アモンケット:コンボアイディア集 ~次期スタンにおけるコンボを探す~

更新日:

 

フルスポイラーから、デッキアイディアの種を探す

 

マジック公式サイトにて、アモンケットのフルスポイラーが公開されている。
アモンケット:カードイメージ・ギャラリー

発売前ゆえに次の環境はまだまだ読めない段階だが、次期スタンダード(戦乱のゼンディカー~アモンケット)をふまえ、アモンケットのカードを使用したコンボを探した。パンチの効いた組み合わせだけでなく、小さなシナジーを見つけてデッキ構築をはじめることも重要だ。今回まとめたコンボは10種類。デッキアイディアの種として、参考にしてほしい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

アモンケット:コンボアイディア(No.1~No.10)

No.1:「ハンウィアー守備隊」+「選定された行進」
トークン4体。「金属ミミック」があれば更に打点も倍増。マナカーブも綺麗。

 

No.2:「魂分離機」+「選定された行進」
1~2T:巨人を墓地に落とす、3T:魂分離機、4T:選定された行進、5T:魂分離機起動…とマナカーブに沿って展開可能。上記の例では「焼却の機械巨人」を分離機にかける材料にしているが、5T目にして6/6クリーチャーが2体、1/1飛行・先制攻撃持ちのスピリットが2体、そして大量ドローor大量ダメージを狙える。

 

No.3:「副陽の接近」+「ルクサの恵み」
マナ加速により1回目の「副陽の接近」が撃ちやすくなり、2回目のドローまでのターン数も短縮。「ルクサの恵み」は4ターン目に出してもマナ加速できるのは6ターン目とやや悠長なカードなので、マナクリーチャーなどを併用して早めのターンに着地させておきたい。

 

No.4:「葬送の影」+「集団的蛮行」
カード2枚で1枚ハンデス、クリーチャー1体に-2/-2修正、2点ドレイン。「葬送の影」はそのターン中に捨てたカードの枚数が多ければ多いほど効果的なので、黒赤でデッキを組み、「安堵の再会」などを併用しておくと更にアドバンテージが得られる。

 

No.5:「栄光半ばの修練者」+「縫い師の移植」
最速で3ターン目から、2ターンに一度という制約付きながら7/7絆魂持ちの修練者が走り始める。「栄光半ばの修練者」でなくとも、2ターンに一度しかアンタップできなくなる督励システムと「縫い師の移植」は相性がいい。更に「永遠の見守り」を並べれば…?

 

No.6:「錯覚の覆い」+「地獄の樹」
みんな大好き「地獄の樹」!…5ターン目に対戦相手のライフは2になる。

 

No.7:「ハゾレトの指名」+「カーリ・ゼヴの巧技」
伝統的なアクト+サクリファイス系コンボ。今環境はアクト系カードが多く、生け贄に捧げてしまえば破壊不能を持つ神すら対処できる点には注目。打点を上げてアタックした後は、「投げ飛ばし」などで更なるダメージを追加できると更に美味しい。

 

No.8:「ホネツツキ」+「ギラプールの希望」or「傲慢な新生子」
2T目に「ホネツツキ」を1マナで着地させるためのコンボ。X=0の「歩行バリスタ」や「果てしなきもの」を使えば1T目に着地させるのも可能だが、手札の消費が激しくリスクも大きい。2T目に能動的にクリーチャーを墓地に送ることができ、且つメリット能力が発生する相方を探したところ、この2枚が適任だった。余談になるが、着地後は「異界の進化」に繋げれば、僅か3ターン目にして6マナ域の強力クリーチャーをライブラリーから戦場に引っ張ってこれる。

 

No.9:「奇怪なドレイク」+「ドレイクの安息地」+その他複数
墓地にインスタントorソーサリーを貯めこむデッキが更に進化しそうだ。各種サイクリング付きのスペルを多く投入し、「ドレイクの安息地」単体で圧殺してもよいし、「奇怪なドレイク」「謎めいた海蛇」「潮からの蘇生」など豊富なフィニッシャーが用意されている。「謎めいた海蛇」は現代のタルモゴイフか…!?

 

No.10:「不屈の神ロナス」+白以外の神
5種類の神の中で、攻撃/ブロック制限の解除条件が緩い「不屈の神ロナス」。「熱烈の神ハゾレト」「栄光の神バントゥ」「周到の神ケフネト」は、パワー4以上のクリーチャーという条件を満たしつつ、破壊不能を持っているため一般的な除去にも強いため相性が良い。中でも「熱烈の神ハゾレト」はマナカーブに沿っており、2T目に「首絞め」、3T目に「不屈の神ロナス」、4T目に「熱烈の神ハゾレト」と動けば大ダメージを叩き出せる。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-デッキテク, 読み物
-, , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2017 AllRights Reserved.