【レガシー】ティタニアガルガドン【晴れる屋/GPTラスベガス2017:TOP4】

投稿日:2017年4月2日 更新日:

 

デッキリスト

ティタニアガルガドン by Ikegami Akira

Creatures (23)
Caustic Caterpillar
Deathrite Shaman
Greater Gargadon
Orcish Lumberjack
Scavenging Ooze
Spellbreaker Behemoth
Sulfur Elemental
Tarmogoyf
Titania, Protector of Argoth
Veteran Explorer

Spells (14)
Abrupt Decay
Kolaghan's Command
Punishing Fire
Green Sun's Zenith
Sylvan Library
Sensei's Divining Top
Sarkhan Vol
Lands (23)
Badlands
Bayou
Bloodstained Mire
Forest
Ghost Quarter
Grove of the Burnwillows
Mountain
Swamp
Taiga
Verdant Catacombs
Wasteland
Wooded Foothills

Sideboard (14)
Golgari Charm
Pyroblast
Red Elemental Blast
Surgical Extraction
Hull Breach
Toxic Deluge
Null Rod
Thorn of Amethyst

解説

 

なんだこのデッキは―。

これがこのリストを見たときの正直な感想だ。「アルゴスの庇護者、ティタニア」や「オークの木こり」など、通常のデッキでは見たことのないようなカードが多数採用されている。いったいどんなデッキなのかとそれぞれのカードのシナジーを読み解いていくと…なるほど!これは非常にエキサイティングなデッキだったのだ。

 

このデッキのキーカードは、間違いなく「アルゴスの庇護者、ティタニア」だ。「アルゴスの庇護者、ティタニア」は、①戦場に出た際に墓地にある土地カードを場に戻す効果と、②自分の土地が墓地に置かれると5/3のエレメンタル・クリーチャー・トークンを場に出す効果を持つ。5/3のトークンを量産できる能力は非常に強力だが、フェッチランドを除き、単体では能動的に土地を墓地に送ることは難しい。そこで組み合わせるのが「オークの木こり」や「大いなるガルガドン」だ。

 

「オークの木こり」は土地を生け贄に捧げることで3マナも生み出せるし、「大いなるガルガドン」は土地を生け贄に捧げることで待機カウンターを1つ取り除ける。マジックにおいて土地を生け贄に捧げることは大きなデメリットだが、「アルゴスの庇護者、ティタニア」と組み合わせることでそれらは大きなメリット…いや、勝ち手段に変化する。一瞬で5/3トークンが盤面を埋め尽くし、ついでにガルガドンも待機が解けて、対戦相手を踏み潰すことだろう。

 

参考

http://www.hareruyamtg.com/jp/k/kD26019S/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, レガシー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.