【モダン/デッキ供養】nWo/ナイトメアサバイバル・リヴァイブ:様々なクリーチャーによるシルバーバレット戦術

投稿日:

 

デッキリスト

nWo/ナイトメアサバイバル・リヴァイブ by Landa

Creatures (31)
Birds of Paradise
Gaddock Teeg
Thalia, Guardian of Thraben
Sylvan Caryatid
Fauna Shaman
Duskwatch Recruiter//Krallenhorde Howler
Squee, Goblin Nabob
Vryn Wingmare
Reclamation Sage
Doomed Necromancer
Magus of the Moon
Sparkhunter Masticore
Thalia, Heretic Cathar
Shriekmaw
World Breaker
Dryad Arbor

Spells (7)
Abrupt Decay
Evolutionary Leap
The Eldest Reborn
Lands (22)
Ancient Ziggurat
Windswept Heath
Temple Garden
Plains
Verdant Catacombs
Forest
Swamp
Godless Shrine
Overgrown Tomb
Stomping Ground

Sideboard (0)

◆日本語リスト

【クリーチャー】
4 極楽鳥
1 ガドック・ティーグ
1 スレイベンの守護者、サリア
4 森の女人像
4 獣相のシャーマン
3 薄暮見の徴募兵//爪の群れの咆哮者
1 ゴブリンの太守スクイー
1 ヴリンの翼馬
1 再利用の賢者
4 宿命のネクロマンサー
1 月の大魔術師
1 灯狩人のマスティコア
1 異端聖戦士、サリア
2 叫び大口
1 世界を壊すもの
1 ドライアドの東屋

【スペル】
3 突然の衰微
2 進化の飛躍
2 最古再誕

【土地】
4 古代の聖塔
4 吹きさらしの荒野
2 寺院の庭
1 平地
4 新緑の地下墓地
2 森
1 沼
1 神無き祭殿
2 草むした墓
1 踏み鳴らされる地

【サイドボード】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

まえがき

 

皆さんは往年の名デッキ、「nWo」をご存知でしょうか。

元々は《自然の秩序/Natural Order(VIS)》をキーカードとし、大型クリーチャーを叩きつける速攻タイプのデッキが始まりでした。デッキ名はこの《自然の秩序/Natural Order(VIS)》と、プロレス団体である「new World order」をかけたものと言われています。

 

しかし、『エクソダス』にて《適者生存/Survival of the Fittest(EXO)》《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare(EXO)》を獲得したことによって、CIP/ETB能力を持つクリーチャー(通称:187クリーチャー)を状況に応じて使い分けるという「コントロール色の強い」デッキへと進化。より対応力の高いデッキへと昇華していきます。

この《適者生存/Survival of the Fittest(EXO)》と《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare(EXO)》の2枚が入ったタイプ(中期型)は「ナイトメア・サバイバル」とも呼ばれており、多くの方はこちらの呼び方のほうがピンと来るかもしれません。Brian Selden氏がこのデッキを駆り世界選手権で優勝していることからも、このデッキの強力さが伺えます。そのあまりの強さから、《繰り返す悪夢/Recurring Nightmare(EXO)》は禁止カードへ…。

 

 

しかし、エンジンとなる《適者生存/Survival of the Fittest(EXO)》は生き残ったため、墓地からカードを復活させるギミックは《棺の女王/Coffin Queen(TMP)》《犠牲/Victimize(USG)》《生ける屍/Living Death(DDE)》が引き継ぎました。さらに『ウルザ・ブロック』では《なだれ乗り/Avalanche Riders(ULG)》のような強力な187クリーチャーが多数収録されたため、『ミラージュ・ブロック』がスタン落ちしても、デッキパワーの高さは健在でした。ちなみに、この後期型を「サバイバル・デス」と呼びます。

 

前置きが長くなってしまいましたが、今回も往年の名デッキを現代に復活させるチャレンジとして、「nWo」ライクなデッキをモダン環境で組んでいきます。というわけで今回のデッキ供養は「ナイトメア・サバイバル・リヴァイブ」

 

 

●nWoの派生デッキはこちら

【初期型:ナチュラル・デス】

nWo(初期型/ナチュラルデス)【デッキセレクション for ミドルスクール】

デッキリスト   解説   Natural Order / 自然の秩序 (2)(緑)(緑) ソーサリー この呪文を唱えるための追加コストとして、緑のクリーチャーを1体生け贄に捧げる ...

続きを見る

【中期型:ナイトメア・サバイバル】

nWo(中期型/ナイトメア・サバイバル)【デッキセレクション for ミドルスクール】

  デッキリスト   解説   Survival of the Fittest / 適者生存 (1)(緑) エンチャント (緑),クリーチャー・カードを1枚捨てる:あなた ...

続きを見る

【後期型:サバイバル・デス】

nWo(末期型/サバイバル・デス)【デッキセレクション for ミドルスクール】

  デッキリスト   解説   Coffin Queen / 棺の女王 (2)(黒) クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ウィザード(Wizard) あなたは、あな ...

続きを見る

 

【BOX】MTG ゼンディカーの夜明け ドラフト・ブースター 日本語版

解説

 

「まずは先人に学べ」というわけで、過去の「ナイトメア・サバイバル」のデッキ内容を整理していきます。

大きく分けて、「ナイトメア・サバイバル」のいくつかの要素に分解すると、以下の4つになります。

 

①序盤を支えるマナ加速手段

②状況に応じたクリーチャーのサーチ手段

③墓地からのクリーチャーの復活手段

④多種多様な187クリーチャーによるシルバーバレット戦術
(ETB/CIP持ち生物)

 

 

 

《極楽鳥/Birds of Paradise(M10)》
《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》

 

まず、「①序盤を支えるマナ加速」については《極楽鳥/Birds of Paradise(M10)》《森の女人像/Sylvan Caryatid(THS)》をそれぞれフル投入。土地に付けるオーラなど他にもマナ加速手段はありますが、クリーチャー主体のデッキである以上マナ・クリーチャーを多めに採用することにしました。結果的に4色の多色デッキとなったため、任意の色マナを出せるようにセレクトしています。

 

 

 

《獣相のシャーマン/Fauna Shaman(M11)》
《進化の飛躍/Evolutionary Leap(ORI)》
《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》
《宿命のネクロマンサー/Doomed Necromancer(10E)》

 

続いては「②状況に応じたクリーチャーのサーチ手段」と、「③墓地からのクリーチャーの復活手段」の2つ。

サーチ手段は、《適者生存/Survival of the Fittest(EXO)》の能力を内蔵した《獣相のシャーマン/Fauna Shaman(M11)》を使わない手はありません。しかしながら《獣相のシャーマン/Fauna Shaman(M11)》のサーチの能力はタップ能力のため、1ターンに1度しか起動できないという弱点があります。サーチ手段が心もとないので、確定サーチでは無いものの《進化の飛躍/Evolutionary Leap(ORI)》《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》の2枚を追加で採用しています。

本家と比べて使用感は落ちますが、《進化の飛躍/Evolutionary Leap(ORI)》は相手の除去に合わせて使い、《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》は余ったマナをクリーチャーに変えることでアドバンテージを稼げます。

 

 

また、クリーチャーを墓地から復活させる手段として《宿命のネクロマンサー/Doomed Necromancer(10E)》を採用。

クリーチャーであるため除去されやすいという弱点はあるものの、インスタントタイミングでリアニメイトが可能なユニークなカードです。他にも、《最古再誕/The Eldest Reborn(DOM)》を数枚採用し除去・ハンデス・リアニメイト、3つの役割を1つのカードスロットに集約しました。

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥3,950 (2020/09/22 21:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg(LRW)》
《再利用の賢者/Reclamation Sage(M19)》
《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》
《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar(EMN)》
《月の大魔術師/Magus of the Moon(FUT)》
《ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare(M21)》
《灯狩人のマスティコア/Sparkhunter Masticore(M21)》
《叫び大口/Shriekmaw(LRW)》

 

マナ加速とメインエンジンの準備が整ったので、あとはお好きな187クリーチャーを詰め込むだけ。ただし、ここは仮想敵によって大きく変わる部分だと思います。

とりあえずたたき台として、アーティファクト/エンチャント破壊、PW対策、クリーチャー対策などなど…色々詰め込んでみました。ETB/CIP能力持ちのカードだけでなく、《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)》《ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare(M21)》などの「相手のマナを咎められるようなカード」も多く採用しています。これらのカードを臨機応変に使い分けて、常に変わる戦況に対応していきます。

 

テスト段階では少々器用貧乏で、決め手に欠ける場面が多かったのでもう少しパンチのあるカードを採用したいところ。明確なフィニッシャーをもう1枚採用しないとダメかな、と考えてます。他にも、シルバーバレット戦術で繰り出すクリーチャーを3マナ以下に抑えれば、《集合した中隊/Collected Company(DTK)》が採用できたりもしますね。とっさに組んでみたものの、まだまだ改善の余地がありそうです。

 

 

というわけで、今回は「ナイトメアサバイバル・リヴァイブ」でした。

ナイトメアもサバイバルも当然入っていないのですが、雰囲気ぐらいは再現できたのかなと思います。もっといい形があれば是非教えてください!それではまた次回のデッキ供養でお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥13,200 (2020/09/22 18:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

参考

なし

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『基本セット2021』:2020年7月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『イコリア:巨獣の棲処』:2020年4月17日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『テーロス還魂記』:2020年1月24日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2020 AllRights Reserved.