【Landiary 5】MTG ミドルスクール:安かったら買っとけリスト

投稿日:

ストレージを漁れッッ!!

 

最近の私といえば、ミドルスクールのパーツを買いそろえるべくちょこちょことショップに足を伸ばしてはストレージを漁る日々です。特に固定のショップがあるわけではなく、ふらふらと色々なショップを回っているのですが、まだまだミドルスクールはローカルなカジュアルフォーマットの域を出ないのか、浸透していない模様。ショップによってはスタンダードの大会ですら人を集めるのが大変だと言っているぐらいなので、当然と言えば当然ですが…。将来的に、フロンティアよりは流行ってほしいところ。

 

さて、最近ミドルスクール準拠のカードを買い漁っている私ですが、個人的に「これは安かったら今のうちに買っとけ!!」というカードをまとめてみました。…というのも、ミドルスクールがまだ人権を得ていないので、ショップのストレージをチェックしても完全に値段がバラバラです。きちんとミドルスクール需要を見越してそれなりの値段にしているショップもあれば、レガシーやEDHで使われていないカードだからという理由でまだ投げ売り状態のショップもあります。今後ミドルスクール需要が爆発する前に、安いのを見つけたら是非買っておきましょう。

もちろん完全に独断と偏見でチョイスしておりますし、自分のデッキに合う/合わない、そもそもFoilなんていらねーよ、なんて意見もあると思います。ぜひ温かい目で見てください。

 

まずはぱっと思いついたのを書き出してみましたので、他にも思いついたら随時追加します。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

通常セットのカード

 


 

●レガシーで禁止かつミドルスクールでは使えるカード
⇒「【MTG】ミドルスクールで使用できるレガシーの禁止・制限カードまとめ」にリストを載せています。Foilなどにこだわらなければ、レガシーで使えないカードはまだまだ安いです。

《大地の知識/Earthcraft》
《大あわての捜索/Frantic Search》
《噴出/Gush》
《隠遁ドルイド/Hermit Druid》
《神秘の教示者/Mystical Tutor》
《ネクロポーテンス/Necropotence》
《ドルイドの誓い/Oath of Druids》
《適者生存/Survival of the Fittest》

 


 

●特定のデッキのキーカード
⇒こればかりは自分が組みたいデッキによる、としか言えないので全てを載せきれませんが、過去に一線級で活躍したカードであっても、現状のレガシーフォーマットやEDHで人気のあるカード以外はまだまだ安いです。裏を返せば、レガシーおよびEDH需要とバッティングしていないカードが多いデッキは、現状かなりの格安で組めるということでもあります。一世を風靡したデッキは記憶に残りやすく、ミドルスクールは昔を懐かしむフォーマットという性質上、各時代を制したデッキを組むプレイヤーは多いはず。キーカードは揃えておいた方が良さそうです。

 


 

●ダメージランド各種
⇒ミドルスクールの土地基盤を支えるのはダメージランドになると思うので、しっかり揃えておきたいところです。旧枠かつ黒枠で揃えようとするならば、有効色ダメランはアイスエイジ版、対抗色ダメランはアポカリプス版を狙うことになります(《真鍮の都/City of Brass(CHR)》を除く)。カード自体は何度も再録されているのでそこまで高くはないですが、Foilとなると価格帯がぐっと上がります。特に友好色ダメランの旧枠Foilは第7版のものしか存在しないため、非常に高価です。

 


 

●フェッチランド各種(オンスロート版)
⇒ミドルスクールでは相方のギルドランドやデュアルランドが使えないとはいえ、やはりフェッチは強力。オンスロート版の友好色フェッチランドで安めのものを見かけたら買っておいて損はないです。Foilは既に説明不要のプライスなので諦めた方が良いです。

 


 

●特定の基本土地Foil
旧枠基本土地Foilの中にはイラスト人気により価格が非常に高いものがあります。「第7版」「インベイジョン」「オデッセイ」「オンスロート」の基本土地Foilがストレージから格安で出てきたら要チェック。特に人気なのが以下の基本土地で、そこらへんのレアカード並みの価格です。大半は恐らくJohn Avon人気だと思います。

第7版…《島/Island》(No.334)
インエイジョン…《森/Forest》(No.347)
オデッセイ…《平地/Plains》(No.333)
オンスロート…《森/Forest》(No.349)

 


 

●7版(Foil含む)全般
⇒完全に趣味の領域ですが、第7版はFoilが導入された初の基本セットであり、旧枠最後の基本セットでもあります。7版にしかない枠+イラストのカードも多々あって、ここに拘るファンも多いです。既に主要カードの価格はぶっ飛んでいるので、渋いカード…各種《防御円》シリーズや《忍び寄るカビ/Creeping Mold(7ED)》あたりどうですか?

 

 

プロモ類・その他のカード

 


 

●ジャッジ褒賞プログラム
⇒特に旧枠かつオリジナル版ではFoilが存在しないもの。《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(USG)》《稲妻/Lightning Bolt》《直観/Intuition(TMP)》辺りは既に値段が上がり切ってしまっていて辛いので、もう少し手が出しやすいところで。中でも《ドルイドの誓い/Oath of Druids(EXO)》は人気のオースデッキで枚数が必要になってくるので優先度は高めです。

《ドルイドの誓い/Oath of Druids(EXO)》
《天才のひらめき/Stroke of Genius(USG)》
《生ける屍/Living Death(TMP)》
《対抗呪文/Counterspell》
《ボール・ライトニング/Ball Lightning(4ED)》
《アルゴスの女魔術師/Argothian Enchantress(USG)》

 


 

●APACランド
⇒既にいくつかお高い土地もありますが、500~1,000円程度で購入できるものもまだまだあります。

 


 

●ユーロランド
⇒ヨーロッパの風景が描かれた美しい土地。チューリップ畑?が描かれた《平地/Plains》とオランダの風車が描かれた《島/Island》は人気が高く高いですが、それ以外はまずまず。全体的に《山/Mountain》と《森/Forest》が安めです。

 


 

●FNM(フライデー・ナイトマジック)プロモ
⇒《剣を鍬に/Swords to Plowshares》と《ティタニアの僧侶/Priest of Titania(USG)》が高いです。比較的なリーズナブルで狙い目なのは以下。

《白騎士/White Knight》
《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》
《生命吸収/Drain Life(MIR)》
《ジャッカルの仔/Jackal Pup(TMP)》
《モグの狂信者/Mogg Fanatic(TMP)》
《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(4ED)》

 


 

●アリーナFoilプロモ(土地以外)
⇒《悪魔の布告/Diabolic Edict(TMP)》《強迫/Duress(USG)》《マナ漏出/Mana Leak(STH)》は既に高いです。あまり種類がないですが、ラインナップの中では以下が渋くておすすめ。

《走り回るスカージ/Skittering Skirge(USG)》
《呆然/Stupor(6ED)》
《略奪/Pillage(6ED)》

 


 

●初代アリーナランド
⇒5枚のイラストが繋がるということもあって人気です。まとめて売られていることも多いですね。

 


 

●アリーナFoilプロモ(土地)
⇒アイスエイジ、ウルザズ・サーガ、オンスロート版のもの。特にサーガ版は人気が高いですよね。

 


 

●テーマデッキなど
構築済みギフトボックス・シリーズの「Deckmasters」に封入されている旧枠Foilは要チェックです。中でも《ネクロポーテンス/Necropotence(ICE)》の旧枠Foilはここでしか手に入らないです。「ネクロの夏」を生み出した根源となったカードなので、優先度は非常に高いです。《火葬/Incinerate(ICE)》のFoilもここで。

 


 

●金枠カード
⇒「フォーマット概要」にもあるように、ミドルスクールでは金枠カードの使用が認められています。「とりあえず遊びたい」という前提であれば、公式大会で使用できない金枠カードはオリジナルよりも格安で入手することができます。お勧めは以下。それ以外はわざわざ金枠を探すよりもオリジナルを買ってしまった方が早い気がします。

《意志の力/Force of Will(ALL)》
《適者生存/Survival of the Fittest(EXO)》
《厳かなモノリス/Grim Monolith(ULG)》
《裏切り者の都/City of Traitors(EXO)》
《ガイアの揺籃の地/Gaea's Cradle(USG)》
《金属細工師/Metalworker(UDS)》
《リシャーダの港/Rishadan Port(MMQ)》

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-管理人の日記, 読み物
-, ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.