『モダンホライゾン』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンの除去まとめ

投稿日:2019年6月5日 更新日:

 

『モダンホライゾン』のフルスポイラーが公開:除去カードまとめ

 

プレリリースを6月8-9日に控え、6月14日発売の『モダンホライゾン』:フルスポイラーが公開された。
『モダンホライゾン』:カードイメージギャラリー

 

除去カード特集は紙束MTGの定番記事のひとつ。今回もプレリリースを含むリミテッドの予習を兼ね、コモン・アンコモンの「除去(またはそれに近い代用)」カードに着目し、各色ごとに特徴をまとめた。除去はリミテッドにおける重要な要素。各種イベントで勝利を収めるために、各自の環境把握・予習に少しでも役立てて貰えれば幸いだ。

 

●『モダンホライゾン』収録:コモン・アンコモンのコンバット・トリック編はこちら

『モダンホライゾン』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンのコンバット・トリックまとめ

  『モダンホライゾン』のフルスポイラーが公開:コンバット・トリックまとめ   プレリリースを6月8-9日に控え、6月14日発売の『モダンホライゾン』:フルスポイラーが公開された。 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『モダンホライゾン』:「白」の除去

 

白の除去は全部で4枚。

コモンはスタンダードでいうところの《カズミナの変成/Kasmina's Transmutation(WAR)》に近い《厄介払い》と、クリーチャー確定追放か自分のクリーチャーバウンスかを選べる《超現実的決着》の2種類。

アンコモンには《内にいる獣/Beast Within》のリメイクである《過大な贈り物》と、再録の《翼の破片/Wing Shards》がラインナップ。《過大な贈り物》は対象にできる範囲が広い万能除去だが、代わりに出る象・トークンのサイズがなかなか大きいので注意すること。《翼の破片/Wing Shards》はストームを生かすために軽量インスタントと合わせて使い、なるべく多くのクリーチャーを巻き込みたいところ。

 

 

『モダンホライゾン』:「青」の除去

 

青の除去(または疑似除去)は5枚で、大半がコモン。

バウンス系は《一連の消失》と《大クラゲ/Man-o'-War》。特に《大クラゲ/Man-o'-War》はクロックを出しつつ相手のテンポを落とせるため優先度の高い3マナクリーチャー。《冬の休眠》はやや限定的で、氷雪パーマネントが採用できている時のみ疑似除去として働く。アーキタイプを考慮すると青緑での運用が望ましい。

《よじれた反射》は通常時はクリーチャーのパワーを下げるのみだが、黒を絡めて「双呪」コストで唱えたときのみ除去として働く。青黒デッキでの運用であれば、3マナの除去カードとしてカウントしてもOKだ。

《幻影変化》は基本的に自分のクリーチャーを強化するスペルだが、相手のクリーチャー1体と自分のクリーチャー1体を対象に取ることで相討ちを狙うという荒業も。非常に怪しいところだが、半除去としてカウントすることとした。

 

 

『モダンホライゾン』:「黒」の除去

 

黒は除去はコモンが5枚、アンコモンが3枚。

ドラフトで黒濃いめのデッキが完成した場合は1マナの《汚毒》が強力。序盤に使った場合はタフネス1~3程度しか落とせないが、終盤ともなればそれ以上のクリーチャーを落とせる。逆に黒をタッチしているようなデッキでは噛み合わないため、《悪魔の布告/Diabolic Edict》や《強打のらせん》などの方が使いやすい。汎用性が高く最も優先するべき除去は《殺到》。「探査」ほど容易にコスト軽減が狙えるわけではないが、適当なクリーチャーを召集に充てて4マナ程度で唱えられれば及第点だろう。レアリティがコモンなのもグッド。

《梅澤の魔除け》を筆頭に全体的にタフネス1を咎めるカードが多いので、タフネス1のクリーチャーを多くデッキに採用するのはなるべく控えたいところ。

 

 

『モダンホライゾン』:「赤」の除去

 

赤の除去は色の特性上多めで、コモンに4枚とアンコモンに3枚。

全体的に軽量且つインスタントタイミングで撃てる優良火力が少ない点は留意しておこう。《炎の稲妻/Firebolt》は1マナ2点、《炎恐怖症》は2マナ3点とまずまずのコストパフォーマンスだが、いずれもソーサリー。軽めで扱いやすいのは《ウルザの激怒/Urza's Rage》だが、こちらはアンコモン。

焼ける範囲が広く「探査」持ちの《マグマの陥没孔》は優先度高し。《爆発の衝撃/Explosive Impact(RTR)》の上位互換と言えるカードであり、「探査」で適当に2マナ程度nコストを軽減するだけでも十分強力。ただし、黒や緑と組み、墓地を参照/利用してアドバンテージを取るようなデッキでの運用はやや相性が悪いため注意。

 

 

『モダンホライゾン』:「緑」の除去

 

緑の除去はわずか1枚で、飛行クリーチャー対策の《茨竜巻》のみ。

 

 

『モダンホライゾン』:「多色」の除去

 

多色の除去カードは3枚で、全てアンコモン。

《飛び道具の達人》は「黒赤ゴブリン」の中心的カード。ボディは貧弱だが、ゴブリン・トークンをばらまいてからの登場で火力を底上げできる可能性がある。《破滅の暴徒》はアーキタイプ:「赤緑墓地の土地」で輝くカード。墓地に落ちている土地の枚数で評価が変わるカードなので、なんらかの墓地肥やし手段・土地を落とす手段と合わせて。噛み合わなかった場合は単なる熊でしかない点には注意。

《雷鳴のジン》は5マナ3/4飛行とそこそこのサイズに恒久的な除去が付いている優秀なクリーチャー。少なくともドローフェイズに1枚はカードを引くので、毎ターン殴るだけで1点のダメージを飛ばせると考えてよい。何らかのスペルと組み合わせてカードを追加で引けば宇宙が広がる。

 

 

『モダンホライゾン』:「無色」の除去

 

無色の除去は《小型マスティコア》のみ。名前からもわかる通り、あの《マスティコア/Masticore(UDS)》がミニサイズになって帰ってきた!

カード1枚を捨てるのは痛いが、頑強持ちで一定の除去耐性を持っており、マナをつぎ込むことで1点のダメージを飛ばすことができる。1点/4マナというコスパの悪さから、マナ加速が無い限りはせいぜい飛ばせて2点が関の山だが、デッキを選ばない恒久的なダメージ源として使えるのは面白い。

 

 

「コンバット・トリック編」はこちら

『モダンホライゾン』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンのコンバット・トリックまとめ

  『モダンホライゾン』のフルスポイラーが公開:コンバット・トリックまとめ   プレリリースを6月8-9日に控え、6月14日発売の『モダンホライゾン』:フルスポイラーが公開された。 ...

続きを見る

 

参考

●公式:『モダンホライゾン』カードイメージギャラリー
https://magic.wizards.com/ja/products/modernhorizons/cards

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.