【アモンケット】リミテッド対策:データで見るアモンケットリミテッド環境

投稿日:

 

アモンケットのシールド環境をデータから読み解く

 

アモンケット:プレリリースの初日が終了したが、良い結果が残せただろうか? 見事勝利を収めたプレイヤーも、残念ながら結果が振るわなかったプレイヤーも、まだチャンスは残っている。プレリリース2日目(4/23日…本日だ!)が残っているし、セットが発売して間もなくゴールデンウィークに突入するということもあって、発売後もシールドやドラフトなどのリミテッド・イベントが各種店舗で開催される予定だ。

 

まだイベントが残っており需要がありそうなので、今回はリミテッド向けの攻略メモとして、アモンケットのリミテッド環境を数字データから読み解いてみた。特に今回はリミテッドの中心となるクリーチャーにフォーカスしている。本来であればこの記事はアモンケット:プレリリースの前日までにアップしたかったのだが…残念ながら間に合わず。どうかご容赦願いたい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

アモンケットにおけるクリーチャーのマナ域

マナコスト 多色 無色
1マナ 2 1 3 3 1 0 0
2マナ 6 3 4 6 5 6 1
3マナ 8 5 8 4 8 4 0
4マナ 3 5 5 5 5 3 0
5マナ 4 2 2 3 1 2 0
6マナ 1 2 0 1 2 0 0
7マナ 1 1 0 0 1 0 0
8マナ 0 0 0 0 1 0 0
各色合計 25 19 22 22 24 15 1

※PC表示もしくはiOSでの閲覧を推奨

 

まず、各色のクリーチャー(コモン~神話レア)全てをマナコストで分けると、上の表のようになる。各色ごとの「濃いマナ域」「薄いマナ域」が見えてくると思う。クリーチャーのラインナップという意味合いだけで言えば、白が25枚と最も多く、青が19枚と最も少ない。

 

マナコスト 枚数 割合
1マナ 10 7.8%
2マナ 31 24.2%
3マナ 37 28.9%
4マナ 26 20.3%
5マナ 14 10.9%
6マナ 6 4.7%
7マナ 3 2.3%
8マナ 1 0.8%

 

 

さらに、マナコスト別にカードをまとめて集計すると…。
最も枚数の多いマナコストは3マナで、次いで2マナ、続いて4マナということが見えてくる。3マナ域は最も厚くなりやすいが、2マナを厚くし早めに寄せるか、4マナを厚くし後ろに寄せるか…。確率で言えば2マナと4マナは同程度の枚数が取れるはずなので、どちらのスピードに寄せていくかは重要なポイント。

 

 

アモンケットにおけるクリーチャーのパワー分布

パワー 多色 無色
パワー0 0 1 0 0 1 1 0
パワー1 3 4 5 4 1 1 0
パワー2 10 6 6 6 4 7 1
パワー3 11 2 3 3 7 3 0
パワー4 1 2 5 6 4 3 0
パワー5 0 3 2 2 3 0 0
パワー6 0 1 1 1 3 0 0
パワー7 0 0 0 0 1 0 0
各色合計 25 19 22 22 24 15 1

※PC表示もしくはiOSでの閲覧を推奨

 

パワー 枚数 割合
パワー0 3 2.3%
パワー1 18 14.1%
パワー2 40 31.3%
パワー3 29 22.7%
パワー4 21 16.4%
パワー5 10 7.8%
パワー6 6 4.7%
パワー7 1 0.8%

 

 

続いて、クリーチャーのパワーに着目し、先ほどと同じように色別に分けてみた。そして更に、全てのクリーチャーを各パワー毎にまとめて分布を出してみると、パワー2が33.1%と圧倒的に多く、次点でパワー3が22.7%を占める。上記のデータから、タフネスが4あればパワー3以下のクリーチャー…つまり全体の70.4%のクリーチャーのアタックを止められるということになる。

ちなみに、もう少し欲張ってタフネス5の場合は全体の86.8%のアタックを止めることができ、逆にタフネス3では47.7%まで低下してしまう。タフネスの重要なラインは「4」だと覚えておこう。

 

 

アモンケットにおけるクリーチャーのタフネス分布

タフネス 多色 無色
タフネス0 0 1 0 0 0 0 0
タフネス1 5 1 4 4 1 0 0
タフネス2 10 4 9 6 6 8 1
タフネス3 5 5 2 6 4 3 0
タフネス4 3 4 4 6 6 3 0
タフネス5 1 4 1 0 4 1 0
タフネス6 1 0 2 0 1 0 0
タフネス7 0 0 0 0 2 0 0
各色合計 25 19 22 22 24 15 1

※PC表示もしくはiOSでの閲覧を推奨

 

タフネス 枚数 割合
タフネス0 1 0.8%
タフネス1 15 11.7%
タフネス2 44 34.4%
タフネス3 25 19.5%
タフネス4 26 20.3%
タフネス5 11 8.6%
タフネス6 4 3.1%
タフネス7 2 1.6%

 

 

最後に、クリーチャーのタフネスに着目し、先ほどと同じように色別に分けてみた。更に、全てのクリーチャーをまとめて各タフネス毎に分布を出してみると、タフネス2が34.4%と圧倒的に多いことがわかる。次点のタフネス3とタフネス4はほぼ同じ割合で共に20%程度。

ラインを見極めるのが難しいが、パワーが3あればタフネス3以下のクリーチャー…つまり全体の66.4%のクリーチャーを突破(相打ち以上)できることになる。パワー2では46.9%まで下がり、パワー4まで得られれば86.7%まで突破できるクリーチャーの割合は増える。パワーの重要ラインは基本的に「3」で、もし「4」あればほとんどのクリーチャーを倒せることを覚えておこう。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキテク, 読み物
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.