【モダン】URマーフォーク:赤を足すことで《稲妻》を獲得、サイドに《力ずく》も

投稿日:

 

デッキリスト

青赤マーフォーク by TAKUYA KASAHARA

Creatures (25)
Phantasmal Image
Cursecatcher
Lord of Atlantis
Master of the Pearl Trident
Silvergill Adept
Harbinger of the Tides
Master of Waves

Spells (16)
Vapor Snag
Lightning Bolt
Smuggler's Copter
Aether Vial
Spreading Seas
Lands (19)
Tectonic Edge
Island
Scalding Tarn
Mutavault
Cavern of Souls
Spirebluff Canal
Steam Vents

Sideboard (15)
Dispel
Gut Shot
Ceremonious Rejection
Swan Song
Negate
By Force
Relic of Progenitus

解説

   

 

通称「魚」とも呼ばれるモダンを代表する部族デッキである「マーフォーク」。次々とマーフォークを戦場に送り込み、横に並べて強化し殴り勝つ「青単」デッキ…というのは、もう過去の話なのかもしれない。青単であるはずの「マーフォーク」に赤を加えた姿、それがこの「URマーフォーク」だ。

 

AEther Vial / 霊気の薬瓶 (1)
アーティファクト
あなたのアップキープの開始時に、あなたは霊気の薬瓶の上に蓄積(charge)カウンターを1個置いてもよい。
(T):あなたの手札にある、点数で見たマナ・コストが霊気の薬瓶の上に置かれている蓄積カウンターの数に等しいクリーチャー・カードを1枚、戦場に出してもよい。

 

基本的な構成は通常のマーフォークと変わりはない。早いターンで《霊気の薬瓶/AEther Vial(DST)》を設置し、蓄積カウンターを貯めながらマーフォーク達を並べていく。《呪い捕らえ/Cursecatcher(SHM)》は相手が呪文を唱えるのを1ターン遅れさせ、《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides(ORI)》は相手のクリーチャーをバウンス、《銀エラの達人/Silvergill Adept(LRW)》は手札を増やし…。多種多様なマーフォークを横に並べつつ、《アトランティスの王/Lord of Atlantis(TSB)》《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident(M13)》の8枚ロード体制で強化し、打点を跳ね上げていく。

 

《アトランティスの王/Lord of Atlantis(TSB)》と《真珠三叉矛の達人/Master of the Pearl Trident(M13)》はマーフォークのサイズをアップさせるだけでなく、「島渡り」も付与する。《広がりゆく海/Spreading Seas(ZEN)》を引くことができれば、相手の土地の色マナを攻めつつ、こちらのアタックがスムーズに通るようになる。もし《広がりゆく海/Spreading Seas(ZEN)》を引けずにクリーチャーが地上で睨みあってしまうようなら、《密輸人の回転翼機/Smuggler's Copter(KLD)》の出番。手札をルーティングしつつ、空から攻めて相手のライフを削り取ることができる。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

Master of Waves / 波使い (3)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ウィザード(Wizard)
プロテクション(赤)
あなたがコントロールするエレメンタル(Elemental)・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。
波使いが戦場に出たとき、あなたの青への信心に等しい数の青の1/0のエレメンタル・クリーチャー・トークンを生成する。(あなたの青への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(青)の数に等しい。)
2/1

 

《波使い/Master of Waves(THS)》はこのデッキの切り札。4マナと他のマーフォークと比較するとやや重いが、《アトランティスの王/Lord of Atlantis(TSB)》などダブルシンボルのカードを多く採用しているため、青の信心は稼ぎやすい。自身のロード効果もあり、4マナとは思えない打点を叩き出すことが可能だ。

 

…とここまでは通常の「マーフォーク」と何ら変わりはない。「赤」を触ったことで手に入れたのは、まずメインでは《稲妻/Lightning Bolt(M11)》だ。コンスタントにクリーチャーを並べ、速やかに相手を殴り切ることを目的としているこのデッキは、「あと数点」が削れず厳しい戦いを強いられるゲームが多い。また、スロット上相手のクリーチャーに干渉する手段が少なくなりがちという問題もあり(=《四肢切断/Dismember(NPH)》を採用する場合もある)、これらの悩みを解決してくれるのがこの《稲妻/Lightning Bolt(M11)》というわけだ。

 

 

By Force / 力ずく (X)(赤)
ソーサリー
アーティファクトX個を対象とし、それらを破壊する。

 

サイドに目を向けると、赤のカードは《はらわた撃ち/Gut Shot(MM2)》《力ずく/By Force(AKH)》が採用されている。《はらわた撃ち/Gut Shot(MM2)》は最悪ライフで支払えるのでよいとして、《力ずく/By Force(AKH)》は「親和」を意識しての採用であろう。「マーフォーク」と「親和」、どちらもクリーチャーを横に並べてダメージカーブを増やしていくデッキであるが、基本的に「親和」の方が動き出しが早いため、「マーフォーク」にとっては不利なマッチアップとなる。その天敵に刺さるカードが採用できているのも、赤を触ったお陰だ。

 

参考

8 DECKS WITH AMONKHET GOODNESS
青赤マーフォーク by TAKUYA KASAHARA
http://magic.wizards.com/en/events/coverage/gpkob17/8-decks-amonkhet-goodness-2017-05-28

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.