【Landiary 6】MTG ミドルスクール:ハンデス対策カード

投稿日:

ハンデス強すぎ問題

 

今日はミドルスクールのハンデスの話です。

いやほんと、ハンデス強すぎません??(挨拶)

 

なんてったって《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach(FEM)》がいけない。全部こいつが悪いです。ヒムを許すな。ダブルシンボルという一応の制約はあるものの、2マナなので序盤から撃てて、確実に1:2交換のカード・アドバンテージを取れるハンデス。おまけにランダムディスカードというのがその凶悪さに拍車をかけていて、序盤で最も重要な土地を抜かれてゲーム・エンド...みたいな形も多いと思います。

 

というわけで、ミドルスクールで使える「ハンデス対策」をまとめてみました。もちろん「マッドネス」持ちのカードや「フラッシュバック」持ちのカードはハンデス対策にはなりうるのですが、それ以外で単品で利用できそうなカードを並べてます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ミドルスクールで使用できるハンデス(手札破壊)対策カード

 

Library of Leng / レンの書庫 (1)

アーティファクト

あなたの手札の上限は無い。
効果によってあなたがカードを捨てさせられた場合、あなたは、そのカードを捨てるか、それをあなたの墓地に置く代わりにあなたのライブラリーの一番上に置いてもよい。

まずは《レンの書庫/Library of Leng(4ED)》。手札上限が無くなるのと、捨てられたカードをライブラリートップに置くかどうかを決められますが、流石にこれにスロット割くかというと...。結局アドバンテージを失ってますしね。

 

 

Guerrilla Tactics / ゲリラ戦術 (1)(赤)

インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゲリラ戦術はそれに2点のダメージを与える。
対戦相手がコントロールする呪文や能力によって、あなたがゲリラ戦術を捨てさせられたとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ゲリラ戦術はそれに4点のダメージを与える。

《ゲリラ戦術/Guerrilla Tactics(ALL)》、通称ゲリタクです。は2マナ2点と火力にしては効率が悪めですが、捨てられると4点火力に早変わり。《癇しゃく/Fiery Temper(TOR)》と似てますが、コストが要らない点と、誘発型能力であり唱えているわけではない点が特徴です。個人的には渋くて好き。

 

 

Sand Golem / 砂のゴーレム (5)

アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

対戦相手1人がコントロールする呪文や能力によって、あなたが砂のゴーレムを捨てさせられたとき、次の終了ステップの開始時に、あなたの墓地にある砂のゴーレムを、その上に+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に戻す。

3/3

《砂のゴーレム/Sand Golem(MIR)》は後述する《十二足獣/Dodecapod(APC)》のほぼ下位互換なので使われないでしょう。

 

 

Mangara's Blessing / マンガラの祝福 (2)(白)

インスタント

あなたは5点のライフを得る。
対戦相手がコントロールする呪文や能力によって、あなたがマンガラの祝福を捨てさせられたとき、あなたは2点のライフを得るとともに、次の終了ステップの開始時にあなたの墓地にあるマンガラの祝福をあなたの手札に戻す。

《マンガラの祝福/Mangara's Blessing(MIR)》は終了ステップに墓地から回収できるため手札の数が減らないのが特徴ですが、どちらにせよやっていることはライフゲインでしかないので入れる余裕はないですね。ライフゲインが勝ち手段になるデッキが組めれば別ですが、それでもやっぱり厳しいと思います。

 

 

Metrognome / メトロノーム (4)

アーティファクト

対戦相手1人がコントロールする呪文や能力によって、あなたがメトロノームを捨てさせられたとき、無色の1/1のノーム(Gnome)・アーティファクト・クリーチャー・トークンを4体生成する。
(4),(T):無色の1/1のノーム・アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体生成する。

《メトロノーム/Metrognome(USG)》は捨てられると誘発型能力で1/1トークンを4個ばらまきます。普通に使ってもトークン生成器として使えますが、4マナ+自身タップで1/1トークン1体なので、マナ効率・テンポともに悪いです。

 

 

Spiritual Focus / 霊的焦点 (1)(白)

エンチャント

対戦相手1人がコントロールする呪文や能力によってあなたがカードを1枚捨てさせられるたび、あなたは2点のライフを得るとともに、カードを1枚引いてもよい。

《霊的焦点/Spiritual Focus(MMQ)》は先出しのエンチャントなので奇襲性は低いです。書いてあることは一見良いことずくめなのですが、このカードが貼られている状態で相手が都合よくハンデスを撃ってくれるわけもなく。実際は抑止力に留まるのかなと思っています。これが出ていると《惑乱の死霊/Hypnotic Specter(4ED)》系統のクリーチャーの大半が置物と化しますね。

 

 

Dodecapod / 十二足獣 (4)

アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

対戦相手がコントロールする呪文や能力によって、あなたが十二足獣を捨てさせられる場合、十二足獣をあなたの墓地に置く代わりに、その上に+1/+1カウンターを2個置いた状態で戦場に出す。

3/3

《十二足獣/Dodecapod(APC)》は捨てられると5/5のサイズで登場。5/5ともなればフィニッシャー級と呼ぶに値するサイズですし、これがノーコストで戦場に出せるのは優秀です。一応4マナ3/3と最低限のスペックを持ち、色を選ばないアーティファクトである点も評価ポイントだと思います。クリーチャー主体のビートダウンならサイドに忍ばせても面白そうです。いいなあこれ。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-管理人の日記, 読み物
-, , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.