【レガシー】Road to Lands!管理人の「土地単」構築までの道:Part1

投稿日:2019年12月14日 更新日:

 

そうだ、土地単を組もう。

 

さて、前回の記事にてお伝えした通り、ひょんなことから「名前の長い土地」こと《The Tabernacle at Pendrell Vale(LEG)》を入手してしまいました。

【MTGくじ・オリパ開封】トレトク:MTG鬼アドくじ(2019年11月分)で大勝負!

  トレトク:MTG鬼アドくじ(2019年11月分)   さて、今回は久々にトレトクさんのくじで勝負! 「爆アドくじ」が定番となっているトレトクさんだが、今回(11/25〜11/2 ...

続きを見る

 

これにより以前から憧れていたレガシーの「土地単」構築のハードルが大きく下がったため、せっかくなので少しずつカードを買い集めて「土地単」の完成を目指していこうと思います。くじで高額カードを当ててしまったがために下環境のデッキを組むハメになる…というのは多くのプレイヤーが体験しているはず。

 

今回わざわざ記事にしているのは、こうしてサイト上に記録を残しておくことで、退路を完全に断つ寸法です。もちろん数十万を一度にぶっこんでしまえばPart1で即完結!…なのですが、そこまで大金をポンとは出せないので、できるところから少しずつ…。突然更新が途絶えてしまったら、「おい土地単どうなった」と喝を入れて頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

まずは参考にするリストから

土地単 by Hori Masataka

Creatures (0)

Spells (26)
Crop Rotation
Gamble
Life from the Loam
Punishing Fire
Exploration
Sylvan Library
Manabond
Molten Vortex
Mox Diamond
Lands (34)
Grove of the Burnwillows
Thespian's Stage
Wasteland
Rishadan Port
Dark Depths
Taiga
Maze of Ith
The Tabernacle at Pendrell Vale
Bojuka Bog
Ghost Quarter
Glacial Chasm
Karakas
Field of the Dead
Blast Zone
Tranquil Thicket
Verdant Catacombs
Windswept Heath
Wooded Foothills
Forest

Sideboard (0)

◆日本語リスト

【クリーチャー】

【スペル】
4:《輪作》
4:《ギャンブル》
4:《壌土からの生命》
3:《罰する火》
3:《踏査》
2:《森の知恵》
1:《マナ結合》
1:《溶鉄の渦》
4:《モックス・ダイアモンド》

【土地】
4:《燃え柳の木立ち》
4:《演劇の舞台》
4:《不毛の大地》
3:《リシャーダの港》
3:《暗黒の深部》
2:《Taiga》
2:《イス卿の迷路》
1:《The Tabernacle at Pendrell Vale》
1:《ボジューカの沼》
1:《幽霊街》
1:《Glacial Chasm》
1:《カラカス》
1:《死者の原野》
1:《爆発域》
1:《平穏な茂み》
1:《新緑の地下墓地》
1:《吹きさらしの荒野》
1:《樹木茂る山麓》
1:《森》

【サイドボード】
1:《死者の原野》
1:《古えの遺恨》
2:《エルフの開墾者》
2:《クローサの掌握》
1:《真髄の針》
1:《紅蓮破》
1:《赤霊破》
4:《抵抗の宝球》
1:《外科的摘出》
1:《不屈の追跡者》

 

まずはどのリストを参考にするかですが、色々リストを見て回った結果、12/8にKMC(Known Magician's Clan)で優勝したばかりの最新のリストを参考にすることに決めました。鮮度・実績ともに申し分なしです!

そして、上記のリストをふまえて管理人:Landaのカード資産と照らし合わせた結果、以下のカードが不足していることがわかりました。

 

【不足スペル】
1:《輪作》
3:《壌土からの生命》
2:《踏査》
1:《マナ結合》
1:《溶鉄の渦》
4:《モックス・ダイアモンド》

【不足土地】
3:《燃え柳の木立ち》
1:《不毛の大地》
3:《リシャーダの港》
3:《暗黒の深部》
1:《Taiga》
1:《Glacial Chasm》
1:《死者の原野》

【不足サイドボード】
1:《死者の原野》
1:《エルフの開墾者》
4:《抵抗の宝球》

 

 

うーん…こうして見ると結構持ってないですね。

最大のハードルである《The Tabernacle at Pendrell Vale(LEG)》は突破できているとはいえ、《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond(STH)》4枚とデュアルランドである《Taiga(3ED)》が立ちはだかります。数千円クラスの《踏査/Exploration(USG)》《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》《暗黒の深部/Dark Depths(CSP)》も枚数が必要なので辛い所です。なお、《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》や《不毛の大地/Wasteland(TMP)》辺りは「デスタク」を組んでいるので流用可能なのですが、デッキ間でのカードのシェアが面倒なため新たに揃えることにしました。こうして出費が増えていく。

 

ちなみに、晴れる屋さんで不足カードを片っ端からカートに突っ込んでみたところ、不足カード全てで178,360円という金額を叩きつけられました。現実は厳しい。奇跡を起こしてどうにかゼロを1個減らせないですかね?

もちろんニアミントで全て揃えた場合の価格ですが、流石にポンと出せそうな金額ではございません。セレクトバグとかで手元の《モックス・タンタライト/Mox Tantalite(MH1)》が《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond(STH)》に変わったらいいのになぁ。デッキの上から13番目に置いてセレクトBBみたいな。

 

 

というわけで今回は「土地単」完成までの道のりをあらためて確認することができました。持っていたつもりのパーツが実は無かったりで全然カードが揃っていなかったです。道のりは長そうですが、めげずに少しずつ揃えてまいります!

 

 

参考

KMC(Known Magician's Clan)
http://mtgkmc.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『イコリア:巨獣の棲処』:2020年4月24日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『テーロス還魂記』:2020年1月24日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-管理人の日記, 読み物
-, , ,

Copyright© 紙束MTG , 2020 AllRights Reserved.