【スタンダード】マルドゥミッドレンジ【Competitive Standard Constructed League 5-0】

投稿日:

 

デッキリスト

マルドゥミッドレンジ by MARUKAGEGAZ

Creatures (20)
Archangel Avacyn
Ayli, Eternal Pilgrim
Pia Nalaar
Scrapheap Scrounger
Thalia, Heretic Cathar
Walking Ballista
Yahenni, Undying Partisan

Spells (15)
Gideon, Ally of Zendikar
Sram's Expertise
Fatal Push
Shock
Unlicensed Disintegration
Lands (25)
Concealed Courtyard
Foreboding Ruins
Inspiring Vantage
Mountain
Needle Spires
Plains
Shambling Vent
Smoldering Marsh
Spire of Industry
Swamp
Westvale Abbey

Sideboard (15)
Shock
Anguished Unmaking
Authority of the Consuls
Fumigate
Oath of Liliana
Ob Nixilis Reignited
Painful Truths
Quarantine Field
Radiant Flames
Release the Gremlins
Sorin, Grim Nemesis

解説

 

最初にデッキリストを眺めたとき、土地構成だけを見て「あぁ、マルドゥ機体か」と思ったのも束の間。このデッキには中々お目にかからなかったカードが入っていることに気づいた。そして入念にリストをチェックしたところ、なんとあの機体が入っていない!…そう、このデッキは「マルドゥミッドレンジ」だ。

 

このデッキは、通常のマルドゥ機体のように1ターン目から時速200kmで展開していくのではなく、ややスピードを落とした構成だ。もちろん「屑鉄場のたかり屋」「ピア・ナラー」などお馴染みのカードは多くみられるものの、「スレイベンの検査官」や「模範的な造り手」などが抜け、全体的に(相手からすれば)いやらしいクリーチャーが多く残された形となっている。相手がより動きづらくなるよう、最低でも1:1交換が狙え、アタックも躊躇わせる「永代巡礼者、アイリ」なども新たに採用され、地上戦での攻防に一役買っている。

 

特筆すべきは、やはり一際目立つ「不死の援護者、ヤヘンニ」と「スラムの巧技」だろう。
「スラムの巧技」は単体でも攻防に役立つスペルだが、実はこの2枚はちょっとしたコンボになっていて、「スラムの巧技」の効果で「不死の援護者、ヤヘンニ」に繋げると、3回までの除去耐性を備えたヤヘンニが誕生する。返しのターンを生き延びることができれば、「致命的な一押し」「無許可の分解」「歩行バリスタ」などで相手のクリーチャーを除去しつつ成長させるチャンスが生まれ、見た目以上にしぶといクリーチャーだ。

 

参考

http://magic.wizards.com/ja/node/1131556

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通販サイトリンク


 

『Unstable』:2017年12月8日発売(英のみ)
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『イクサランの相克』:2018年1月19日発売
日本語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版   :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ロシア語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
ドイツ語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
フランス語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
韓国語版  :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
バンドル英 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

『マスターズ25th』:2018年3月16日発売
日本語版:Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋
英語版 :Amazon / 楽天 / あみあみ / 駿河屋


 

関連コンテンツ

-スタンダード, デッキ紹介
-, , , , , , , , ,

Copyright© 紙束MTG , 2018 AllRights Reserved.