【レビュー】MINTトップローダーバインダー:ローダーに入れたままカードをファイリング

投稿日:2019年2月16日 更新日:

 

ローダーに入れたカードの保管方法は?

 

コレクターならば共感してもらえるはずだが、「トップローダー」に入れたカードの保管方法に困ったことはないだろうか。

 

ローダーはスタンダードサイズのスリーブよりも遥かに大きいため、一般的なカードケースには当然入らない。かといってファイリングするためにローダーを外し、あらゆるダメージに対する防御力を落とすわけにもいかない…。管理人:Landaも泣く泣く大型カードケースの余った収納スペースや、100均で購入していたプラスチック製のハードケースにローダーごと収納して保管していた。

 

しかし、トップローダーに入れたカードの保管に便利な「あのアイテム」が数年ぶりに再販していることを知り、早速購入!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

MINT トップローダーバインダー

 

その名も、「ミント(MINT) トップローダーバインダー」。

商品名が表している通り、カードをローダーに入れたままファイリングできる専用のバインダーだ。数年前にGPで一度見かけたことがあり、ずっと探していた商品なのだが、ようやく今月(2019年2月)に再販。商品ページを見る限り、初版は2014年の7月に販売されていたらしい。価格は2,700円(税込み)

 

 

 

一般的なバインダーと異なり、スリーブカバー付き。バインダーを立てて保管しても、埃やゴミがファイル内に侵入しないのはGOOD。また、カードの落下も防げるのも嬉しい。ちなみに、カバーを付けた状態でのサイズは29.5mm×22.5mm×3.8mm。

 

 

 

ファイルを開くと、中にはトップローダーに対応した4ポケットシートが12枚入っている。一般的な3×4サイズのトップローダーが合計4×12=48枚収納でき、厚さも通常仕様から130pt仕様まで対応。大抵のローダーはカバーできるはずだ。

 

 

 

このサイズ感を見ればわかるように、バインダーの面積に対して4ポケットシートが占める面積が小さい。カードを外力から守るためのバッファーや余白という意味合いもあると思うが、「トップローダーに入れたカードをコンパクトに、大量に収納したい」というコレクターには向かない。それでも、「ローダーに入れて綺麗にファイリングし、眺めることができる」というのはこの商品の大きなメリットだ(購入して気に入ったので、もう1個注文済み)。ローダーに入れたカードの保管に困っているコレクターの方は是非。

 

【良いところ】

・ローダーを入れたままファイリングし、眺めることができる
・埃やカード落下を防ぐスリーブカバー付き
・130ptまでのローダー厚みに対応

 

【悪いところ】

・収納枚数に対するコスパは悪い(2,700円で48枚収納)
・ポケットシートに対する余白が大きいのでかさばる

 

MINTオリジナル トップローダーバインダー

価格:2,700円
(2019/2/16 08:57時点)
感想(1件)

参考

ミントプラス:MINTオリジナル トップローダーバインダー
https://item.rakuten.co.jp/mintplus/10005652/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-読み物, 購入品
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.