【スタンダード】ライジング・ホース:《冠毛の陽馬》+豊富なライフゲイン手段による馬主デッキ

投稿日:

 

デッキリスト

ライジング・ホース by gaku

Creatures (22)
Glory-Bound Initiate
Lone Rider
Filigree Familiar
Lantern Scout
Felidar Sovereign
Crested Sunmare
Thalia, Heretic Cathar

Spells (14)
Gideon, Ally of Zendikar
Ondu Rising
Authority of the Consuls
Cast Out
Lands (24)
Shefet Dunes
Blighted Steppe
18 Plains

Sideboard (15)
Stasis Snare
Fragmentize
Blessed Alliance
Hope of Ghirapur
Captain's Claws
God-Pharaoh's Gift
Crook of Condemnation

解説

   

Crested Sunmare / 冠毛の陽馬 (3)(白)(白)
クリーチャー — 馬(Horse)
あなたがコントロールする他の馬(Horse)は破壊不能を持つ。
各終了ステップの開始時に、このターンにあなたがライフを得ていた場合、白の5/5の馬クリーチャー・トークンを1体生成する。
5/5

 

遡ること2週間前、『破滅の刻』のプレビューで《冠毛の陽馬/Crested Sunmare(HOU)》が発表されたとき、私の心は強く打たれた。「馬」というマイナーな種族のバックアップ、単体でも運用しうるスペック、愛くるしいルックス、そして神話レアというファビュラスさ。一瞬で心奪われた私は、このカードが次期スタンダードの主役となることを確信した。

 

さっそくこのカードの魅力を紙束MTG(ほぼ専属)ビルダーであるgaku氏に伝え、《冠毛の陽馬/Crested Sunmare(HOU)》を主軸としたお馬さん育成デッキの開発を依頼。そして今日、スタンダードに変革をもたらすデッキのリストがついに完成したのである。とくとご覧あれ、これが夏の新作:「ライジング・ホース(Rising Horse)」だ!!

 

 


 

 

この「ライジング・ホース」は、白単色のお馬さん育成ゲーム…もとい白単ビートダウンデッキ。デッキの主役は言わずもがな、白単といってもアグロ寄りの速攻デッキではなく、《冠毛の陽馬/Crested Sunmare(HOU)》。馬クリーチャー・トークン生成能力を最大限に生かすため、ライフゲイン手段が豊富に投入されている形だ。ライフゲイン手段は、8種23枚。実にデッキの1/3以上がライフ獲得手段と化しており、どんな角度からもライフゲインが可能。

 

 

《栄光半ばの修練者/Glory-Bound Initiate(AKH)》はクロックとして強烈な上、督励によって4点ゲイン手段にも。《単体騎手/Lone Rider(EMN)》は2マナのクロックとしてはやや貧弱だが、《栄光半ばの修練者/Glory-Bound Initiate(AKH)》の督励アタック後に出すなどの工夫で2マナとは思えない働きをするようになる。

 

《金線の使い魔/Filigree Familiar(KLD)》はCIPでのライフゲインとチャンプブロックによる1ドローが主な役割。アドバンテージを失わないため、出し惜しみせずに使っていける。《ランタンの斥候/Lantern Scout(BFZ)》は同盟者シナジーは期待できないものの、CIP能力でそのターン限りの絆魂付与手段として使用可能。

 

また、クリーチャーが横に並びやすいため、《荒廃した草原/Blighted Steppe(BFZ)》で大量ライフゲインからの《フェリダーの君主/Felidar Sovereign(ZEN)》による特殊勝利も十分射程圏内だ。

 

 

Ondu Rising / オンドゥの蜂起 (1)(白)
ソーサリー
このターン、クリーチャーが1体攻撃するたび、ターン終了時まで、それは絆魂を得る。
覚醒4 ― (4)(白)(この呪文を(4)(白)で唱えたなら、加えて、あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それの上に+1/+1カウンターを4個置く。それは速攻を持つ0/0のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。)

 

そして、忘れてはならないのが《オンドゥの蜂起/Ondu Rising(BFZ)》の存在。実はこのデッキ、デッキ構築の検討が始まる前から「ライジング・ホース」という名前だけが決まっていた。単に「語感がよいから」という理由で付けていたコードネームであったが、ライフゲインという目的を満たしながら、「Rising」という名前を冠したうってつけのカード、それが《オンドゥの蜂起/Ondu Rising(BFZ)》だ。「覚醒4」のお陰で後半に引いても腐りにくいのがポイント。

 

 

 

その他にも、《領事の権限/Authority of the Consuls(KLD)》でアグロデッキのスピードを落としつつライフゲインしたり、《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar(EMN)》でクリーチャーや特殊地形を寝せることで相手の動きを妨害。どうしても処理しきれないカードには《排斥/Cast Out(AKH)》で退場を狙う。盤面に干渉できるカードはこの《排斥/Cast Out(AKH)》のみなので、使いどころには注意。

 

こうして時間を稼ぎ、《冠毛の陽馬/Crested Sunmare(HOU)》までたどり着いたらダー〇ースタリオンがスタート。豊富なライフゲイン手段を用いて毎ターン5/5の馬・トークンを量産できる。破壊不能を持つサラブレッド達は、瞬く間に戦場を駆け抜け、ゲームを終わらせてくれるはずだ。

 

 

参考

ライジング・ホース by gaku
デッキリスト提供に感謝!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『破滅の刻』:2017年7月14日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『Commander Anthology』:2017年6月9日発売
英語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『Archenemy:Nicol Bolas』:2017年6月16日発売
英語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『統率者(2017年版)』:2017年8月25日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2017 AllRights Reserved.