【スタンダード】ターボニッサ:《世界を揺るがす者、ニッサ》を最速着地させ、増殖により奥義へ繋ぐ

投稿日:

 

デッキリスト

ターボニッサ(爆速ニッサ) by カミヤ

Creatures (20)
Llanowar Elves
Benthic Biomancer
Arboreal Grazer
Incubation Druid
Hydroid Krasis
Evolution Sage
Zegana, Utopian Speaker

Spells (15)
Growth Spiral
Contentious Plan
Neoform
Nissa, Who Shakes the World
Lands (25)
Island
15 Forest
Breeding Pool

Sideboard (0)

◆日本語リスト

【クリーチャー】
4 ラノワールのエルフ
4 樹上の草食獣
3 水底の生術師
2 培養ドルイド
2 ハイドロイド混成体
4 進化の賢者
1 楽園党の議長、ゼガーナ

【スペル】
3 成長のらせん
4 新生化
4 論議を呼ぶ計画
4 世界を揺るがす者、ニッサ

【土地】
4 繁殖池
6 島
15 森

【サイドボード】
なし

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

解説

 

Nissa, Who Shakes the World / 世界を揺るがす者、ニッサ (3)(緑)(緑)

伝説のプレインズウォーカー — ニッサ(Nissa)

あなたがマナを引き出す目的で森(Forest)をタップするたび、追加で(緑)を加える。
[+1]:あなたがコントロールしていてクリーチャーでない土地最大1つを対象とし、それの上に+1/+1カウンターを3個置く。それをアンタップする。それは警戒と速攻を持つ0/0のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。
[-8]:あなたは「あなたがコントロールしている土地は破壊不能を持つ。」を持つ紋章を得る。あなたのライブラリーから森カードを望む枚数探し、それらをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。

5

Arboreal Grazer / 樹上の草食獣 (緑)

クリーチャー — ビースト(Beast)

到達
樹上の草食獣が戦場に出たとき、あなたあなたの手札から土地カード1枚をタップ状態で戦場に出してもよい。

0/3

 

 

今回紹介するのは「ターボニッサ」

デッキ名からもわかるように、このデッキの主役は『灯争大戦』で登場した「新ニッサ」こと《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》。注目すべきはこのカードが持つ奥義で、自分のライブラリーから好きなだけ「森」を戦場に出しつつ、それらの森は破壊不能を持つようになるというド派手な能力。

単に土地を出すだけではゲームに出すことができないが、この《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》は持ち前のプラス能力によって自分の土地をクリーチャー化できるため、実質的に破壊不能持ちのクリーチャーを量産できるというわけだ。

 

…とはいえ、この《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》は5マナと重め。初期忠誠度は5からスタートで、奥義を撃つには忠誠度が8も必要なため、撃てるのは4ターン後。その真価を発揮するまでは非常に長い時間がかかってしまう。そう、それは「通常の」デッキであれば、の話だが。

 

 

 

唱えたいカードが重いのなら、マナを加速させてやればいい。

この「ターボニッサ」の売りは、マナ加速手段の豊富さ。これまでもマナランプ戦術を取るデッキには《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(M19)》や《成長のらせん/Growth Spiral(RNA)》といった定番のマナ加速パッケージが採用されていたが、このデッキでは『灯争大戦』で新たに得た《樹上の草食獣/Arboreal Grazer(WAR)》と《新生化/Neoform(WAR)》が採用されている。

 

《樹上の草食獣/Arboreal Grazer(WAR)》はわかりやすいマナ加速手段。手札が減るのがネックだが、ブロッカーとしてのサイズがやや大きめである点、そして即除去によるテンポロスの心配がない点が《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves(M19)》に勝るポイント。《新生化/Neoform(WAR)》は用済みの《樹上の草食獣/Arboreal Grazer(WAR)》などのマナクリーチャーを生け贄に捧げつつ、《培養ドルイド/Incubation Druid(RNA)》へ進化させる動きが非常に強い。《新生化/Neoform(WAR)》の効果で自動的に+1/+1カウンターが乗るため、返しのターンを生き残れば一気に3マナものジャンプが可能となる。豊富なマナ加速手段により、3ターン目に《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》の着地も夢ではない。

 

 

 

早いターンでニッサを着地させた後は、いかに忠誠度を8まで持っていくかが重要だ。一度着地させてしまえば、《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》の常在型能力で自由に使えるマナが爆発的に増えるため、マナには困らなくなる。プラス能力で土地をクリーチャーに変えつつ、《進化の賢者/Evolution Sage(WAR)》や《論議を呼ぶ計画/Contentious Plan(WAR)》で「増殖」を行い、土地・クリーチャーの強化と忠誠度の加速を狙おう。

 

「増殖」を使って十分な忠誠度カウンターが溜まったら、いよいよ奥義の出番!デッキからありったけの森・カードを戦場へ。

このとき、《進化の賢者/Evolution Sage(WAR)》の能力が誘発し、大量の「増殖」が行える。《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》であらかじめクリーチャー化させていた土地はとんでもないサイズへと育つし、《水底の生術師/Benthic Biomancer(RNA)》など+1/+1カウンターが乗っていたクリーチャーもフィニッシャー級のサイズへと変貌を遂げる。もちろん、奥義を撃ってもなお《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World(WAR)》が生き残っていれば、忠誠度が鰻登りだ。ここまでくれば驚異の固さのプレインズウォーカーとなり、まず落とされないだろう。

 

あとは元気よく成長したデカブツ達で殴るだけ。《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis(RNA)》は飛行を持っているし、《楽園党の議長、ゼガーナ/Zegana, Utopian Speaker(RNA)》を出していれば+1/+1カウンターが乗っているクリーチャーにトランプルを付与できる。一撃でも通せば人が死ぬレベルの打点なので、瞬く間にゲームエンドだ。

 

 

参考

ターボニッサ(爆速ニッサ) by カミヤ
http://teamys.net/top/deckall.php/STANDARD/1/1560385/
※敬称略

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-MTG ARENA, スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.