『基本セット2020』プレリリース/リミテッド対策:色別アーキタイプまとめ(後編)

投稿日:

『基本セット2020』:アーキタイプまとめ(後編)

 

プレリリースを7月5-7日に控え、7月12日発売の『基本セット2020』:フルスポイラーが公開された。
『基本セット2020』:カードイメージギャラリー

 

今回はコモン・アンコモンのカードに着目し、色別にデザインされた各色のテーマを読み解いていく。そして、それらの色の組み合わせで成り立ついくつかのアーキタイプと、そのアーキタイプの核となるカードをピックアップ。学校や仕事でプレリリースの予習時間が十分に取れないプレイヤーにもおすすめだ

色の組み合わせは全部で10通り、数が多いので前編・後編の2回に分けてお送りする。今回は後編!

 

●前編はこちら

『基本セット2020』プレリリース/リミテッド対策:色別アーキタイプまとめ(前編)

『基本セット2020』:アーキタイプまとめ(前編)   プレリリースを7月5-7日に控え、7月12日発売の『基本セット2020』:フルスポイラーが公開された。 ⇒『基本セット2020』:カー ...

続きを見る

 

 

●基本セット2020/日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●基本セット2020/英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●基本セット2020/バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●基本セット2020/PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

白黒:「ライフゲイン」

 

「白黒:ライフゲイン」

白黒のテーマは「ライフゲイン」。《魂癒し人/Soulmender(M20)》《夜明けの司祭/Daybreak Chaplain(M20)》《夜明けの天使/Dawning Angel(M20)》など、白のコモンに豊富なライフゲイン手段がラインナップ。一方、《生命力の天使/Angel of Vitality(M20)》や《血に飢えた曲芸師/Bloodthirsty Aerialist(M20)》など「ライフを得ることで何かしらのボーナスを得るカード」のレアリティが高めに設定されている点は留意しておくこと。

ライフゲイン手段がある状態での《血に飢えた曲芸師/Bloodthirsty Aerialist(M20)》は強力で、特に《魂癒し人/Soulmender(M20)》とのコンボが決まると非常に強力。

 

 

青赤:「エレメンタル+フライヤー」

 

「青黒:エレメンタル+フライヤー」

青黒のテーマは「エレメンタル+フライヤー」。赤緑も「エレメンタル」が主テーマだったが、こちらはサイズがやや劣る代わりに青の強力な飛行持ちエレメンタル・クリーチャーが使えるように。

序盤は《霜のオオヤマネコ/Frost Lynx(M20)》などでしのぎつつ、《チャンドラの火炎猫/Chandra's Embercat(M20)》経由で《北方の精霊/Boreal Elemental(M20)》や《大気の精霊/Air Elemental(M20)》などの重めのフライヤーを叩きつける動きが強力。青の優秀どころのフライヤーを無理なくシナジーに組み込めるのは素晴らしい。《新米紅蓮術師、チャンドラ/Chandra, Novice Pyromancer(M20)》で打点を上げればキルターンも早まる。

また、横に並べる系のデッキに対する最強のアンチカード:《炎の一掃/Flame Sweep(M20)》が使用できるのもこの「青赤」の魅力。こちらの盤面への被害は最小限に抑えつつ、相手の場の軽量クリーチャーだけをまとめて薙ぎ払うことが可能。

 

 

黒緑:「クリーチャー横並べ(+トークン)」

 

「黒緑:クリーチャー横並べ(+トークン)」

黒緑のテーマはやや薄いが、「クリーチャー横並べ(+トークン)」。早い段階でマウントを取れるような戦術ではないが、クリーチャーの数を並べて、《骨の粉砕/Bone Splinters(M20)》のコストに充てたり、数が揃えば《超克/Overcome(M20)》で押し込むことができる。

《療養所の骸骨/Sanitarium Skeleton(M20)》や《グレイブディガー/Gravedigger(M20)》などの単体でアドバンテージを取ることのできるカードも多く、《腐れ蔦の再生/Moldervine Reclamation(M20)》のお陰でクリーチャーの相撃ちを狙っても損をしにくい。粘り強いアーキタイプではあるのだが、テーマとしては決め手に欠ける部分もあるため別途「勝ち手段」は明確に用意しておきたい。

 

 

白赤:「フライヤー/アグロ/トークン」

 

「白赤:フライヤー/アグロ/トークン」

白赤は柱となる強いテーマはなく、「フライヤー」「アグロ」「トークン」の3つのテーマを少しずつかじったような形。

良く言えば器用、悪く言えば一貫したテーマが無い。どのアーキに寄せるかによって速度が大きく変わる。

 

 

青緑:「エレメンタル」

 

「青緑:エレメンタル」

青緑のテーマは「エレメンタル」が主軸。青のエレメンタル・フライヤーと、サイズに優れた緑のエレメンタルをミックスした形となる。

対抗色の組み合わせで考えれば青赤も同じ「エレメンタル」がテーマだが、全体的にクリーチャーのサイズに優れる代わりに除去カードのラインナップが乏しいという弱点がある。あちらは火力で戦線を突破していく形だが、こちらはクリーチャー強化呪文でバックアップして相手の防衛ラインをこじ開けていこう。

ETB能力持ちのクリーチャーもちらほらと見かけるので、自分のクリーチャー限定のバウンス能力を持った《ヤロクの波壊し/Yarok's Wavecrasher(M20)》でETB能力を使い回すという動きも可能。

 

 

参考

●公式:『基本セット2020』カードイメージギャラリー
https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/core-set-2020

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『統率者2019』:2019年8月23日発売

・日本語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
・英語版4種セット:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターズブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.