【MTG福袋開封】晴れる屋 福袋:『絶版福箱2019(5万円)』開封結果

投稿日:

 

晴れる屋さんの福袋2019年ver.(福箱)を購入

 

年末年始、マジック界隈の一大イベントといえば、福袋の販売だ。
人気ショップともなれば朝から大勢のプレイヤーが行列を作り、通販の場合でも例年サーバが落ちるショップもあるほど。

昨年は手ごろなところに手を出したので、今年は一転、高額ラインを攻めることに。
理由としては、昨年に比べてレガシー準拠のカード群が軒並み値上がりしており(デュアラン、お前のことやぞ)、ある程度高額ラインを狙わないと手元に残りそうなカードが入っていないのでは?と考えたからだ。今回は2店舗でひとつずつ購入。まずは晴れる屋さんの福袋、「晴れる屋 絶版福箱2019(5万円)」の中身を公開!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

到着した箱の外観から。毎年変わらぬ恥ずかしいシールが貼ってあるぞ!!!
箱のサイズがそこまで大きくなかったのと、箱の重量感から未開封BOXは入っていないと推測できた。

 

 

 

・晴れる屋オリジナルプレイマット:「夏の海」

 

それでは早速中身を見ていこう。まずは定番のサプライから。

晴れる屋オリジナルプレイマットは入っているだろうなと予想していたが、見事的中。
Rob Alexander氏が描く、四季シリーズ:「夏の海」だ。

福袋を買うたびに何かしらのプレイマットを入手するので、部屋の至るところで敷き物として使われる運命。(特にマウスパッドとしての性能が最高峰)

 

 

 

・晴れる屋オリジナルデッキケース (赤)
・「統率者」サポートボード(4人用)×2枚
・アルティメットガード社:サイドワインダーデッキケース 80+ Chromiaスキン

 

サプライは他にも。統率者サポートボードは面白いアイディア商品だな…と感心するも、友達を3人集める方がハードルが高いことに気づき泣いた。しかもご丁寧に2枚も入れてあるぞ…?

個人的に嬉しかったのはアルティメットガード社のサイドワインダーデッキケース。
以前から注目していた商品ではあったものの、デッキケースとしては2000円を超える高額商品のため試せずにいた。使ってみると、フリップ部分が大きく開き、スリットの面積も広いためカードが取りやすい。蓋部分のマグネットも強力で食いつきがいいのも好感触。

また、このモデルは温感素材:「Chromiaスキン」を採用しており、触れる度に表面の色が変わるのも面白い。ひっかき傷に弱いのが弱点だが、久々に「乗り換えてもいいな」と感じるデッキケースだった。

 

 

 

・デュエルデッキ:ヴェンセールvsコス
・統率者2018:「極上の発明品」

 

構築済みデッキも2種類封入。ヴェンコスは嬉しい!
『ドラゴンストンピィ』で出番のある《槌のコス/Koth of the Hammer》や、このデッキでしか手に入らないイラストの《流刑への道/Path to Exile》《定業/Preordain》が封入されているのはなかなか。

熟女みたいなサヒーリが目印の「極上の発明品」の方は…本当にコメントすることがないな…えぇと…とりあえず開けてすぐ遊べる!!よし!!

 

 

・晴れる屋オリジナルストレージ:「蛍の森の神社/The Shrine in the Firefly Forest」

 

さて、ここまでが段ボールを開けて見えていたもの。
サプライ品に構築済みデッキ…現時点では高く見積もっても購入金額の2割強しか返ってきていない。

…ということはこのストレージの中身に期待していいはず…!!

 

 

 

・エンスカイ/プレイヤーズカードスリーブ:《精神を刻む者、ジェイス》
・エンスカイ/プレイヤーズカードスリーブ:《フブルスプ》×2

 

ストレージから出てきたのはプレイヤーズスリーブ。
謎の《フブルスプ/Fblthp》推し。カード化を待ち望むファンも多いはず。

 

 

 

・アルティメットマスターズ×3
・神河物語(日)
・ヴィジョンズ(中)
・基本セット9版(日)

 

ストレージの中には高額パックも6パック封入。
なるほど、アルティメットマスターズで《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》を引きつつ、神河物語でレジェンド・クリーチャーのFoil、ヴィジョンズで《吸血の教示者/Vampiric Tutor(VIS)》、9版で《血染めの月/Blood Moon》のFoilを引けば勝てると。徳を積んだLandaにとっては簡単なゲームd...

 

 

 

なんでや(憤慨)

9版でレアFoilを引くも、《高潮のクラーケン/Tidal Kraken》で夢は儚く散る

 

 

 

ラストはご祝儀袋の中身に賭けるしか。

触ってみた感じ、あまり厚みがなくローダーが1枚。

 

 

 

中身は…イタリア版《Scrubland》のニアミント!

裏面を含め、状態が非常に綺麗。ニアミントのデュアランを手にするのは実はこれが初めて。
《Scrubland》は必要枚数は揃っているのだが、デュアランは何枚あっても困らない。コレクション用に状態も良いとあってはなおさらだ。

 

ただ、これでも福袋の購入金額には届かない…。

 

 

 

まさかと思ってローダーを裏返すと、『Kaladesh Inventions』版の《太陽の指輪/Sol Ring》が!

不安も吹き飛ぶ超高額カード。ありがとう晴れる屋…!

 

 

 

ちなみに、この福箱にはお正月らしい試みとして、おみくじも封入されている。
こうした小さな気遣いが嬉し…

 

 

 

なんでや

 

 

今年もよろしくおねがいします

 

参考

なし

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『灯争大戦』:2019年5月3日発売
●日本語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-読み物, 購入品
-, , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2019 AllRights Reserved.