【スタンダード】即席巨像:《艱苦の伝令》と《金属製の巨像》を生かした即席+巨像のハイブリッドデッキ

投稿日:

 

デッキリスト

UB即席巨像 by BU_KONN

Creatures (11)
Elder Deep-Fiend
Foundry Inspector
Herald of Anguish
Metalwork Colossus

Spells (26)
Baral's Expertise
Yahenni's Expertise
Fatal Push
Cultivator's Caravan
Hedron Archive
Metalspinner's Puzzleknot
Prophetic Prism
Skysovereign, Consul Flagship
Lands (23)
Aether Hub
Fetid Pools
Inventors' Fair
Island
Sanctum of Ugin
Sea Gate Wreckage
Spire of Industry
Swamp

Sideboard (15)
Herald of Anguish
Dispel
Metallic Rebuke
Tezzeret's Touch
Thought-Knot Seer

解説

   

 

Herald of Anguish / 艱苦の伝令 (5)(黒)(黒)
クリーチャー — デーモン(Demon)
即席(あなたのアーティファクトが、この呪文を唱える助けとなる。あなたはあなたのアーティファクトをタップして、1個あたり(1)の支払いに代えてもよい。)
飛行
あなたの終了ステップの開始時に、各対戦相手はそれぞれカード1枚を捨てる。
(1)(黒),アーティファクト1つを生け贄に捧げる:クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-2/-2の修整を受ける。
5/5

 

Metalwork Colossus / 金属製の巨像 (11)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)
金属製の巨像を唱えるためのコストは(X)少なくなる。Xはあなたがコントロールするクリーチャーでないアーティファクトの点数で見たマナ・コストの合計に等しい。
アーティファクトを2つ生け贄に捧げる:あなたの墓地から金属製の巨像をあなたの手札に戻す。
10/10

 

ひとたび戦場に着地すれば、恒久的にアドバンテージに差をつけられる《艱苦の伝令/Herald of Anguish(AER)》と、絶大なパンチ力を持つ《金属製の巨像/Metalwork Colossus(KLD)》。どちらも戦場にアーティファクトを並べることでコスト軽減できるカードだが、その相性に着目した即席+巨像のハイブリッドデッキがこの「UB即席巨像」だ。MOにて5-0していた最新のリストを紹介しよう。

 

即席メカニズムや《金属製の巨像/Metalwork Colossus(KLD)》を使うからには、アーティファクトを戦場にばらまいていく必要がある。採用されているのは、まずマナ加速に使える《耕作者の荷馬車/Cultivator's Caravan(KLD)》と《面晶体の記録庫/Hedron Archive(BFZ)》。特に後者は《金属製の巨像/Metalwork Colossus(KLD)》巨像のコストを4軽減しつつ、自身が2マナを出せるため、実質コストを6マナ分軽減できるようなものだ。続いて《金属紡績工の組細工/Metalspinner's Puzzleknot(KLD)》と《予言のプリズム/Prophetic Prism(KLD)》は軽量かつハンド・アドバンテージを失わずに戦場に出せるため、フル投入されている。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

最後のアーティファクトは、《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》。少しでも時間を稼ぎたいこのデッキにとって、戦場に出た際の3点ダメージはありがたい。また、《金属製の巨像/Metalwork Colossus(KLD)》は回避能力を持っていないため、戦場に出せてもチャンプブロックによりダメージを通しにくいケースもある。《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship(KLD)》は、盤面によっては巨像を搭乗させて効率的にダメージを通す手段にもなる。

 

これらのアーティファクトを《鋳造所の検査官/Foundry Inspector(KLD)》の能力でコストを軽減しながらばら撒いて、早めのターンで《艱苦の伝令/Herald of Anguish(AER)》と《金属製の巨像/Metalwork Colossus(KLD)》を叩きつけて勝利する…というのが基本的な動きとなる。

 

これまでも「グリクシス即席」「ターボ巨像」などのデッキを取り上げたが、即席ギミックや《金属製の巨像/Metalwork Colossus(KLD)》に寄せると、《発火器具/Implement of Combustion(AER)》や《霊気装置の設計図/Servo Schematic(AER)》などが採用されがちだ。しかしこのデッキでは単体でのカードパワーが低いアーティファクトは極力採用しておらず、空いたスロットに詰め込まれているのは除去である。定番の軽量除去である《致命的な一押し/Fatal Push(AER)》はもちろん、全体除去である《バラルの巧技/Baral's Expertise(AER)》と《ヤヘンニの巧技/Yahenni's Expertise(AER)》が多めに採用されており、クリーチャーを横に並べるデッキを意識した構成になっている。

 

サイド後は《金属の叱責/Metallic Rebuke(AER)》や《払拭/Dispel(BFZ)》といったカウンターや、ピンポイントに脅威を抜ける《難題の予見者/Thought-Knot Seer(OGW)》など、ややコントロール対策に寄せたラインナップ。また、サイド後に除去を抜いた相手に対し、《テゼレットの手法/Tezzeret's Touch(AER)》を投入することで早いターンからアグレッシブに殴るプランを取ることも可能だ。

 

    参考

COMPETITIVE STANDARD CONSTRUCTED LEAGUE:5-0
UB即席巨像 by BU_KONN
http://magic.wizards.com/ja/node/1158506

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.