【レガシー】葬送波動機:波動機と葬送の影のシナジーを利用したコンボデッキ

投稿日:2017年4月26日 更新日:

 

デッキリスト

葬送波動機 by jinshin

Creatures (25)
Sandbar Merfolk
Cloud of Faeries
Bloated Toad
Viscera Dragger
Pendrell Drake
Sandbar Serpent
Skirge Familiar

Spells (22)
Shadow of the Grave
Songs of the Damned
Dark Ritual
Shred Memory
Damnable Pact
Fluctuator
Lands (13)
Swamp
Polluted Mire
Urborg, Tomb of Yawgmoth

Sideboard (15)
Vampire Hexmage
Thespian's Stage
Dark Depths
Urborg, Tomb of Yawgmoth

スポンサーリンク

スポンサーリンク

解説

 

 

アモンケットで「サイクリング」を持つカード達が帰ってきた。それも「葬送の影」というハンドアドバンテージを稼ぐ新たな武器を引っ提げてだ!サイクリングを持つカード、「葬送の影」、そしてウルザズサーガの「波動機」…これら3つのピースが組み合わさることで、レガシーにおいて高速コンボデッキが誕生した。紹介しよう、その名も「葬送波動機」だ!

 

このデッキのキーカードは、なんといっても「波動機」だろう。サイクリングコストを2マナ軽減するこのカードは、サイクリングコストが2マナ以下で抑えられたこのデッキにおいては、設置さえできればタダでサイクリングし放題になる魔法のカードだ。こうして高速で手札をルーティングしていき、時折「葬送の影」を使用して膨大な手札を獲得しつつ、またサイクリングを繰り返す。こうして手札や墓地を肥やしたら、「スカージの使い魔」や「亡者の歌」から大量の黒マナを獲得し、「禍々しい協定」を全力でぶつけてゲーム・エンドだ。

 

墓地を経由する都合上墓地対策に弱いのが弱点だが、「沼」→「暗黒の儀式」→「波動機」→サイクリング開始…と動けば1ターンキルも狙える「速さ」は大きな魅力だ。また、レガシーのデッキでありながら、高額カードがほとんど使われていないのもポイント。強さを追及しつつもコストが抑えられており、レガシー入門者でも組みやすいデッキだ。目の付け所が素晴らしい。

サイドボードには「暗黒の深部」を採用したコンボセットが採用されているが、むしろメインよりもサイドの方が高価という噂も…?

 

参考

TeamY's:葬送波動機
http://teamys.net/top/deckall.php/LEGACY/1/1334934/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, レガシー
-, , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.