『ドミナリア』プレリリース/リミテッド対策:コモン・アンコモンのコンバットトリックまとめ

投稿日:

 

『ドミナリア』のフルスポイラーが公開:コンバット・トリックまとめ

 

プレリリースを週末に控え、4月27日発売の『ドミナリア』:フルスポイラーが公開された。
「ドミナリア:カードイメージ・ギャラリー」

 

すっかり定番となったが、プレリリースを含むリミテッドの予習を兼ね、コモン・アンコモンの「コンバット・トリック」カードに着目して各色ごとにまとめる。殴り合いはリミテッド環境における基本。コンバット・トリックを把握すれば、きっと戦闘を有利に進められるはずだ。各種イベントで勝利を収めるために、各自の環境把握・予習に少しでも役立てて貰えれば光栄だ。

今回はプレリリース・キットの中身に変更が加えられていたり、プレリリース時に予約していたBOXが受け取れるなど、これまでにない試みが。この機会に、『伝説の結集』を体験しよう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

『ドミナリア』:「白」のコンバット・トリック

   
   

 

白のコンバット・トリックは除去編で解説した3種を含む6種類。

 

全体的に『ドミナリア』の白はコンバット・トリックに恵まれている印象。防御寄りのため積極的に採用しづらい《治癒の恩寵/Healing Grace(DOM)》を除けば、有用ラインのカードが5種類も。《ギデオンの叱責/Gideon's Reproach(DOM)》の使いやすさは言わずもがな、2マナ以下の軽量ラインに《突撃/Charge(DOM)》と《不屈の意志/Adamant Will(DOM)》が控えている。

《突撃/Charge(DOM)》はわずか1マナでクリーチャー全体に+1/+1修正を与えるインスタント。相手が白1マナを立たせている状態でタイトなコンバットを行う際は、真っ先に警戒するべきカード。《不屈の意志/Adamant Will(DOM)》は2マナで撃ちやすく、破壊不能の付与が偉い。ただ、後出しのやや防御寄りな運用になるか。

 

 

『ドミナリア』:「青」のコンバット・トリック

   
   

 

青のコンバット・トリックは除去編で解説した1種を含む5種類。

《救出/Rescue(DOM)》は自分のクリーチャーのみしか対象にできないバウンス。使い回したいCIP能力を持ったクリーチャーが多い場合には有用かもしれないが、汎用性を考えると《一瞬/Blink of an Eye(DOM)》に軍配が上がるだろう。《マーフォークのペテン師/Merfolk Trickster(DOM)》は青が濃いめのマナ・コストだが、相手のクリーチャー1体の能力を失わせるトリッキーな動きが可能。飛行、絆魂、先制攻撃…戦闘ひとつを取っても、失わせたい能力は多い。

《混迷/Befuddle(DOM)》はキャントリップ付きの-4/-0修正スペル。『ドミナリア』の青のクリーチャーは全体的にパワーが低めなので、他の色のクリーチャーと組み合わせて美味しく討ち取りたいところ。《真珠三叉矛の歩哨/Sentinel of the Pearl Trident(DOM)》はクリーチャー単体の質としてはギリギリ及第点。強力な英雄譚と組み合わせ、ブリンクすることができれば非常に強力。

 

 

『ドミナリア』:「黒」のコンバット・トリック

   

 

黒のコンバット・トリックは除去編で解説した3種を含む全4種。

これらの中では《不純な捧げ物/Vicious Offering(DOM)》がトップクラスに使いやすい。癖がなく、キッカーによって落とせる範囲に幅を持たせられるのが優秀。《菌類感染/Fungal Infection(DOM)》は修正値こそ小さいものの、ブロックを介せばタフネス2までのクリーチャーを落とせる点に注意。

黒のコンバット・トリックは1マナと2マナしかないため覚えやすい。1マナ立っている場合は最大+2/+1修正、2マナ立っている場合は-2/-2修正(キッカーで最大-5/-5)。伝説でないクリーチャーの場合、最悪確定除去が飛んでくると覚えておこう。

 

 

『ドミナリア』:「赤」のコンバット・トリック

   
   
 

 

赤のコンバット・トリックは除去編で解説した3種を含む全5種。

キッカーにより火力を調整可能な《シヴの火/Shivan Fire(DOM)》と、癖の無い赤の強化スペルである《白熱の一撃/Fervent Strike(DOM)》が1マナ域に。そして、そのどちらもコモン。赤1マナが立っていれば、「2点火力」か「+1/+0修正と先制攻撃付与」を警戒しよう。相手がウィザードをコントロールしていれば、コストを軽減した《魔術師の稲妻/Wizard's Lightning(DOM)》が飛んでくることも。

相手ターンのブロック時のみ、《猛り狂い/Run Amok(DOM)》のよる+3/+3修正を警戒。4マナあれば《放射稲妻/Radiating Lightning(DOM)》による全体1点火力も想定。タフネス1のクリーチャーを多く採用している場合は最悪ケースに備えよう。

 

 

『ドミナリア』:「緑」のコンバット・トリック

   
   

 

緑のコンバット・トリックは除去編で解説した2種を含む6種類。

除去が少ない分、緑のコンバット・トリックは多め。サイド要員である《空を射抜く/Pierce the Sky(DOM)》を除くと、メインから投入されそうなカードは5種類となる。全体的に、緑にしては修正値が小さめのラインナップ。1マナ域は《高木の武装/Arbor Armament(DOM)》による+1/+1修正、2マナ域は《成長の資質/Gift of Growth(DOM)》による+2/+2修正、あるいは《古えの憎しみ/Ancient Animus(DOM)》による+1/+1修正を加えた上での格闘。

4マナ域に達するとバリエーションが増え、キッカー込みの《成長の資質/Gift of Growth(DOM)》による+4/+4修正、《野生の猛攻/Wild Onslaught(DOM)》による全体+1/+1強化、《胞子の大群/Spore Swarm(DOM)》による1/1苗木トークン3体生成の選択肢がある。4マナ域に達すれば、最大修正値は+4/+4まで広がることを覚えておこう。

 

 

『ドミナリア』:「多色・無色」のコンバット・トリック

 

多色・無色のコンバット・トリックは存在せず。

 

 

参考

「ドミナリア:カードイメージ・ギャラリー」
https://magic.wizards.com/ja/articles/archive/card-image-gallery/dominaria

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『ラヴニカのギルド』:2018年10月5日発売

●日本語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●英語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ロシア語版:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●バンドル英:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●ギルド・キット:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
●プレインズウォーカーデッキ:
 Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.