion(ALL)》でどかし、早いターンから攻め立てていく。

 

前のめり一辺倒なデッキかというとそうではなく、白単色から黒単色にしたことで得られているのは「ハンデス手段」。ミドルスクールでは使えないが、《暗黒の儀式/Dark Ritual(ICE)》から《惑乱の死霊/Hypnotic Specter(4ED)》と《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach(FEM)》といった強力なハンデス手段を叩きつけ、相手の手札をズタボロにしていく。そして、「12 Knights(白ver)」で採用されていたマナ否定戦略は《押し寄せる砂/Choking Sands(MIR)》により健在。《沼/Swamp》を破壊できないという弱点はあるものの、特殊地形が蔓延るミドルスクールにおいては対象に困らないはずだ。

 

そして、息切れ対策にあの《ネクロポーテンス/Necropotence(ICE)》も採用されている。黒単色だからこそできる技とも言えるが、ウィニーデッキの弱点である手札消費の激しさを完全にカバーできてしまう。それだけ《ネクロポーテンス/Necropotence(ICE)》が強力だということなのだが…なんというかずるい。

 

 

 

さて、ミドルスクール用の「12 Knights(黒ver)」の強化プランを考えてみよう。

まずは騎士・クリーチャーだが、残念なことにミドルスクール準拠のカードで黒い「騎士・クリーチャー」は白以上に数が少なく、その中でプレイアブルなものとなると厳しいものである。…となると騎士以外のクリーチャーを探していくことになるのだが、早めに展開して高打点を叩き出したいのであれば《ナントゥーコの影/Nantuko Shade(TOR)》などがお勧め。場に出た次のターンには4/3のサイズで殴ることができ、中盤以降は余ったマナを打点に効率よく変換することが可能だ。

 

他にも、デメリット持ちながら優秀なマナレシオを持つカードでいえば《走り回るスカージ/Skittering Skirge(USG)》や《走り回る怪物/Skittering Horror(UDS)》などが挙げられる。優秀なカードであることは間違いないが、「12 Knights」の意味が揺らいでしまうので入れすぎには注意しよう。

 

そのほかのスペルとしては、ハンデス手段のバリエーションが増えているので《強迫/Duress(USG)》《陰謀団式療法/Cabal Therapy(JUD)》などをお好みで。また、全体的に「スーサイド・ブラック」の要素を取り込んでもいい。ミドルスクールでは《暗黒の儀式/Dark Ritual(ICE)》が禁止カードに指定されているため当時ほどのスピードは出せないものの、《憎悪/Hatred(EXO)》はアタックが決まれば一撃で相手を沈めうる強力なカードだ。序盤から数で攻めるこのデッキとは相性がいいはず。

 

 

参考

12 Knights by Brian Hacker
プロツアーダラス96 ベスト4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, ミドルスクール
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.