【モダン】アミュレット・タイタン【MO Modern PTQ:29位】

投稿日:

 

デッキリスト

アミュレット・タイタン by OLEA

Creatures (15)
Azusa, Lost but Seeking
Primeval Titan
Sakura-Tribe Scout
Simian Spirit Guide
Tireless Tracker
Walking Ballista

Spells (18)
Ancient Stirrings
Serum Visions
Pact of Negation
Summoner's Pact
Amulet of Vigor
Engineered Explosives
Lands (27)
Bojuka Bog
Boros Garrison
Botanical Sanctum
Forest
Gemstone Mine
Ghost Quarter
Gruul Turf
Khalni Garden
Radiant Fountain
Selesnya Sanctuary
Simic Growth Chamber
Slayers' Stronghold
Sunhome, Fortress of the Legion
Tolaria West
Vesuva

Sideboard (15)
Tireless Tracker
Pact of Negation
Ancient Grudge
Cavern of Souls
Crumble to Dust
Dismember
Firespout
Hornet Queen
Reclamation Sage
Swan Song
Thragtusk

解説

 

かつてモダン環境で猛威を振るっていた「アミュレット・ブルーム(アミュレット・コンボ)」。これは「精力の護符」と「花盛りの夏」、そしてバウンスランドのシナジーにより、大量のマナを生み出し相手を圧倒するデッキだった。しかし2016年の1月、モダン環境を低速化させるために「花盛りの夏」が禁止になったことで、「アミュレット・ブルーム」はその生涯を終えた…かに見えたが、このデッキは形を変え、未だモダン環境で生き残っている。それが、この「アミュレット・タイタン」だ。

 

このデッキのメインの勝ち筋としては、とにかく早い段階で「原始のタイタン」を叩きつけることだ。マナをブーストする手段である「花盛りの夏」が使えなくなってしまったが、その代用として「迷える探求者、梓」「桜族の斥候」を投入してカバーしている。「精力の護符」が場に出ている状態で「原始のタイタン」さえ着地すればあとはもう思いのまま。「原始のタイタン」の能力で各種バウンスランドと「トレイリア西部」を場に出し、3マナ出して「トレイリア西部」をバウンス。浮いた3マナで「トレイリア西部」を変成し、状況に応じたカードに変えることができる。「否定の契約」で相手の除去に備えたり、「召喚士の契約」で第2の「原始のタイタン」を手にしたり、「ボジューカの沼」で墓地対策…。なかなかにトリッキーな動きだ。

 

また、2枚採用されている「不屈の追跡者」も相性の良いカードだ。1ターンに2枚の土地をプレイしたり、バウンスランドによって何度も土地を出し入れするデッキのため、大量に手掛かりトークンを生み出せる。大量のマナは手掛かりトークンを生け贄に捧げる際のマナの支払いにも使用でき、多くのカードを引くことが可能だ。同時に「不屈の追跡者」はモリモリと成長するため、馬鹿にできない打点となるだろう。

 

参考

http://magic.wizards.com/ja/node/1134106

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.