【MTG福袋開封2021】エンダルゲームス 福袋:『2021年新春福袋 50000円』開封

投稿日:

 

今年の福袋はエンダルさん1点買い

 

アップするのが遅くなってしまいましたが、今日は2021年のマジック福袋の開封記事です。年末年始の「福袋」の争奪戦といえば、マジック界隈の一大イベントだと思います。

昨年は財布の紐が緩みまくり、奮発していくつかの店舗で購入したのですが、昨今の人気カードの超が付くほどの高騰を見せていることを考慮すると、今年の福袋はどこも大きくグレードダウンしているのではないかと読みました。

 

というわけで今年は一店舗だけにターゲットを絞り、エンダルゲームスさんの福袋を購入です。

エンダルさんで購入したのは、15,000円の福袋50,000円の福袋を1つずつ。今回は高いほう、50,000円の福袋を開けていきたいと思います。

それでは早速開封!

 

●15,000円の福袋開封記事はこちら

【MTG福袋開封2021】エンダルゲームス 福袋:『2021年新春福袋 15000円』開封

  今年の福袋はエンダルさん1点買い   さて、アップするのが遅くなってしまいましたが、今日は2021年のマジック福袋の開封記事です。年末年始の「福袋」の争奪戦といえば、マジック界 ...

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『2021年新春福袋 50,000円』を開封

 

・『ゼンディカーの夜明け』ブースター(日2、英1)
・『ゼンディカーの夜明け』セット・ブースター(日1)
・『ゼンディカーの夜明け』コレクター・ブースター(日1)
・『イコリア』ブースター(日1、英1)
・『基本セット2021』ブースター(英1)

・『モダンホライズン』ブースター(日1)
・『灯争大戦』ブースター(日1)
・『ダブルマスターズ』ブースター(英1)
・『統率者レジェンズ』ドラフトブースター(日1)

 

まずは封入されていたパックから。

先行して開けていた15,000円の福袋のものとベースは同じで、『戦乱のゼンディカー』のコレクター・ブースターや『モダンホライゾン』でグレードアップされた感じでしょうか。去年とどちらが良かったかというと、今年の方がわずかにランクダウンという印象。好みもあるとは思うのですが、シングルに期待です。

 

 

 

 

瞬殺でパックを開けました。めぼしいところだけ載せています。

小道シリーズの拡張Foilはなんぼあっても良いです。《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》も個人的に好きなサイクルなので嬉しいところ。

 

 

 

・チャレンジャーデッキ「機体ラッシュ」
・カードバリアー:ハイパーマットブルー

 

15,000円の福袋との差異として、チャレンジャーデッキとハイパーマットスリーブが入ってました。

こういう構築済みのデッキものとハイパーマットスリーブはエンダルさんの5万円福袋の恒例ですので、なんだか安心します。

 

チャレンジャーデッキ「機体ラッシュ」は昔ほどの価値を保っていないものの、パーツ取りとして考えるとファストランド2枚や《ボーマットの急使/Bomat Courier(KLD)》4枚などまだまだ使えそうなカードは入ってます。

なんにせよ、「すぐに遊べてある程度形になっているデッキ」というのはありがたいです。スタンダードで活躍したデッキは数年寝かせてから遊んでみるとなかなか面白いので…。とはいえデッキをずっと残しておくのも面倒なので、こういうチャレンジャーデッキが役に立ちます。売れ行きはどうかわからないのですが、個人的に今後も販売を続けてもらいたいなと思っている商品です。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

さて、いよいよ本命のシングルを開封していきます。

シングルカードはクッション材の付いた封筒に入っていました。細かいところではありますが、15,000円のものより豪華になっています。

 

 

 

 

封入されていたカードは全部で4枚!

 

 

 

 

シングル1枚目は《突然の衰微/Abrupt Decay》

ワールドマジックカップ予選で配布されたプロモ版ですね。通常版は多数所持してますが、このプロモ版は持っていなかったのでありがたいです。ジャンドカラーのデッキが好きなのでかなりお世話になりました。価格は4,000円くらい。

 

 

 

 

2枚目は《実物提示教育/Show and Tell(CN2)》です。

『コンスピラシー:王位争奪』の神話レア版ですね。《実物提示教育/Show and Tell》自体はデッキで使う用に4枚揃えたあと、パックなりくじなりで引きまくっているので探せば8枚以上はありそう。価格は2,000円程度。

 

昔、レガシーの『感染』デッキのサイドボードに忍ばせて、サイド後に《大祖始/Progenitus(CON)》をぶつける変則アグレッシブサイドボーディングを行ってました。メインはクリーチャーメインのコンボで攻めて、サイド後はクリーチャー除去が効かないコンボで攻める。使っていて面白いデッキだったのですが、キーカードを潰された際のリカバーが難しく、あまり勝率は高くありませんでした。

 

 

 

 

3枚目は《裏切り者の都/City of Traitors(EXO)》

『エクソダス』のトップレア。レガシー以下の環境において、非常に多くのデッキで採用されている土地です。デメリットはありますが、マナブースト手段として序盤の展開を支える強力カード。私自身レガシーの『ドラゴンストンピィ』で随分お世話になっている1枚です。デッキを組む都合上、既に4枚揃えてしまっているのですが、こうなったら2つ目のデッキのために8枚揃えようかなとも思ってしまいます。

状態が綺麗なニアミントレベルだったので、価格は27,000円ぐらいで見ています。ちなみに、数年前に4枚揃えた際は1万円以下だったんですけどね。それでも当時は「相当高いな(怒)」と渋々購入していたのですが、今覚えばまだ幸せな時代でした。本当に昨今の採録禁止カードの高騰っぷりはいただけませんね…。

 

 

 

 

ラストは《Scrubland(3ED)》

きっちりデュアランも封入されていました。てっきり今年の5万円クラスの福袋にはデュアランは入っていないだろうと予想していたのですが。高価な方ではないとはいえ、きっちり入れてくれていたのは嬉しいです!

実は去年のエンダルさんの5万円福袋からも《Scrubland(3ED)》を引けていて、つくづくこのカードには縁があるなぁとしみじみ。コツコツくじなり福袋なりで当て続けて、これでかれこれ6枚目です。価格はカードの状態を考慮して、25,000円くらいで見ています。デュアランはいくらあっても嬉しいですね。

 

 

created by Rinker
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
¥19,114 (2021/07/30 16:10:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

総評

 

パック類におまけのデッキ、定番のスリーブ。シングルカードは去年のものよりも枚数が減ったものの、その分1枚当たりの単価が高く、実用度の高い高額カードが封入されており「ハズレ無し」という印象です。販売金額換算では、7万円をちょい切るぐらいは入っていたと思います。購入金額の140%弱、やはりお得感ありますね!

期待通りの福袋、来年も是非購入したいところです!

 

参考

エンダルゲームス通販サイト
https://www.enndalgames.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

●日本語版:
 楽天 / Amanon / 駿河屋
●セットブースター:
 楽天 / Amazon / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / Amazon / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / Amazon / 駿河屋

●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●セットブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●セットブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●統率者デッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●コレクターブースター:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋

関連コンテンツ

-読み物, 購入品
-, , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2021 AllRights Reserved.