【モダン】かに道楽:《遺跡ガニ》《面晶体のカニ》などのカニ軍団で攻めるライブラリーアウトデッキ

投稿日:

 

デッキリスト

かに道楽 by Landa

Creatures (18)
Hedron Crab
Snapcaster Mage
Ruin Crab
Charix, the Raging Isle
Phenax, God of Deception
Arcanis the Omnipotent

Spells (18)
Ashiok, Nightmare Muse
Visions of Beyond
Fatal Push
Archive Trap
Glimpse the Unthinkable
Maddening Cacophony
Lands (24)
Field of Ruin
Polluted Delta
Watery Grave
Flooded Strand
Darkslick Shores
Mikokoro, Center of the Sea
Island
Swamp

Sideboard (0)

◆日本語リスト

【クリーチャー】
4 面晶体のカニ
2 瞬唱の魔道士
4 遺跡ガニ
4 怒り狂う島嶼、キャリクス
3 欺瞞の神、フィナックス
1 全能なる者アルカニス

【スペル】
1 悪夢の詩神、アショク
3 彼方の映像
2 致命的な一押し
4 書庫の罠
4 不可思の一瞥
4 荒れ狂う騒音

【土地】

4 廃墟の地
4 汚染された三角州
4 湿った墓
2 溢れかえる岸辺
3 闇滑りの岸
1 海の中心、御心
4 島
2 沼

【サイドボード】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

まえがき

 

前回《怒り狂う島嶼、キャリクス/Charix, the Raging Isle(ZNR)》を使ったデッキとして「カニアサルト」を紹介しましたが、色々亜種が組めそうだったので調整を重ねている最中です。

『ゼンディカーの夜明け』には《怒り狂う島嶼、キャリクス/Charix, the Raging Isle(ZNR)》の他にも要注目カード:《遺跡ガニ/Ruin Crab(ZNR)》が収録されています。既にモダン環境には先代の《面晶体のカニ/Hedron Crab(ZEN)》がいますし、これらのカニを中心に、デッキの方向性をライブラリーアウト(ライブラリー破壊)に特化させました。既にモダン環境に存在するそこそこメジャーなアーキタイプですが、3種類のカニを4枚ずつ投入していることから、今回は「かに道楽」と名付けています。(某チェーン店とは一切関係はございません!)

 

 

【BOX】MTG ゼンディカーの夜明け ドラフト・ブースター 日本語版

解説

 

《面晶体のカニ/Hedron Crab(ZEN)》
《遺跡ガニ/Ruin Crab(ZNR)》
《怒り狂う島嶼、キャリクス/Charix, the Raging Isle(ZNR)》
《欺瞞の神、フィナックス/Phenax, God of Deception(BNG)》

 

「かに道楽」と名付けている通り、このデッキの地盤を支えるのは「カニ」達です。

ゲーム最序盤から《面晶体のカニ/Hedron Crab(ZEN)》《遺跡ガニ/Ruin Crab(ZNR)》の着地を狙い、早いターンからの上陸の誘発を狙っていきます。フェッチランドとの相性は言わずもがな、ランドセット1回に付き相手のライブラリーを3枚ずつ削ることが可能です。《面晶体のカニ/Hedron Crab(ZEN)》が実質8枚体制で組めるようになったことは、ライブラリーアウトを狙うデッキにおいては相当な追い風だと思います。

 

また、今回は《厳戒態勢/High Alert(RNA)》などのカードを採用していないため、《怒り狂う島嶼、キャリクス/Charix, the Raging Isle(ZNR)》をアタッカーとして運用することは考えていません。

採用の理由は、《欺瞞の神、フィナックス/Phenax, God of Deception(BNG)》とのコンボを狙っているため。自身をタップするだけでライブラリーを17枚も削ることが可能になり、初手の手札分の7枚を差し引いて考えると、相手のライブラリーの実に1/3を吹き飛ばせる計算になります。幸いマナ域も4マナ→5マナと合っているので、是非狙っていきたいコンボです。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

《書庫の罠/Archive Trap(ZEN)》
《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable(RAV)》
《荒れ狂う騒音/Maddening Cacophony(ZNR)》
《悪夢の詩神、アショク/Ashiok, Nightmare Muse(THB)》

 

ライブラリーを削る手段は、もちろんカニ達だけではありません。デッキカラーを青と黒の2色にまとめたことで、青黒の強力なライブラリー破壊系スペルを多く採用しています。

《書庫の罠/Archive Trap(ZEN)》はフェッチランドが非常に多いモダン環境であれば0マナ13枚という驚異のライブラリー破壊効率を誇るカードと化しますし、《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable(RAV)》は2マナ10枚というシンプルながらも強力なスペル。《荒れ狂う騒音/Maddening Cacophony(ZNR)》は《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable(RAV)》に効率こそ劣るものの、2マナで8枚以上のライブラリーを削ることのできる貴重なカードです。キッカー込みの6マナで撃てば、相手のライブラリーの半分を一撃で!

 

また、ライブラリーアウトを狙えるプレインズウォーカーとして、《悪夢の詩神、アショク/Ashiok, Nightmare Muse(THB)》を採用。

5マナとやや重めではあるのですが、クリーチャー・トークン生成、バウンス+追放手札破壊、追放領域からのコスト踏み倒しの3つの能力を持っています。中でも+1能力のクリーチャー・トークン生成能力は非常に強力で、自分を守るクリーチャーを出しつつ、トークンが持つ能力もライブラリーアウト戦略に噛み合うというまさにこのデッキのためのカードです。トークンは2/3という中々のサイズである点も優秀!

 

 

《彼方の映像/Visions of Beyond(M12)》
《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent(10E)》

 

また、せっかく青というカラーを採用しているので、アドバンテージを稼げるカードとして今回はこの2枚を採用してみました。

まずは条件付きドローカードの《彼方の映像/Visions of Beyond(M12)》。普段は1マナ1ドローですが…。いずれかのプレイヤーの墓地が20枚以上あると、あのパワー9のひとつ、《Ancestral Recall》になるカードです。このデッキであれば条件は容易く満たせますし、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で使い回すのも非常に美味しいです。

《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent(10E)》については部屋の隅っこのストレージに入っていたので、オシャレ枠と称して雑に突っ込みました。

理由はこのカードの名称。《全能なる者アルカニス》…そう、このカードもまた「カニ」というわけですね。…おあとがよろしいようで。

 

MTG 統率者レジェンズ ドラフト・ブースター 日本語版

あとがき

 

今回はライブラリーアウト戦略に寄せたカニデッキを組んでみました。

組んでいて感じたのは、『ゼンディカーの夜明け』で《遺跡ガニ/Ruin Crab(ZNR)》《荒れ狂う騒音/Maddening Cacophony(ZNR)》という2つのピースを手に入れたことで、モダンにおけるライブラリーアウトデッキは一段階上のレベルに到達しましたね。ひと昔前に比べると、随分デッキパワーが上がったなと感心しきりです。

色々と選択肢も増えたので「60枚」という形に絞るのは中々難しく、他にも《催眠の宝珠/Mesmeric Orb(MRD)》《正気減らし/Fraying Sanity(HOU)》《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render(WAR)》など色々試してみたいカードが多く残っています。新カードの《海門の嵐呼び/Sea Gate Stormcaller(ZNR)》あたりも良さそうだなぁ…。

ベストバランスを見つけるべく、もう少し調整していく予定です!

 

参考

なし

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『基本セット2021』:2020年7月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『イコリア:巨獣の棲処』:2020年4月17日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『テーロス還魂記』:2020年1月24日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2020 AllRights Reserved.