【スタンダード】アブザン・サクリファイス:《栄光の神バントゥ》採用、生け贄ギミックを中心としたデッキ

投稿日:2017年5月15日 更新日:

 

デッキリスト

アブザン・サクリファイス by Tanji Tomoya

Creatures (28)
Blisterpod
Bontu the Glorified
Brood Monitor
Catacomb Sifter
Duskwatch Recruiter
Eldrazi Displacer
Loam Dryad
Yahenni, Undying Partisan
Zulaport Cutthroat

Spells (9)
Sram's Expertise
Anointed Procession
Cryptolith Rite
Nissa, Voice of Zendikar
Lands (23)
Aether Hub
Blooming Marsh
Concealed Courtyard
Evolving Wilds
Forest
Plains
Swamp
Westvale Abbey

Sideboard (15)
Distended Mindbender
Manglehorn
Oketra the True
Dusk // Dawn
Transgress the Mind
Cast Out

解説

   

 

黒緑主体の生け贄ギミックを中心としたデッキといえば、プロツアー『イニストラードを覆う影』でTOP8に入賞した「黒緑ハスク」が記憶に新しい。マジック・オリジンが抜けたことで《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》《異端の癒し手、リリアナ/Liliana, Heretical Healer(ORI)》などのパーツを失い、スタンダードから姿を消したが、《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》など、まだまだ優秀なパーツは残っている。

 

しかし、霊気紛争で《不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisan(AER)》、アモンケットで《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified(AKH)》という生け贄エンジンを獲得したことで、新たなサクリファイス・デッキがスタンダードに誕生した。その名も「アブザン・サクリファイス」だ。

 

この「アブザン・サクリファイス」は多くのクリーチャーを横展開して攻めるデッキだが、①《不敬の皇子、オーメンダール/Ormendahl, Profane Prince(SOI)》や《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified(AKH)》による突破力、そして②《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》によるドレインなど、多彩な勝利パターンによる柔軟さが売りだ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

リストを見ていこう。《膨れ鞘/Blisterpod(BFZ)》《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》《血統の観察者/Brood Monitor(BFZ)》《スラムの巧技/Sram's Expertise(AER)》は、《選定された行進/Anointed Procession(AKH)》と組み合わせて大量の生け贄要員を確保し、クリーチャーを横に並べる助けとなる。大量展開したクリーチャーは、《栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified(AKH)》《不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisan(AER)》で生け贄に捧げながら、《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》と組み合わせて大量ドレインを狙う。また、大量展開したクリーチャーは《不敬の皇子、オーメンダール/Ormendahl, Profane Prince(SOI)》の復活にも使用でき、一点突破に切り替えることもできる。

 

《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer(OGW)》も採用しており、かの有名な《血統の観察者/Brood Monitor(BFZ)》との無限明滅も可能だ。《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》が戦場に出ていれば、無限ドレインとなる。クリーチャー主体のコンボデッキなので、戦況に応じたパーツを《謎の石の儀式/Cryptolith Rite(SOI)》と《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter(SOI)》のコンボで探しに行ける。

 

点で攻める戦術と、面で攻める戦術。2つのプランを適宜切り替えながら戦うことのできる「アブザン・サクリファイス」。相手の盤面に干渉するカードがほぼ少なく、「自分のやりたいことをひたすらやる」タイプのデッキだが、テクニカルなデッキを使いたいプレイヤーにお勧めだ。

 

    参考

晴れる屋 休日スタンダード:3-0
神のバントゥーさんのホームランダービー
http://www.hareruyamtg.com/jp/k/kD07343W/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.