【スタンダード】ティムールモンスターズ:《機知の勇者》採用の重量級ビートダウン、隠し味に《もう一人の自分》も

投稿日:

 

デッキリスト

ティムールモンスターズ by John Roberts II

Creatures (23)
Combustible Gearhulk
Verdurous Gearhulk
Altered Ego
Champion of Wits
Glorybringer
Rogue Refiner
Servant of the Conduit
Woodland Wanderer

Spells (14)
Chandra, Torch of Defiance
Abrade
Blossoming Defense
Onward
Unsummon
Oath of Nissa
Lands (23)
Forest
Island
Mountain
Aether Hub
Botanical Sanctum
Cinder Glade
Game Trail
Hashep Oasis
Lumbering Falls
Spirebluff Canal

Sideboard (15)
Scaled Behemoth
Dispel
Invasive Surgery
Negate
Onward
Hour of Devastation
Kari Zev's Expertise
Radiant Flames

解説

 

《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk(KLD)》や《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》など、ティムールカラーの強力な重量級のクリーチャー陣を次々に叩きつけるデッキがこの「ティムールモンスターズ」。スタンダードにおける4~6マナ域のパワフルなクリーチャー達を送り込んでいく動きは、実に豪快だ!

 

 

Rogue Refiner / ならず者の精製屋 (1)(緑)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ならず者(Rogue)
ならず者の精製屋が戦場に出たとき、カードを1枚引き、あなたは(E)(E)(エネルギー・カウンター2個)を得る。
3/2

Champion of Wits / 機知の勇者 (2)(青)
クリーチャー — ナーガ(Naga) ウィザード(Wizard)
機知の勇者が戦場に出たとき、あなたはこれのパワーに等しい枚数のカードを引いてもよい。そうしたなら、カード2枚を捨てる。
永遠(5)(青)(青)((5)(青)(青),あなたの墓地からこのカードを追放する:マナ・コストと永遠を持たない黒の4/4のゾンビ(Zombie)・ナーガ(Naga)・ウィザード(Wizard)であることを除き、これのコピーであるトークンを1体生成する。永遠はソーサリーとしてのみ行う。)
2/1

 

リストを見ればわかるようにこのデッキは全体的に重いため、「序盤のマナ加速」と「序盤〜中盤を凌ぐ」動きが重要となる。マナ加速はフル投入された《導路の召使い/Servant of the Conduit(KLD)》が担い、序盤〜中盤は《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》や《機知の勇者/Champion of Wits(HOU)》でアドバンテージを稼ぎつつ、ブロッカーとして立たせて凌ぐ。

特に『破滅の刻』で手にした《機知の勇者/Champion of Wits(HOU)》は永遠を持っているため、積極的にチャンプブロック要因として使っていける。序盤こそ手札のルーティングにしかならないが、後半に永遠能力を起動すれば4/4のサイズに4ドロー+2ディスカード。アドバンテージの塊のようなカードだ。

 

《削剥/Abrade(HOU)》や《送還/Unsummon(HOU)》などの軽量呪文も採用されており、これらのカードで相手の脅威に対処しながら、マナが溜まったら反撃へ。フィニッシャー級のクリーチャーを連打していこう。

 

Combustible Gearhulk / 焼却の機械巨人 (4)(赤)(赤)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)
先制攻撃
焼却の機械巨人が戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは「あなたはカードを3枚引く。」を選んでもよい。そうしないなら、あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚あなたの墓地に置き、その後焼却の機械巨人はそのプレイヤーに、それらのカードの点数で見たマナ・コストの合計に等しい点数のダメージを与える。
6/6

Verdurous Gearhulk / 新緑の機械巨人 (3)(緑)(緑)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)
トランプル
新緑の機械巨人が戦場に出たとき、あなたがコントロールする望む数のクリーチャーを対象とし、それらの上に4個の+1/+1カウンターを望むように割り振って置く。
4/4

 

フィニッシャーとして用意されているのは、まず《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk(KLD)》《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk(KLD)》の2枚。《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk(KLD)》は採用しているデッキが少ないが、3ドローになれば後続のモンスター達を補充、バーンになれば相手のライフをごっそりと持っていける。選択権が相手にあるとはいえ、重量級のカードを多数採用したこのデッキにおいては非常にマッチした1枚。

 

Woodland Wanderer / 放浪する森林 (3)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
警戒、トランプル
収斂 ― 放浪する森林は、これを唱えるために支払われたマナの色1色につき+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
2/2

Altered Ego / もう一人の自分 (X)(2)(緑)(青)
クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)
もう一人の自分は打ち消されない。
あなたはもう一人の自分を、追加の+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出ることを除いて、戦場に出ているクリーチャー1体のコピーとして戦場に出してもよい。
0/0

 

変わり種としては《放浪する森林/Woodland Wanderer(BFZ)》と《もう一人の自分/Altered Ego(SOI)》に注目。《放浪する森林/Woodland Wanderer(BFZ)》はこのデッキにおいては4マナ5/5~6/6のサイズが見込め、素晴らしいコストパフォーマンスが期待できる。

 

《もう一人の自分/Altered Ego(SOI)》はあまり見かけないカードだが、戦場のクリーチャーのコピーとして出せる。5マナ以上で撃てば+1/+1カウンターが乗った状態で場に出るため、相手の強力なクリーチャーを対象にしてもサイズ負けすることが無いのが特徴。もちろん自分の強力なクリーチャーを水増しすることもできるので、見た目以上に活躍の幅は広い。

 

 

強力なクリーチャーを叩きつけて勝利するタイプのデッキながら、ティムールカラーにまとめたことで《ならず者の精製屋/Rogue Refiner(AER)》《機知の勇者/Champion of Wits(HOU)》を採用でき、アドバンテージの獲得も得意なデッキに仕上がっている。「大型クリーチャーによるビートダウンが好きだけど、アドバンテージも取りたい!」というような欲張りなプレイヤーにオススメだ。

 

参考

Temur Monsters by John Roberts II
StarCityGames.com Standard Open(2017/07/15):24th
http://sales.starcitygames.com//deckdatabase/displaydeck.php?DeckID=114788

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『破滅の刻』:2017年7月14日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『Commander Anthology』:2017年6月9日発売
英語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『Archenemy:Nicol Bolas』:2017年6月16日発売
英語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『統率者(2017年版)』:2017年8月25日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2017 AllRights Reserved.