【モダン】太陽の拳エムラクール【ローグデッキ:デッキアイディア】

投稿日:

 

デッキリスト

太陽の拳エムラクール by 地雷語りのガラク

Creatures (13)
Birds of Paradise
Sylvan Caryatid
Wurmcoil Engine
Emrakul, the Aeons Torn

Spells (26)
Manamorphose
Ancient Stirrings
Serum Visions
Time of Need
Fabricate
Utopia Sprawl
Fist of Suns
Lands (21)
Island
Swamp
Forest
City of Brass
Misty Rainforest
Polluted Delta
Gemstone Mine
Overgrown Tomb
Temple Garden
Breeding Pool

Sideboard (0)

解説

 

モダンという環境において「引き裂かれし永劫、エムラクール」をぶつけて勝利するためのカードは「御霊の復讐」「裂け目の突破」だけではない。この「太陽の拳エムラクール」は、デッキ名にもなっている「太陽の拳」を使用して、最高のクリーチャーであるエムラクールを「唱えて」勝利するデッキだ。数年前のレシピではあるが、デッキアイディアのひとつとして紹介する。

 

キーカードはもちろん「太陽の拳」。このカードは、唱える呪文のマナコストを「白青黒赤緑」の5マナに置換できるアーティファクトだ。勝ち手段としては単純明快で、この「太陽の拳」を設置した状態で「引き裂かれし永劫、エムラクール」を5マナで唱えて勝つ。特筆すべきは、マナコストを置換しているだけなのできちんと「唱えた」扱いになることだ。カウンターできず、追加ターンもきっちり得ることが可能だ。

 

①「太陽の拳」と「引き裂かれし永劫、エムラクール」を引き込む、②「白青黒赤緑」の5マナを捻出する…という2つの課題が立ちはだかるが、キーパーツを揃えるために「緊急時」「古きものの活性」「加工」といったカードを多く採用し、色マナ問題については「極楽鳥」「森の女人像」「楽園の拡散」を採用することでクリアしている。数年前に作成されたレシピ故に、まだ改良の余地がありそうだが、マナクリや「楽園の拡散」を経由することで最速3ターン目に「引き裂かれし永劫、エムラクール」を唱えられる爆発力は魅力だ。

 

参考

http://teamys.net/top/deckall.php/MODERN/1/813695/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-デッキ紹介, モダン
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.