『ゼンディカーの夜明け』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンの除去まとめ

投稿日:

 

『ゼンディカーの夜明け』収録:コモン・アンコモンの除去カードまとめ

 

当サイト恒例となっておりますが、新セット発売前のリミテッド特集記事です。

いよいよ今週末、『ゼンディカーの夜明け』のプレリリースが各所で開催されます(公開遅れているので既に開催中です)。開催期間は9月18日~24日の1週間開催なので、比較的時間を合わせやすいかもしれません。毎度「ゼンディカー」次元をテーマにしたセットではコレクターにとって嬉しい仕掛けが用意されてきましたが、今回は多数の人気土地が「エクスペディション・ボックストッパー」として登場。更に、開封する楽しみに特化した「セット・ブースター」も同時リリースとなり、意欲的な試みが多く見られます。

 

さて、今回は「いつもの」記事になります。

『ゼンディカーの夜明け』のフルスポイラーが公開されたので、リミテッドの予習記事として、今回もコモン・アンコモンの「除去(またはそれに近い代用)」カードをピックアップしてまとめました。色ごとにマナコスト順にソートしてあるので、環境把握に是非役立ててください。除去はリミテッドにおける非常に重要なカードですし、ある程度色ごとの特色を掴んでおけば、きっとデッキ構築にも役立つはずです!

 

●コンバット・トリック編はこちら

『ゼンディカーの夜明け』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンのコンバットトリックまとめ

  『ゼンディカーの夜明け』収録:コモン・アンコモンのコンバット・トリックまとめ   当サイト恒例となっておりますが、新セット発売前のリミテッド特集記事です。 いよいよ今週末、『ゼ ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『ゼンディカーの夜明け』:「白」の除去

 

白の除去はコモン3枚、アンコモン2枚

使いやすいのは《平和な心/Pacifism》系のオーラ呪文である《ナヒリの束縛》と、パワー4以上確定破壊の《大物潰し》。《忘却への旅》はパーティーカウントによって重さが変わりますが、万能除去であることには変わりないので十分採用レベルです。《訓練された戦術》もパーティーカウントによってダメージ量が大きく変動しますが、1体でもいれば1マナ2点の火力相当となるので悪くはありません。

 

 

『ゼンディカーの夜明け』:「青」の除去

 

青の除去はコモン3枚、アンコモン1枚

内訳としてはバウンス系が2枚、アンタップ抑制系が1枚、コントロール奪取系が1枚となっています。奪う対象によってマナコストが変動するという特徴はあるものの、相手のクリーチャーのコントロールを永続的に奪える《風魔道士の威圧》がアンコモンにあるのは面白いです。惜しむらくはトリプルシンボルなので、青が濃いめのデッキでしか採用できないことでしょうか。

 

レアリティや使いやすさを考慮すると、僅か1マナで相手クリーチャーの攻撃を抑制できる《泡の罠》は強力です。相手の攻撃を待たずとも、キッカー・コストを支払えば能動的にクリーチャーをタップすることもできるので青のメイン除去として活躍してくれるはずです。

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥1,980 (2020/10/26 23:18:52時点 Amazon調べ-詳細)

『ゼンディカーの夜明け』:「黒」の除去

 

■番外:接死持ちクリーチャー(1体)

 

黒の除去はコモン5枚、アンコモン2枚。そして、番外ですが接死持ちのクリーチャーがコモンに1枚。

黒らしく除去の枚数は多いですが、どちらかと言えばタフネスが低めのクリーチャーや、軽量クリーチャーを除去するカードが多いです。無条件に任意のクリーチャーを破壊できるのは、デメリット持ちの《大群への給餌》と《命取りの協力》の2枚です。クリーチャー1体に-1/-1修正を与える《隠然たる襲撃》やパーティーカウントに応じて-X/-Xの修正を与える《ドラーナの口封じ》がコモンにあることから、タフネス1のクリーチャーの価値は下がります。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『ゼンディカーの夜明け』:「赤」の除去

 

赤の除去は全て火力で、コモン4枚、アンコモン7枚。全11枚もあり、全色中最も多いラインナップです。

ラインナップが多いとはいえ半数以上がアンコモンな点には注意。レアリティを加味すると、序盤⇔終盤で火力調整が可能な《乱動の噴火》、プレインズウォーカーにも撃てる《溶鉄破》がメイン火力となるはず。特に《溶鉄破》はアーティファクト破壊モードを併せ持っているため非常に便利。非常に腐りにくい1枚です。

 

アンコモンともなれば流石に火力の質が向上。

軽量な4点火力である《轟く叱責》や、フィニッシュブローとしても使える《投げ飛ばし/Fling》系のスペル:《カズールの憤怒》がラインナップされています。

 

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥1,980 (2020/10/26 23:52:39時点 Amazon調べ-詳細)

『ゼンディカーの夜明け』:「緑」の除去

 

■番外:接死持ちクリーチャー(1体)

 

緑の除去はコモン2枚、アンコモン1枚。そして、番外ですが接死持ちのクリーチャーがコモンに1枚。

定番となった緑の飛行対策である《壊れた翼》を除くと、一方的にダメージを与えるスーパー格闘こと《狂気の一咬み》と、通常格闘スペルである《カルニの待ち伏せ》の2枚がメイン除去となります。

 

 

『ゼンディカーの夜明け』:「多色」の除去

★該当なし

 

 

『ゼンディカーの夜明け』:「無色」の除去

 

無色の除去はアンコモン1枚のみ。

先置き必須であり、後続のインスタントやソーサリー、ウィザード呪文を1点分の火力として蓄えておくことができるアーティファクトです。能力の起動時にカウンターを全て取り除かなくてはならないため、1点ずつ細かくダメージを与えて相手のタフネス1のクリーチャーを数体落とせるとベスト。こういったカードが多いため、やはりタフネス1のクリーチャーにとっては厳しい環境です。

 

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥11,500 (2020/10/26 19:36:44時点 Amazon調べ-詳細)

参考

『ゼンディカーの夜明け』:カードイメージギャラリー
https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/zendeikanoye-ming-ke-2020-09-02

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『基本セット2021』:2020年7月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『イコリア:巨獣の棲処』:2020年4月17日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『テーロス還魂記』:2020年1月24日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『エルドレインの王権』:2019年10月4日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●Brawl Deck:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

 

『基本セット2020』:2019年7月12日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●PWデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2020 AllRights Reserved.