【モダン】スリヴァー:《集合した中隊》採用、カンパニー型のモダン向けスリヴァー・ビートダウン

投稿日:

 

デッキリスト

スリヴァー by Tomomizu Takuya

Creatures (27)
Blur Sliver
Diffusion Sliver
Galerider Sliver
Leeching Sliver
Manaweft Sliver
Predatory Sliver
Sedge Sliver
Sentinel Sliver
Sinew Sliver
Syphon Sliver

Spells (12)
Collected Company
Dismember
Fatal Push
AEther Vial
Liliana, the Last Hope
Lands (21)
Blood Crypt
Cavern of Souls
Forest
Godless Shrine
Mutavault
Overgrown Tomb
Sliver Hive
Swamp
Temple Garden
Urborg, Tomb of Yawgmoth
Verdant Catacombs
Watery Grave

Sideboard (15)
Chameleon Colossus
Fulminator Mage
Harmonic Sliver
Surgical Extraction
Warping Wail
Collective Brutality
Lost Legacy
Thoughtseize
Pithing Needle
Relic of Progenitus

解説

   

 

前回レガシーにおけるスリヴァーデッキ:「カウンタースリヴァー」を取り上げたが、スリヴァーデッキをモダン向けに昇華させ、結果を残したリストがあったのでご紹介。

 

スリヴァーデッキというと、《水晶スリヴァー/Crystalline Sliver(STH)》や《筋肉スリヴァー/Muscle Sliver(TMP)》などのイメージから、どうしてもフォーマットはレガシーに走ってしまいがちだ。しかし、時のらせん、基本セット2014, 2015にてスリヴァーのラインナップは追加されているため、モダン・フォーマットでも十分デッキを組むことができる。

 

   

 

このモダン版「スリヴァー」は、10種類・計27枚ものスリヴァー・クリーチャーが投入されている。これらのスリヴァー達を《霊気の薬瓶/AEther Vial(DST)》や《集合した中隊/Collected Company(DTK)》で大量展開し、あとはスリヴァー特有のシナジー形成で強化し、相手を殴り倒す…というのが基本的なプランとなる。

 

それでは、選び抜かれた10種類のスリヴァーを見ていこう。

 

 

まず、4枚採用され、優先度が高いスリヴァー達だ。《捕食スリヴァー/Predatory Sliver(M14)》と《筋力スリヴァー/Sinew Sliver(PLC)》はスリヴァーデッキではほぼ必須といってもよいカード。シンプルながら、スリヴァー全体の打点をはね上げる重要なカードだ。《風乗りスリヴァー/Galerider Sliver(M14)》は1マナと軽く、重要な回避能力である飛行を付与できる点で非常に優秀。

 

   

 

Diffusion Sliver / 拡散スリヴァー (1)(青)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)
あなたがコントロールするスリヴァー(Sliver)・クリーチャー1体が対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象になるたび、それのコントローラーが(2)を支払わないかぎり、その呪文や能力を打ち消す。
1/1

Sedge Sliver / 菅草スリヴァー (2)(赤)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)
すべてのスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは「このクリーチャーは、あなたが沼(Swamp)をコントロールしているかぎり+1/+1の修整を受ける。」を持つ。
すべてのスリヴァーは「(黒):このパーマネントを再生する。」を持つ。
2/2

 

《拡散スリヴァー/Diffusion Sliver(M15)》は最強のスリヴァーと名高いあの《水晶スリヴァー/Crystalline Sliver(STH)》とまではいかないものの、単体除去や能力に対して一定の耐性を付与する。また、《拡散スリヴァー/Diffusion Sliver(M15)》の能力は重複することを覚えておこう。《菅草スリヴァー/Sedge Sliver(TSP)》はやや重めだが、沼さえコントロールしていれば+1/+1強化と再生能力を与えられる。タイプ:「沼」を持つギルドランドが多く採用されているため、能力を発揮するのは容易いはずだ。

 

 

Manaweft Sliver / マナ編みスリヴァー (1)(緑)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)
あなたがコントロールするスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは「(T):あなたのマナ・プールに好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つ。
1/1

Leeching Sliver / 血吸いスリヴァー (1)(黒)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)
あなたがコントロールするスリヴァー(Sliver)が1体攻撃するたび、防御プレイヤーは1点のライフを失う。
1/1

 

残るは、やや優先度が下がる1~2枚採用のスリヴァー達だ。まず、マナ・クリーチャーである《マナ編みスリヴァー/Manaweft Sliver(M14)》に、攻撃時にスリヴァーの数だけ相手のライフを詰められる《血吸いスリヴァー/Leeching Sliver(M15)》。そして、「速攻」「警戒」「絆魂」といったキーワード能力を付与する《収差スリヴァー/Blur Sliver(M14)》《歩哨スリヴァー/Sentinel Sliver(M14)》《吸管スリヴァー/Syphon Sliver(M14)》だ。基本的にこれらのカードは効果が重複しないため、2枚以上引きたくないカード。枚数を抑えての採用となる。

 

 

 

Liliana, the Last Hope / 最後の望み、リリアナ (1)(黒)(黒)
プレインズウォーカー — リリアナ(Liliana)
[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。あなたの次のターンまで、それは-2/-1の修整を受ける。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚あなたの墓地に置く。その後、あなたはあなたの墓地からクリーチャー・カード1枚をあなたの手札に戻してもよい。
[-7]:あなたは「あなたの終了ステップの開始時に、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンをX体生成する。Xはあなたがコントロールするゾンビの総数に2を足した数に等しい。」を持つ紋章を得る。
3

 

クリーチャー以外のスペルは、スリヴァーをばらまくための《集合した中隊/Collected Company(DTK)》《霊気の薬瓶/AEther Vial(DST)》を除けば、わずか4枚。クリーチャー除去の定番である《四肢切断/Dismember(NPH)》《致命的な一押し/Fatal Push(AER)》に、軽量プレインズウォーカーである《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》。《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope(EMN)》は相手のクリーチャーを弱体化させてスリヴァーの戦闘を有利にしつつ、隙を見て墓地からスリヴァーを回収してリソースを増やすなど、横展開を維持したいこのデッキの動きに噛み合っているカードだ。

 

参考

晴れる屋平日モダン20時の部:3-0
Slivers!! by Tomomizu Takuya
http://www.hareruyamtg.com/jp/k/kD31209S/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.