【Landiary-49】『基本セット2020』:《Colossus Hammer》と相性の良いカードを見つけよう選手権

投稿日:2019年6月24日 更新日:

令和のクソハン:《Colossus Hammer》の相棒を見つけよう

《Colossus Hammer》(1)

アーティファクト – 装備品

装備しているクリーチャーは+10/+10の修整を受けるとともに飛行を失う。
装備(8)

 

『基本セット2020』収録カードのプレビューが連日行われていますが、先日公開された「令和のクソハン」こと《Colossus Hammer》が話題です。モダンといえば《甦る死滅都市、ホガーク/Hogaak, Arisen Necropolis(MH1)》搭載のドレッジヴァインが凄まじい成績を残しており騒がれていたばかりですが、新しいオモチャを発見したとたんにこの始末。これだからモダン民は…!

 

…というわけで唐突に「《Colossus Hammer》と相性の良いカードを見つけよう選手権」開幕です!

 

●基本セット2020/日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●基本セット2020/英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●基本セット2020/バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●基本セット2020/PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

1ターン目に出せる装備対象の候補

 

1ターン目から出せて、《Colossus Hammer》の装備対象として良さそうなのは感染持ちの1マナクリーチャーである《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf(NPH)》や、装備している限り二段攻撃を持つようになる《コーの決闘者/Kor Duelist(ZEN)》の2枚。どちらも《Colossus Hammer》を装備した状態でダメージが通れば相手を一撃で葬り去ることができます。

 

 

装備コストを踏み倒せるカード

 

《シガルダの助け/Sigarda's Aid(EMN)》

⇒1ターン目に《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf(NPH)》あるいは《コーの決闘者/Kor Duelist(ZEN)》を出し、2ターン目に《シガルダの助け/Sigarda's Aid(EMN)》⇒《Colossus Hammer》と動くことで2ターンキル。クソハンコンボとしては最速です。

 

《コーの装具役/Kor Outfitter(ZEN)》

⇒《Colossus Hammer》を先出ししておく必要はありますが、好きな対象に装備コストを踏み倒しつつつけることができます。癖が無く使いやすいです。

 

《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin(NPH)》

⇒0マナアーティファクト(装備品)主体のチェインコンボデッキ:「ピュアスティールコンボ」のキーカードです。金属術の達成により装備コストを踏み倒せますが、《Colossus Hammer》とのコンボを狙うというよりは「ピュアスティールコンボ」に勝ち手段が一つ増えたという印象。

 

《カズールの徴収者/Kazuul's Toll Collector(OGW)》

⇒ソーサリータイミング限定ですが、装備品を装備コストを踏み倒して自分に付けられる能力を持っています。自身は回避能力を何も持っていないのが少々残念。

 

《放浪の騎士、バーラン/Balan, Wandering Knight(C17)》

⇒「統率者2017」収録なのでレガシー以下でしか使えません。2マナで自分がコントロールしている全ての装備品を自分に付ける能力を持っていますが、2つ以上の装備品を装備していれば二段攻撃が付きます。《Colossus Hammer》での修正値込みの二段攻撃は人が死ぬレベルなので是非狙っていきたいところ。

 

《石切りの巨人/Stonehewer Giant(MOR)》

⇒EDHではお馴染みのクリーチャー。5マナとラインナップの中では最重量級ですが、キーカードの《Colossus Hammer》をライブラリーからサーチ⇒コストを踏み倒して好きなクリーチャーに装備…という流れるような動作が美しいです。実質このカードのみの1枚コンボのようなので、マナに余裕があれば十分強力です。

 

《武器庫の自動機械/Armory Automaton(C16)》(提供:@kinositatree氏)

⇒使用できる環境としてはレガシー以下に限られますが、色を選ばないアーティファクト・クリーチャーという点が最高です。これにより、クソハンコンボがどの色でも採用できることになりました。デッキを組み上げたとき、「なにかパンチが足りないな」と思ったらとりあえずクソハンセットをぶち込んでおきましょう。

 

《ヴァルショクの戦場の達人/Vulshok Battlemaster(MRD)》(提供:@5hosokawa氏)

⇒戦場に出た際に、コントローラーを問わず戦場の全ての装備品を自身に付けることができます。つまり、クソハンコンボを倒すために生まれたアンチクソハン要員でもあります。このコンボが環境を圧巻するようなことがあればサイドボードに引っ張りだこになるはずなので、今から買い揃えて高騰に備えましょう。地味に速攻が付いていて殺意に溢れているのもマル。

 

 

他になにか面白そうなカードがあったら教えてください。適宜追加します。
クソハンデッキを世に生み出すのは君だ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, ニュース, 読み物
-, , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.