『破滅の刻』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンの除去カードまとめ

投稿日:

 

『破滅の刻』のフルスポイラーが公開:除去カードまとめ

 

プレリリースを翌週に控え、7月14日発売の「破滅の刻』:フルスポイラーが公開された。
破滅の刻:カードイメージ・ギャラリー

 

今回もプレリリースを含むリミテッドの予習を兼ね、コモン・アンコモンの「除去(または、それに近い代用)」カードに着目し、各色ごとに特徴をまとめる。除去はリミテッドにおける重要な要素のひとつ。各種イベントで勝利を収めるために、各自の環境把握・予習に少しでも役立てて貰えれば光栄だ。

 

●『アモンケット』のリミテッド対策の復習はこちらから。
アモンケット:リミテッド攻略記事まとめ(カード評価、除去/バットリ、環境分析)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『破滅の刻』:「白」の除去

   

 

白の除去カードは3種類。

《ギデオンの敗北》は軽いものの色を選ぶためサイド要員だとして、汎用性が高いのは攻撃orブロッククリーチャーに5点のダメージを与える《砂漠波》と、強化版《平和な心/Pacifism(EMA)》とも言うべき《砂漠の拘留》。起動能力まで潰すことができ、砂漠シナジーまで持っている。

 

 

『破滅の刻』:「青」の除去

   

 

青の除去は2種類。

1マナのインスタント・バウンスである《送還》と、2マナでアンタップを抑制するエンチャントである《抑え難い渇き》。前者の使いやすさは言わずもがな、後者は督励クリーチャーの隙を突いて無効化することも。どちらもコモンなので、見かけることは多そうだ。

 

 

『破滅の刻』:「黒」の除去

   

 

流石に除去は黒のお家芸とあって、6種類と多い。

《リリアナの敗北》はサイド要員だが、相手のデッキの色に合えば頼もしい1マナ確定除去に。《禍鞭の懲罰者》は単体でもタフネス1のクリーチャー除去としても使え、能力と組み合わせれば4マナ確定除去としての運用も。《致死の一刺し》はデメリットがあるものの、貴重なコモンの確定除去。

 

《大厄災》は布告系追放除去。ゲーム後半、相手の手札が少ない状態なら、ハンデスのモードに変えて温存している切り札を叩き落とすことも可能。《スカラベの責め苦》は毎ターン相手に①土地でないパーマネント、②手札1枚、③ライフ3点のいずれかを要求する嫌らしいカード。除去としては不安定だが、恒久的にリソースを削ることができるため強力。《毒の責め苦》はタフネス3まで落とすことができ、ボーナスも付いている。4マナダブルシンボルにしては落とせる範囲が狭いが、コモン且つインスタントタイミングで撃つことができるのは貴重。

 

 

『破滅の刻』:「赤」の除去

   

 

赤も除去として働くカードは多く、最多の7種類。

《チャンドラの敗北》は他の敗北サイクルと同じく色対策カード。《かすむ刀剣》はプレイヤー火力が付いているものの、落とせる範囲は2マナでタフネス1までとやや貧弱。《削剥》は2マナのインスタントで3点火力orアーティファクト破壊のモードを選択することができ、隙の無い優秀な火力。

 

《熱烈の苦悶術士》はタフネスが低く落とされやすいのが難点だが、打点だけ見れば高い。膠着状態にあっても恒久的にプレイヤーに火力を飛ばすことができ、督励すればクリーチャーに(1点だけだが)飛ばすことも。《発射》は3マナ3点のインスタント火力で、クリーチャーとプレイヤー、どちらにも撃てるのが嬉しい。《砂かけ獣》は砂漠シナジーで3点火力のボーナスが。単体では4マナ3/3とマナレシオは低めなので、砂漠が多めに取れた場合に。《穿刺の一撃》は4マナ5点火力、しかも追放付き。大抵のクリーチャーはこれで吹き飛ばすことができ、レアリティがコモンなのも嬉しい。

 

 

『破滅の刻』:「緑」の除去

 

 

緑の除去カードは1種のみ。

《待ち伏せ》はクリーチャーを+1/+0し、相手のクリーチャーに一方的にダメージを与えるカード。格闘とは異なるので、頭でっかちなクリーチャーにも安心して使っていける。

 

 

『破滅の刻』:「多色・無色」の除去

   

 

多色の除去は4種、無色の除去は1種のみ。

《オベリスクの蜘蛛》はクリーチャーにダメージを与えるとそのクリーチャーの上に-1/-1カウンターを載せることができる。ドレイン能力も併せ持ち、1体立っているだけで相手からすれば攻めにくくなるカード。《徙家》は《送還》よりも1マナ重くなった代わりにクリーチャー以外のパーマネント(土地を除く)をバウンスできるようになった。《農場》は戦闘を介する必要があるものの、貴重な確定除去。

《捲土》は3ターン目に撃っても概ね3マナ3点のインスタント火力として使用でき、ゲーム後半となればほぼ確定除去のような働きが期待できる。《イフニルの死界》は土地カウントでありながら5マナ2点相当の除去としても使用できる。この手の土地にありがちなタップインではなく、ライフさえ払えば色マナも出せるため非常に優秀。

 

 

参考

「破滅の刻:カードイメージ・ギャラリー」
https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/hour-devastation

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.