【Unstable】解説付き日本語訳リスト:緑・レア/神話レア編

投稿日:2018年1月9日 更新日:

 

『Unstable』解説付き日本語訳カードリスト:緑/レア・神話レア編

 

マジック史上3番目となる銀枠(ジョーク)エキスパンションである「Unstable」。このセットに収録されているカードを色別・レアリティ別に分け、管理人:Landaの独断と偏見によって解説(と言えるほど高尚なものではないのだが!)していく。

今回は「緑・レア/神話レア編」だ。
肩の力を抜いて、このユーモアに満ちたセットを楽しもう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

カードリスト

 

言い知れない祝福/Ineffable Blessing

エンチャント

[A]
言い知れない祝福が戦場に出るに際し、芳醇か淡白かを選ぶ。

芳醇 ― フレイバーテキストを持つクリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。
淡白 ― フレイバーテキストを持たないクリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

 

[B]
言い知れない祝福が戦場に出るに際し、アーティスト1人を選ぶ。

選ばれたアーティストによるアートを持つクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

 

[C]
言い知れない祝福が戦場に出るに際し、白枠か銀枠かを選ぶ。

選ばれた枠を持つクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

 

[D]
言い知れない祝福が戦場に出るに際し、レアリティ1つを選ぶ。

選ばれたレアリティのクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

 

[E]
言い知れない祝福が戦場に出るに際し、偶数か奇数かを選ぶ。

選ばれた種類のコレクター番号を持つクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。

 

[F]
言い知れない祝福が戦場に出るに際し、数1つを選ぶ。

ちょうど選ばれた数の単語からなるカード名を持つクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、カードを1枚引く。(ハイフンで繋がった単語は1語である。)

6種類ものバリエーションを持つカード。

フレーバーテキストの有無、アーティスト、枠の色、レアリティ、コレクター番号、単語数のいずれかを選び、対応したクリーチャーが自分のコントロール下で戦場に出るとカードを1枚ドローできる。あらかじめデッキ構築の段階で寄せておく必要はあるものの、ドローが苦手な緑ではこの軽さは魅力。クリーチャーが戦場に出るとドローができる緑のカードといえば《収穫の魂/Soul of the Harvest(C14)》などが挙げられるが、こちらは非常に早い段階で設置できるため、大量のドローが見込める。同じカードでも白枠のバージョンや、フレーバーテキストが記載されているものを探し出してデッキに入れるなど、デッキ構築やカード集めがが楽しくなりそうなカードだ。

 


 

 

運良く/As Luck Would Have It

エンチャント

呪禁

あなたがサイコロを1個振るたび、運良くの上にその出目に等しい数の幸運カウンターを置く。その後、運良くの上に100個以上の幸運カウンターがあるなら、あなたはこのゲームに勝利する。(あなたがサイコロを振り直した場合、その両方を数える。)

「スーパーダイスロールデッキを組め!」というウィザーズからのお告げ。

ダイスを振るたびに幸運カウンターが置かれ、100個貯まれば勝ち。6面ダイスで最高値の「6」を出し続ければ、17回で条件を満たす。期待値の「3.5」で計算すると29回だ。ちなみに、幸運カウンターが乗る条件となるサイコロは、6面だけとは限らない。《<ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズの剣>/Sword of Dungeons & Dragons(UST)》で使用するd20(20面体)も、問題なく対象となる。こちらであれば、最高5回で条件を達成できるぞ!…もっとも、そんな豪運を持っていれば、《<ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズの剣>/Sword of Dungeons & Dragons(UST)》によるドラゴン・トークンでもう勝負はついているはずだが…。

 


 

 

蛇行性/Serpentine

クリーチャー ― ワーム

土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、

拡張(2), (緑),((2), (緑), あなたの手札からこのカードを公開する:宿主1つを対象とし、これをそれに結合させる。拡張はソーサリーとしてのみプレイできる。)

+3/+3

レアの拡張持ちクリーチャー。

「土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、」のテキストを付与する。さすがはレア、拡張コストが3マナとお手頃で、修正値も高い。軽量の宿主・クリーチャーに付けるだけで戦闘で活躍できる十分なサイズになるし、3,4ターン目に出すことができれば、宿主・クリーチャーの能力も複数回の誘発が見込める。誘発で基本土地・カードをサーチ可能な《<野生の||クロコダイル>/Wild Crocodile(UST)》と組み合わせれば、毎ターン土地を補充できるエンジンの完成だ。

 


 

 

ハイプードラ/Hydradoodle

クリーチャー ― ハイドラ・猟犬

ハイプードラが戦場に出るに際し6面体サイコロをX個振る。ハイプードラはそれらの出目の合計に等しい数の+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る。

到達、トランプル

0/0

ダイスを振って、出た目の数だけ+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出るハイドラ。

きちんとトランプルを持っているため、膨れ上がったパワーも無駄になりにくい。MAX値を考えると4マナで6/6、6マナで12/12、8マナで18/18。可能な限りX=2以上で狙いたいところ。《〈リス力計画〉/Squirrel-Powered Scheme(UST)》と組み合わせて出目を大きくしたり、《倍増の季節/Doubling Season(RAV)》で更なるサイズアップを狙おう。

 


 

 

リス伯爵/Earl of Squirrel

クリーチャー ― リス・アドバイザー

絆リス(このクリーチャーがダメージを与えると、さらにあなたはその点数に等しい数の緑の1/1のリス・クリーチャー・トークンを生成する。)

あなたがコントロールしているクリーチャー・トークンは、それらの他のクリーチャー・タイプに加えてリスである。

あなたがコントロールしている他のリスは+1/+1の修整を受ける。

4/4

全ての能力が見事に噛み合ったリスのロード。

全てのトークンをリス化するため、結果的にトークン全てのロードとも言える。絆魂ならぬ「絆リス」能力も持ち合わせており、単体で使っても十分に強力。点数分のリス・トークンをばらまき、それらのリスをロード能力で強化するため、ダメージを与える度に2/2相当のリスが4体も出てくることになる。言わずもがな、ほかの強化手段や格闘との相性は抜群で、いち部族のロードに留まらない活躍をしてくれる。

 


 

 

参考

『Unstable』 日本語対訳カードリスト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-読み物, 銀枠
-, , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.