【アモンケット】リミテッド対策:青の注目コモン・アンコモンまとめ(高評価カード)

更新日:

 

アモンケットのコモン・アンコモンを制する

 

アモンケットプレリリースに向け、各色毎に有用なコモン・アンコモンをピックアップしまとめる。もちろん、全てのカードに点数をつけ、1枚ずつじっくりと確認するのも有効だ。しかし、マジック・プレイヤーは忙しい学生や社会人が多い。ずらっと並べられたものを見るよりは、まずは各色の「強そうなコモン・アンコモンだけ」をさらっと確認できた方が、より短時間で効果的に予習できるのではないかと考えた。また、初心者においてはデッキ構築時間の短縮にも繋がると思う。

今回は「青」編だ。各自の予習に役立ててほしい。(なお、評価はシールドを基準としている。)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

アモンケット:青の注目コモン

 

まずはコモンの注目クリーチャーから。

「這い寄る刃」は1マナのコモンにしては破格の性能だ。タフネスが2あるのも嬉しいし、リミテッドにおけるブロック不可能なクリーチャーの強さは説明不要。様々な強化呪文や各種カルトーシュとの相性もいい。「へクマの歩哨」は3マナ2/3とサイズはそこそこだが、1マナ立てておくだけで強化をちらつかせることができる嫌なカードだ。「エイブンの修練者」は4マナ3/2のフライヤーの時点で合格だが、後半は不朽で使い回すことができ、最後のひと押しに活躍するだろう。

 

 

 

続いて、コモンのスペルだ。注目スペルは5種類と多く、コモンながらバリエーション豊か。

「叱責の風」は2マナのインスタントバウンスとして使いやすいカードだが、ライブラリーを削る効果は相手にも及ぶ点に注意。不朽持ちのクリーチャーや余波持ちのカードなど、意識してデッキを組んでおくと有利に働く可能性が高まる。「知識のカルトーシュ」は破格のスペックだ。2マナでクリーチャーを強化しつつ飛ばせる上、ドローによってアドバンテージも失わない。

「錯覚の覆い」は3マナで大半のクリーチャーを無力化できるナイスコモン。「判断麻痺」は4マナで2体のクリーチャーを寝かせることができ、時間稼ぎにもフィニッシュブローにもなる。「大水」は6マナと重いものの、一気に2体のクリーチャーをバウンスできるのは強力。いざとなればサイクリングでドローに変えられるのも偉い。

 

 

アモンケット:青の注目アンコモン

 

今度は、アンコモンのクリーチャーを見ていこう。注目クリーチャーは4枚とやや多め。

「迷宮の守護者」は呪文の対象になると死んでしまうが、能力の対象になっただけでは死なないため、シンプルにマナレシオの高いクリーチャーとして運用できる。不朽でアドバンテージが取れるのも嬉しい。「砂時計の侍臣」はやや重いが、擬似警戒を持たせることができ、督励との相性は抜群。土地をアンタップすることで青では貴重なマナ加速としても使え、非常に便利なカード。

「謎めいた海蛇」は素では重いが、5マナ6/5程度でのキャストが期待でき、頼もしいサイズだ。「釣りドレイク」は4/4フライヤーにバウンス付きと、弱い部分が見当たらない。さすがアンコモン。

 

 

 

最後に、アンコモンのスペルを見ていこう。注目スペルは3枚。

「知識の試練」は普通に使ってもカードが増えるが、単体でも強力な「知識のカルトーシュ」で使い回せるのが真の強みだ。「主張」は重いがリミテッドにおけるパーマネント奪取が弱いわけがない。滅多なことでサイクリングすることは無いだろうが 、有事の際にはドローに変えることも。選択肢があることは良いことだ。

「脅威への入り口」は書いてあることを疑いたくなってしまうほどのパワーカード。ゲームを決めうるカードに大量ドローのおまけが付くとは、さすがにこれはやり過ぎだろう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2017 AllRights Reserved.