『モダンホライゾン』プレビュー3:キャノピーランド、《ゴブリンの溶接工》《ルーンの母》リメイクなど

投稿日:

『モダンホライゾン』プレビュー:ファーストインプレッション

 

他サイト様のように最新のプレビューカードを速報として紹介していくのは(サラリーマンの都合上)難しいので、その日に公開されたカードの中で、個人的に注目しているカードをピックアップしてレビューしてきたいと思います。

 

 

白黒:《無声開拓地》
白赤:《灼陽大峡谷》
青緑:《冠水樹林帯》
黒緑:《育成泥炭地》
青赤:《焦熱島嶼域》

 

《地平線の梢/Horizon Canopy(IMA)》の能力を持つ「キャノピーランド」です。アンタップインの2色土地、かつ緊急時にはドローに変えられるという能力はドローソースに乏しい白緑にのみ許された優遇措置だと思っていたので、対抗色カラーで全部出ると聞いて耳を疑いました。

【使われそうなアーキタイプ一覧】

白赤:バーン系
白黒:アブザン、トークン
黒緑:スーパークレイジーZoo
青緑:ストゥーピッド・グリショール
青赤:ストーム

 

冷静になって考えてみると、フェアデッキでは「無色マナで十分な場面にも関わらず、余計なダメージを受けてしまう」…というシーンが多そうですね。どちらかといえば序盤の動きにオールインのコンボデッキ向けでしょうか。

フェッチランド、ファストランドとのバランス調整が非常に難しい...間違いなく本セットの当たり枠ですが、手放しに4枚突っ込める(既存土地と入れ替えられる)デッキは少ないのかも。

 

 

 

プレインズウォーカーとして覚醒前のウルザが《最高工匠卿、ウルザ》としてカード化!ストーリーでは最強クラスの人気キャラクターですが、実はきちんとカード化しているのはこれが初。素性を隠した姿である《無明の予見者/Blind Seer(INV)》だったり、首だけの《アカデミーの頭、ウルザ/Urza, Academy Headmaster(UST)》だったり...。公式フォーマットで使える「ウルザ」、まさしく神話レアにふさわしいカードだと思います。

《束の間の開口/Temporal Aperture(USG)》と同様の能力が付いていたりしますが、本命はアーティファクト生成能力とアーティファクトが青マナを生み出せるようになる常在型能力でしょう。とりあえずは「ソプターコンボ」との相性が良さそうですね。「飛行機械の鋳造所」と組み合わせるだけでお手軽無限ライフゲイン。また、他のアーキタイプとして「ブルースティール」も強化できそうな予感です。

一応、適当なアーティファクトが4個と《パラドックス装置/Paradox Engine(AER)》が揃っていると、ライブラリートップをめくり放題だったりします。スーパーウルザガチャ。

 

 

 

《ルーンの与え手》は《ルーンの母/Mother of Runes(ULG)》の亜種で、絶妙な調整が入っています。マナコストは一緒ですが、完全な同型や上位互換になってはおらず、それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

 

《ルーンの母/Mother of Runes》
・自身の能力で自分を守れる
・サイズは1/1
・人間である

《ルーンの与え手》
・自身の能力で自分を守れない
・プロテクション(無色)も選べる
・サイズは1/2
・クレリックである

 

「自身の能力で自分を守れるのか否か」という点で使用感は大きく変わりそうです。《ルーンの母/Mother of Runes(ULG)》は自身にプロテクション付与できるため単体でブロッカーとして完結していましたし、シナジーやサポートの多い人間・クリーチャーである点も大きなメリットでした。対してこのカードは他にクリーチャーをコントロールしていること前提なので、レガシーにおける「デスタク」の1マナ域は《ルーンの母/Mother of Runes(ULG)》が続投だと思います。モダン版の「デスタク」であればすんなりと1マナ域のクリーチャーとして採用されるはずです。うーん、絶妙な調整!

 

 

《烈火咏叹》(2)(赤)

エンチャント

烈火咏叹が戦場に出たとき、各対戦相手は10点のライフを得る。
あなたがインスタントかソーサリーである呪文1つを唱えるたび、プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。烈火咏叹の上に詩句カウンターを1つ置き、その後それに烈火咏叹の上に置かれている詩句カウンターの数に等しいダメージを与える。

 

《烈火咏叹》は大量ライフゲインが痛いものの、設置してからインスタントまたはソーサリーを8回唱えると勝てるカード...と解釈して問題ないです。

【ダメージ計算表】

・1枚目:1点
・2枚目:2点(計3点)
・3枚目:3点(計6点)
・4枚目:4点(計10点)
・5枚目:5点(計15点)
・6枚目:6点(計21点)
・7枚目:7点(計28点)
・8枚目:8点(計36点)

 

《紅蓮術士の昇天/Pyromancer Ascension(ZEN)》とは異なり、設置後に適当なスペル(例えばドローソースなど)を唱えているだけで相手を倒せるというのは他のカードには無い魅力。色拘束も緩めですし、唱えるのはスペルであればなんでも良いので、デッキとして色を散らすこともできます。増殖スペルを連打するのも面白いですね。プレインズウォーカーにもダメージを飛ばせるので、カウンターが溜まり始めるとプレインズウォーカーに対するけん制にもなります。

 

戦場に出た際の10点ゲインは相当にキツいので、《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》でライフゲインを封殺したり、《穢れた療法/Tainted Remedy(ORI)》で逆にダメージに変換してやると、キルターンが劇的に早まります。《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon(XLN)》なら20点削ればいいのでスペルは6枚換算。《穢れた療法/Tainted Remedy(ORI)》なら10点削ればいいので4枚換算です。さぁデッキを組んでみよう!!

 

 

《Fuerza de la Virtud》(2)(白)(白)

エンチャント

あなたのターンでないなら、あなたはこの呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたの手札から白のカード1枚を追放してもよい。
瞬速
あなたがコントロールしているクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

 

白の力サイクルはまさかのアンセム!《栄光の頌歌/Glorious Anthem(USG)》が1マナ重くなった代わりに瞬速が付き、ピッチスペルになりました。白はライフゲインを期待していましたが、ピッチスペルのライフゲインは昨今のモダン環境を考慮すると悪いことにしか使われないため難しいのでしょう。

既に白のアンセム系のカードは《栄光の頌歌/Glorious Anthem(USG)》《無形の美徳/Intangible Virtue(ISD)》《清浄の名誉/Honor of the Pure(M11)》とラインナップは揃っていて、それらを押しのけてデッキに入るかというとあまり期待はできなさそうです。コンバット・トリックのように使えるのは便利ですがやや防御寄りなのと、ピッチスペルで撃とうにもこの手のデッキは前のめりなものが多いため、コストに充てる手札が足りないということも多いと思います。実質、「瞬速持ちの4マナアンセム」と考えるとやはり厳しいですね。

他の力サイクルと比較すると、2ランクも3ランクも弱めかなと考えています。

 

 

《Goblin Engineer》(1)(赤)

クリーチャー – ゴブリン・工匠

Goblin Engineerが戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーからアーティファクト・カードを1枚探し、それをあなたの墓地に置いてもよい。そうしたなら、その後あなたのライブラリーを切り直す。
(赤), (T), アーティファクト1つを生け贄に捧げる:あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが3以下のアーティファクト・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。

 

《ゴブリンの溶接工/Goblin Welder(ULG)》と似たような起動型能力を持っているなとテキストを読んでいたら、一行目に好きなアーティファクトをライブラリーからサーチして墓地に落とせると書いてあって驚きました。例えば《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice(DST)》のような装備品を落として自身の能力で戦場に戻せば、あの《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》に似た動きが。

レガシーでは「ペインター」に入れても強そうですし、モダンでは「赤単プリズン」に仕込めば《罠の橋/Ensnaring Bridge(STH)》をサーチできるので合わせて使われそうな気がしています。地味ながら墓地に落とすアーティファクトは3マナ以下でなくてもOKなんですよね。他に活用手段からあれば面白い動きができそうな…。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『モダンホライゾン』:2019年6月14日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-ニュース, 読み物
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.