『破滅の刻』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンのコンバット・トリックまとめ

投稿日:

 

『破滅の刻』のフルスポイラーが公開:コンバット・トリックまとめ

 

プレリリースを翌週に控え、7月14日発売の「破滅の刻』:フルスポイラーが公開された。
破滅の刻:カードイメージ・ギャラリー

 

今回もプレリリースを含むリミテッドの予習を兼ね、コモン・アンコモンの「コンバット・トリック」カードに着目し、各色ごとに特徴をまとめる。使用頻度の高いコモン・アンコモンのコンバット・トリックを把握すれば、戦闘を有利に進められること間違いなし。各種イベントで勝利を収めるために、各自の環境把握・予習に少しでも役立てて貰えれば光栄だ。

 

●『アモンケット』のリミテッド対策の復習はこちらから。
アモンケット:リミテッド攻略記事まとめ(カード評価、除去/バットリ、環境分析)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『破滅の刻』:「白」のコンバット・トリック

   

 

白は最もコンバット・トリック系のカードが多く、合計6種存在する。

1マナが1枚、2マナが3枚、3マナが2枚だが、《ギデオンの敗北》がサイド向けカードであることを考えると、基本的には2マナ域と3マナ域だけに注意すればOK。

 

2マナ域では2体のクリーチャーをタップする《デジェルの拒絶》、そしてクリーチャー1体に+2/+2修正を与え、追加ブロックを可能にする《英雄的行動》を警戒。これらはコモンなのでよく見られるカードだ。アンコモンには《救済の恩寵》があり、一時的なダメージ肩代わりも。2マナ域ではパワーが+2、タフネスは+3まで上がる可能性があると覚えておこう。

 

3マナ域ではコモンに5点飛ばせる《砂漠波》、アンコモンには《砂漠波》のほぼ上位互換である《農場》が控えている。コモンであり使いやすい《砂漠波》には要注意。どちらも戦闘を介する条件付きではあるが、3マナあれば最悪ケースとして確定除去が飛んでくる可能性がある。

 

 

『破滅の刻』:「青」のコンバット・トリック

   

 

青は2種類のバウンス・スペルと、1種類の瞬足持ちクリーチャーがラインナップ。

1マナのクリーチャーバウンスである《送還》は使いやすく、コモンのため使用頻度も高そうだ。2マナのバウンスである《徙家》は土地でないパーマネントを対象に取れるようになり、対応範囲が広がっている。パワーやタフネスに修正与えるスペルは無いが、1マナ、2マナ共にバウンスを警戒だ。

 

コンバット・トリックとは多少異なるが、4マナ域には瞬足持ちの《エイヴンの葦原忍び》が控えている点に注意。突然ブロッカーが1体増える可能性があることを覚えておこう。

 

 

『破滅の刻』:「黒」のコンバット・トリック

   

 

黒のコンバット・トリックは少なく、わずか2枚だ。

2マナでクリーチャー1体に破壊不能を付与する《弱点消し》と、4マナでクリーチャー1体に-1/-1カウンターを3個置く《毒の責め苦》はどちらもコモンのため見かける頻度は高そうだ。《毒の責め苦》はボーナス効果も付いているので、黒のダブルシンボルを含む4マナが立っている場合はリソースに注意。ライフやパーマネントが少ない場合は、不要な土地を1枚握っておくなどのケアが必要となる。

 

 

『破滅の刻』:「赤」のコンバット・トリック

   

 

赤はインスタント火力が多く、コンバット・トリックとして使えるカードは6種類と多め。

1マナ、2マナ、3マナとも、それぞれ2枚ずつのラインナップ。《チャンドラの敗北》は色対策カードのため自分が赤を使っていて、サイド後のみ警戒。《火を付ける怒り》はクリーチャーに+1/+0の修正と先制攻撃を付与するスペル。コモンであり癖がないためよく見かけるカードだろう。

 

2マナ域は《かすむ刀剣》と《削剥》。《かすむ刀剣》はプレイヤーにも2点飛ぶが戦闘修正値としては-1/-1カウンターを1個乗せるのみなので、コンバット・トリックとしては弱め。《削剥》は3点火力とアーティファクト破壊の2つのモードを選ぶことができ、無駄の無い非常に優秀なカード。

 

3マナはプレイヤーにも飛ばせる3点火力の《発射》と、クリーチャーに自分の土地の数の分だけダメージを与えられる《捲土》。《発射》はコモンであるため登場頻度も高く、プレイヤーにも飛ばせるのが嬉しい。《捲土》は3マナ3点のインスタント火力としても十分合格ラインで、ゲーム終盤にはほぼ確定除去に近い働きが期待できる。

 

まとめると、1マナは「+1/+0と先制攻撃」、2マナは「3点火力」、3マナは「3点~土地の数分のダメージ」…と覚えておこう。(+自分と相手が赤を使っていている場合、サイド後のみ《チャンドラの敗北》を警戒)

 

 

『破滅の刻』:「緑」のコンバット・トリック

   

 

緑のコンバット・トリックは3種類で、1マナ、2マナ、3マナ域にそれぞれ1枚ずつ。

《人生は続く》は1マナで4点ライフゲインで、クリーチャーが死亡していれば8点ゲインに化ける。リミテッドでは無視できない回復量であり、計算が大きく狂う可能性があるので注意。2マナ域はクリーチャー1体に+3/+3修正と到達を付与する《活力の贈り物》。コモンであり癖がないため、よく見かけることになりそうだ。3マナ域は緑では貴重なクリーチャー除去である《待ち伏せ》が控えている。

 

まとめると、1マナは「4点 or 8点ライフゲイン」、2マナは「+3/+3修正と到達」、3マナは「相手クリーチャーのパワー+1のダメージ」…と覚えておこう。緑のコンバット・トリックは全てコモンのため、緑絡みのデッキを見かけたら特に要注意だ。

 

 

『破滅の刻』:「多色・無色」のコンバット・トリック

 

コモン・アンコモンの「多色・無色」コンバット・トリックは収録されていない。

 

 

参考

「破滅の刻:カードイメージ・ギャラリー」
https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/hour-devastation

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.